• このエントリーをはてなブックマークに追加
石川臨太郎氏を応援したい! 第6号配信中
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

石川臨太郎氏を応援したい! 第6号配信中

2019-04-24 01:40
    1137472651-89149.jpg


     みなさま。村田と申します。こんにちは。

     今回は、私の「思いつき」をご提案させていただきたく、「億の近道」にお邪魔させていただきました。少しだけ、私の文章にお付き合いください。
     お願いいたします。


     ご存じのように、石川臨太郎さんは、現在、末期がんを患い闘病しております。私もみなさまと同じように石川さんの大ファンです。そして、みなさまと同じように、石川さんの回復を祈っております。


     私が石川さんと初めて会ったのは2003年。
     渋谷の貸会議室が入っているビルの1階でした。
     この日は、(石川さんが敬愛する)山本潤さんによる個人投資家を対象とした勉強会がありました。石川さんも私も勉強会の参加者でした。

     私は勉強会の開始間際に会場のビルに到着したのですが、1階のエレベータホールには、おじさん数名がエレベータを待っていました。全員が、グレーや茶色のジャンバー、着古したジーパンなどを着込み、「個人投資家」のオーラを全身から出していたことをよく覚えています(笑)。

     1階にやってきたエレベータは小さく、5人くらいで満員。おじさん達に囲まれながらエレベータに乗りこみました。
     勉強会の開始が間近ということもあり、エレベータに一緒に乗ったおじさん数名はイライラしている様子。こういうときに限って、エレベータは満員なのに、途中階でエレベータが止まって、エレベータに乗ろうとする方が登場(苦笑)。エレベータの扉が閉まった後、舌打ちをするおじさんもいました(個人投資家ってこわい。。。)

     そして(ようやく)会場のある階にエレベータが到着。イライラしていたおじさんは、エレベータの扉があくと、ダッシュで会場に向かいます。すごい。競馬のレースみたい。


     そんななか、エレベータの「開」のボタンを押して、「どうぞ」と、やさしい声で私を先に下ろそうとするおじさんが一人いました。
     殺伐とした空気が一変し、個人投資家の中にも上品な人がいるのだな、と思ったことを覚えています。

     その優しい上品なおじさんが石川さんでした。


     その後、石川さんは、私に大変親切にしてくれました。
     特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラム主催で、私が講師を務めた「個人投資家のための景気観養成セミナー」では、石川さんは大変熱心に私の話を聞いてくださり、セミナーの後に「すごくよかったですよ!」などなど親切な言葉をたくさんくださいました。

     私がパンローリング社から「景気予測から始める株式投資入門」を出版したときにも、すぐに本を買っていただき、「これは画期的な本ですね!」と褒め、「これで夢の印税生活ですね!!」と言ってくれました(苦笑)。
     そして石川さんは、「僕も村田さんみたいに出版したいなぁ。僕も印税生活がしたいなぁ」とおっしゃっていたのが印象的でした。みなさまもご存じのとおり、その後、石川さんは、たくさんの本を出版され、私を簡単に抜き去っていきました。

     その後、石川さんは、長らく勤められた会社を辞め、専業投資家としてのキャリアをスタートさせました。石川さんが東京を離れてしまったため、これまでのようにお目にかかれることはなくなりましたが、石川さんの有料メルマガを通じ、石川さんのご活躍ぶりを感じておりました。


     石川さんと初めてお会いしてから15年が経ち、人づてに石川さんの病気のことを知りました。すぐにでもお見舞いに馳せ参じたかったのですが、病気がそれを許してくれません。私が石川さんにできることは何か?と自問しました。

     そんな自問の中で「思いついた」のが、石川さんのこれまでの功績をみなさまと共有し、石川さんの回復を祈ることでした。そして、その中で私ができることは、石川さんの功績の一つである有料メルマガ「生涯パートナー銘柄の研究」の内容を整理・分析だと思いました。


     「生涯パートナー銘柄の研究」は、これまで10年も続いたロングセラーで、石川さんの思いが散りばめられた至宝といえるものです。この至宝を整理・分析することは、量が多いだけに、それなりに労力を必要とするものですが、石川臨太郎さんの投資哲学を理解・習得する上で、お役にたてるのではないかと考えたのです。

     この「思いつき」を実現すべく、NPO法人イノベーターズ・フォーラムなど関係各位と相談したところ、誰もが賛同してくれました。そして、このたび次のような企画を始めさせていただくことになりました。


    ***************************

     病気に負けるな石川臨太郎! 石川臨太郎応援企画

     「生涯パートナー銘柄の研究」の研究


    ***************************


     この応援企画(「生涯パートナー銘柄の研究」の研究)は、有料形式で3カ月間(計12回)のメルマガとしてご提供いたします。そして、応援企画で生まれた売り上げは、(必要最小限の必要経費を除いた後に)全額、石川さんのお見舞いに利用させていただきます。


     私の「思いつき」の趣旨をご理解いただき、ご賛同いただけるようでしたら、ぜひお付き合いのほどお願い申し上げます。

     長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。


     村田雅志(むらた・まさし)


    ---------------------------


    【事務局より】


    ■石川臨太郎氏応援企画  あの村田雅志氏が立ち上がった!!


