• このエントリーをはてなブックマークに追加
大魔神のアンテナ マザーズ市場が独り勝ち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大魔神のアンテナ マザーズ市場が独り勝ち

2019-01-21 13:44



     NY市場の上昇に伴って、東京市場も1月7日から戻り相場を演じている。
     しかし、今週に入ると、マザーズ市場の戻りがよくなっている。

     3日前に25日移動平均線を突破、その後も日経平均の上げ足が止まってもマザーズ市場の動きは続いた。特にこの市場特有でもあるが、バイオ株の上昇は指数をけん引する力を持っている。

     その代表が「サンバイオ」である。
     一旦9800円を示現後、8000円台での調整が続いていたが、先週8日から一転大きく上昇、待望の1万円台に達した。
     それに比例するように、再度バイオ小型株が上昇に転じ、マザーズ市場全体が盛り上がりを示したようだ。先週末からは低迷していた低水準銘柄も順番に物色する動きにもなり、指数を押し上げた。「サンバイオ」効果だ。

     2016年の春のマザーズ市場、急上昇のけん引役は同じバイオ株の「そーせい」だったが、今回もこのような相場になるかは、同様に「サンバイオ」株の動向が大きなポイントになりそう。


     2016年当時は「バイオ、AI、ゲーム、インバウド、自動運転」がテーマになっていたが、今回は「バイオ・ゲーム」は共通しているが、新年号に伴って「婚活、システム変更」。外国人労働者受け入れの「人材派遣」「住居」「建設・農業」。ラクビーワールドカップ、東京オリンピックなどのイベントを控えて「施設運用・セキリュティー」など多彩なテーマもあるので、幅広い銘柄が物色されている。大いに面白い市場になっている。


     このマザーズ市場の動きは、今のNYダウとほぼ同じペースで上昇していることである。その意味で、NYダウに陰りがでれば、それに追随することも考えられること。
     しかし、NYダウ、マザーズ共に連日の堅調さで、ある程度の戻り達成感も出始めている。昨年の12月の戻り高値から安値に対する3分の2戻し近辺まで戻りを演じ、また、ストキャスティクスでも高値圏を示現しているなど、ちょっとテクニカル的に市場全般に過熱感も出始めていることも言える。


     そして、一番気になることは、マザーズ銘柄の「鬼門」は決算発表シーズンに入ることも気掛かり。その流れから見て、決算発表前に一仕事を。
     2016年も4月後半・5月の決算発表シーズンにマザーズ市場は総崩れになった。


     じっくりと上昇している間は良いが、高値警戒の水準こそ、市場が一番盛り上がる時でもあるので、心したいところ。


    (大魔神)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)



    ■「大魔神のトレーディング&2019年投資銘柄選択セミナー」開催!!


     この度、トレーディングのプロ、大魔神氏にお願いして、セミナーを開催してもらうことになりました。
     億の近道読者はファンダメンタルズ志向の方が多いと推察されますが、投資家の持つ武器は多い方が良いと考え、卓越したトレード技術と経験則に基づいた銘柄選別力を持つ氏へラブコールを送りました。

     億の近道月曜版の相川伸夫氏にもリアルトレードセミナーを体験してもらい、大魔神氏の実力に新鮮な驚きを感じたようです。
    (体験レポート ⇒ http://okuchika.net/?eid=8156 )

    ■日時:平成19年2月2日(土) 13:30~16:30

    ■場所:東京都
       (詳細はお申し込み終了後ご案内いたします)

    ■受講料:7,000円(税込)


     

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。