• このエントリーをはてなブックマークに追加
雨季のバンコクと裁定取引(アービトラージ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雨季のバンコクと裁定取引(アービトラージ)

2019-07-08 16:08



     こんにちは、マネーライフプランニングの小屋です。

     6月の下旬に5日間ほど、バンコクに行ってきました。

     主に、日本でECサイトを運営されている企業の社長さんたちとバンコクでの商品仕入れの勉強会に参加させていただきました。

     主催者は、オレコン(https://orecon.co.jp/)の山本社長です。


     日本のEC運営者の皆さんは、バンコクでは主に
     ・シルバーアクセサリ
     ・女性向けアパレル
     ・革小物
     ・革製品
     ・スポーツアパレル
    などの卸売市場を物色してきました。

     日本のBEAMSやユナイテッドアローズなどのセレクトショップも同じようにバンコクの卸売市場で商品を仕入れていたりするようです。


     話を聞いていると、日本で人気のある商品をしっかりと選ぶことができればバンコクでは日本の小売価格の約50%の値段で仕入れることができるようです。

     皆さんが、熱心に仕入れるものを探して、そして仕入れたものをいかに一生懸命販売しているかという熱意を拝見して

    「安く仕入れて、高く売る」

    という商売の基本を再度学ばせてもらったような気がしました。


     こうした国をまたいだ価格差を埋めるトレードを裁定取引といいますが、金融業界では、こうした価格差はすぐに埋められて裁定取引のチャンスは消えてしまいます。

     しかし、実際にこれが物体を伴った「モノ」になるとそんなに簡単にはいかない(品質管理、検品、輸出入、人の管理など人的な問題)などがあり、チャンスの窓も簡単には閉まらないものだという事も改めて学ぶことができました。


     株式の世界でも

    「安く仕入れて高く売る」

    「仕入れたものを一生懸命に売る」

    ということはとても大事なことだと思いますので、その意味で、バンコクでの5日間は、商売の基本に立ち戻る大変良い機会をもらった時間でした。


     また、EC運営会社の社長さんの間で流行っていたカードゲームがありました。

     ナショナルエコノミー
     https://bodoge.hoobby.net/games/national-economy/instructions/5737
    というゲームです。

     話を聞いていると、ゲームをプレイするとそのプレイヤーの経営スタイルが素直に表れるみたいで、盛り上がるようです。

     私も早速購入しましたので、周囲の経営者仲間や投資家仲間とぜひ一緒にプレイしてみたいものです。

     その時には、またプレイ記など報告しておきます。


    株式会社マネーライフプランニング
    代表取締役 小屋 洋一


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
    是非ワンクリックをお願いいたします!
    http://clap.mag2.com/presouthia
    クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


    無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

    http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


    具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
    ↓(7月はあと先着2名様のみ受付可能です)
    http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html

    banner02s.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。