    ●石川臨太郎氏応援のために



     石川臨太郎氏が末期がんで闘病中なのは既報の通りですが、
     その状況を知り、この度、村田雅志氏が立ち上がりました。

     村田氏はNPO法人イノベーターズ・フォーラムで初めて行った投資セミナー「個人投資家のための景気観養成セミナー」の講師をしていただき、その後も長らく億の近道へ寄稿されています。 
     今回、闘病中の石川臨太郎氏を応援する企画として、過去10年配信されていた有料メルマガ「石川臨太郎の生涯パートナー銘柄の研究」の研究を無償で買って出てくれました。


    ●3ヶ月限定で研究メルマガ配信


     今回、以下の通り購読者を募集します。
     この売上は、経費を除き石川臨太郎氏への闘病の応援に活用致します。



    【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】


     2008年12月より10年間配信されていた有料メルマガ509回分全てを分析し、研究いたします。

     石川臨太郎有料メルマガは、毎週1回配信され、毎回1銘柄を深掘り調査分析する「研究銘柄」と、投資に役立つテクニックや精神論、気になる銘柄をチェックする「コラム」の主に2つの内容で構成されています。

     今回の有料配信では、それらに掲載された銘柄情報を中心に、傾向分析や現在の評価などを加味して解説します。


     石川臨太郎氏が常日頃言っていた、

    「私には特別なことは何もない凡人だ。誰でもできることをやっているだけだ。そして”自分にもできそうだ”と思ってもらい、私のやってきたことを皆さんに身につけてもらえれば望外の幸せだ。」

    と言うことを推進するため、石川臨太郎氏の投資法を、皆さんに分かりやすいように解説していきます。

     ぜひご購読下さい。





    ●第6号(4/23配信)より

     後ほど、「2)選んだ理由の箇条書き」を整理するとわかることですが、研究銘柄を選び出す理由の多くは、いくつかの基準に基づいて優良とされるものを選び出す方法(いわゆるスクリーニング)です。このため、研究銘柄を選び出すためのルール(のようなもの)がわかってしまえば、石川さんでなくても誰もが研究銘柄を選び出すことができますし…
    (中略)
     箇条書きは、銘柄にもよりますが、少なくとも3つの理由が示され、多いと理由が9つくらいまで増えます。ただ、メルマガを確認すると、記載されている理由は、概ね次のように整理することができます。
    (後略)



    第1号(3/19配信)目次
     ■有料メルマガで取り上げられた企業数
     ■メルマガで一番取り上げられた企業は?
     ■3回以上取り上げられた企業をすべて紹介

    第2号(3/26配信)目次
     ■石川さんは化学好き?~研究銘柄を業種別にみる
     ■石川さんは意外と大企業嗜好?~研究銘柄を市場別にみる
     ■石川さんは中型が好き?~研究銘柄を時価総額別にみる

    第3号(4/2配信)目次
     ■生涯パートナーの絶対条件!~研究銘柄を自己資本比率で整理する
     ■赤字企業は嫌い!~研究銘柄をROEで整理する

    第4号(4/9配信)目次
     ■低利益率でも大丈夫?~研究銘柄を営業利益率で整理する
     ■上場廃止銘柄を確認する

    第5号目次
     ■まずは確認~メルマガの構成
     ■研究銘柄の語り方
     ■創業時期などの沿革、事業の紹介
     ■株価や業績の変化

    第6号目次
     ■研究銘柄の語り方
     ■「研究銘柄に選んだ理由」の構成
     ■常に現状をチェック~研究銘柄として選んだ銘柄の最近の動向
     ■株価下落リスクを可能な限り避ける試み~選んだ理由の箇条書き




    ●村田雅志氏のプロフィール

    CFA
    東京工業大学工学修士
    コロンビア大学MIA
    政策研究大学院大学博士課程単位取得退学
    専修大学大学院経済学研究科客員教授(2009年~2013年)

    Twitterアカウント:@MurataMasashi (http://twitter.com/muratamasashi)
    Facebookアカウント:tamasashimura (http://facebook.com/tamasashimura)
    公式ブログ:https://tamasashimura.blogspot.com/

    三和総合研究所(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて日本経済の分析業務を担当後、ヘッジファンドを運営するGCIグループに移籍。
    GCIグループでは日本株ロング・ショートファンド、アジア地域対象のファンド・オブ・ファンズの運用を担当した。

    2010年に米国で最古かつ最大手のプライベート・バンクであるブラウン・ブラザーズ・ハリマンに移籍。通貨ストラテジストとして、新興国通貨やドル、ユーロなど主要通貨に関する調査・分析結果をグローバル市場で運用する機関投資家に提供していたが、2018年5月に退職。


    ●申込要項

     これは3ヶ月限定の企画です。
     
    購読料:全12回(3ヶ月) 9,720円(税込)
    配信日:3月19日~6月4日の12回 毎週火曜日
        

     なお、いつから購読開始しても、第1号から全ての内容をご覧いただけます。

     ご購読開始日以前の既配信分は、入金後にまとめて配信させていただきます。
     例)4月24日ご入金の場合、3月19日~4月23日の既配信分をお送り致します。

    ※携帯電話会社のメールアドレス利用で不着の事例が発生しておりますので、
     メルマガ受信用には利用しないよう推奨します。


     お申込はこちら ⇒ https://goo.gl/xwdPn4

    magabuy01.gif
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。