• このエントリーをはてなブックマークに追加
顧客とのリバランスのミーティングで気づいたパフォーマンスを上げる3つのこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

顧客とのリバランスのミーティングで気づいたパフォーマンスを上げる3つのこと

2020-04-17 17:42



     ちょうど今週からクライアントの皆さんと、このマーケット下でどのように
     行動すべきかという事を含めてミーティングを重ねています。

     リモートワークの声がけもあってか、ほとんどのクライアントさんとオンラ
    インでミーティングを行うようになりました。


     ちなみにツールとしては、

    Zoom(Zoom Video Communications)



    マイクロソフトのTeams

    を利用しています。

    (Zoom社は株価を見てみると1月からは倍になってます)


     そのミーティングを重ねる中で、中長期で資産運用を行いパフォーマンスを
    上げるのに必要だとアドバイザーとして実感していることを3つお伝えします。


    1.日常のキャッシュフローが黒字の世帯は強い

     現役世代にこのパターンが多いのですが、恒常的にキャッシュフローが黒字
     の家計はこういうときにもやはり強いです。

     運用資産そのものを取り崩さなくても済むという事に加えて、このタイミン
     グで預貯金に溜まっている現金をしっかりと下がった株式に追加投資するこ
     とが可能です。

     恒常的に家計を黒字で回している世帯は、やはり長期的なパフォーマンスを
     上げやすい状態であると言えます。


    2.債券分散も有効

     弊社のクライアントには外国債券にも分散投資していただく事が多いのです
     が今回の市場変化で感じたことは、円高の影響がなければ、きちんと債券へ
     の分散は有効だということでした。

     2月以降株式の市場は大きく下げましたが、一方で顧客の債券ポジションは
     このマーケットの中金利低下(金融緩和)にともない、大幅なプラスになっ
     ています。

     ですから、リバランスを検討する際にこうした債券ポジションがしっかりと
     あるということが今回は有効に機能しています。

     一方で、ハイイールド債などハイリスクな債券では、株式同様にリスクオフ
     の流れの中で価格を下げてますので、やはり株式投資と優良な債券投資の組
     み合わせが効果的だと感じています。


    3.ヘッジファンド投資も有効

     ヘッジファンドと言うと、何やらイメージ的に良くわからないという方も多
     いと思いますが、本来はヘッジファンドの「ヘッジ」とは当然リスクヘッジ
     の「ヘッジ」です。

     株式や債券とは相関関係の低い運用手法を取るという意味で、ポートフォリ
     オ全体のリスクを下げる効果があります。

     弊社でも一部の顧客はこうしたヘッジファンドに投資をしたりしています。

     当然リスクヘッジなのでポートフォリオのごく一部になりますが、ポートフ
     ォリオ全体のリスク低減にはしっかりと効果を果たしています。

     その意味では、オルタナティブ資産として、やはり株式との相関関係の低さ
     は重要で、債券と似たような意味で、ヘッジファンドの有効性も感じていま
     す。



     中長期で、金融資産全体のパフォーマンスをしっかりと上げていきたいと考
    える方は今回の株式相場下落時に感じたような上記の3点を意識して取り組む
    と良いのではないかと思います。


    株式会社マネーライフプランニング
    代表取締役 小屋 洋一


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
    ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
    の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

    https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html


    ■小屋洋一の資産運用メール講座■
     資産運用についてメール講座で学びませんか?
     これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
     資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

    詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/



    ■【告知】メルマガ読者のみなさまへ■


    小屋です。

     先日個人事業主やビジネスオーナーをイメージして下記のようなオンライン
    コンテンツを作成しました。

     今回は、動画で学ぶと同時に、弊社のコンサルティングもセットで
    55,000円で提供しています。

     これは、弊社の普段のメニューと同じ値段で大変お得な商品になっておりま
    す。

     もしも、自営業者やビジネスオーナーで資産運用をご検討の方がいらっしゃ
    ればこのコンテンツをお求めいただければと思います。


    ●ビジネスオーナーのための『お金の強化書』

    https://tlp.edulio.com/coovii/cart/detail/2041

     税理士が教えてくれない個人・法人両面からの資産運用プラン
     金融商品の販売を行わないからこその中立的なアドバイス
     節税から運用まで、みなさんの疑問にお応えします!

    【ビジネスオーナーのためのお金の強化書で得られること】
     1.屈指の独立系FPから個別アドバイスを得られる!
     2.法人・個人を活用した節税方法がわかる!
     3.時間をかけずに資産運用のポートフォリオを構築できる!


     当コンテンツでは、屈指の独立系FP小屋洋一からの個別アドバイスだけで
    なく、9.5時間のeラーニング教材が付属していることで、事前に、または
    わからない点を後から学習することができます。

     適切な節税方法から、世界の富裕層が実践している資産運用方法まで、ノウ
    ハウを全公開しています。

     ご自身の数字、考え方を棚卸し、未来に向けた戦略を構築するチャンスです。
    法人、個人の主体を活用しながら、個人だけでなく家庭についても考えていた
    だきながら、ライフプランをマネープランに落とし込んでいく作業です。
     会社と同様、一度立ち止まり、戦略戦術を一緒に設計していきませんか?


    【小屋洋一プロフィール】

     株式会社マネーライフプランニング代表。
     慶應義塾大学経済学部でファイナンスを学び、
     卒業後リース会社に就職。

     2004年から不動産ベンチャー企業にて営業、企画を担当しながら不動産
    投資実務についても研究。

     2008年個人のファイナンシャルリテラシーの向上をミッションとした
    株式会社マネーライフプランニングを設立。

     現在は個人資産家層を中心にコンサルティング業務を行う。
     投資勉強会やFP向け教育の講師など、活動の範囲は幅広い。

    『35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい』をはじめ著書も多く、
    テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、
    NHK「NEWS WEB」などテレビにも多数出演。

     CFPR(公認ファイナンシャルプランナー)、
     一級ファイナンシャル・プランニング技能士、
     首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会理事。


    【こんな方にお勧めします!】

    ・ビジネスオーナー(持ち株比率70%以上など)の方
    ・年収2000万円以上稼いでいるスペシャリストの方
    ・具体的な節税方法について知りたい方
    ・ご自身の法人の出口戦略を考えたい方
    ・効果の高い保険商品を知りたい方
    ・どのように運用をすべきか知りたい方
    ・税理士など専門家の活用方法を知りたい方


    【講座概要】

     講義時間数:9.5時間。
     節税方法から資産運用まで、考え方・ノウハウを大公開!

     個別面談:リアルまたはオンラインで3回実施
    (リアル面談は東京都中央区銀座の講師オフィスとなります)

     面談内容:
     【1回目】ヒアリング
     【2回目】分析結果提示
     【3回目】対応策の提示

     面談時間:各1時間~2時間を予定しております。

     アドバイザー:小屋洋一、または(株)マネーライフプランニング所属の
     ファイナンシャルプランナーになります。
     なお、全個別アドバイスの内容は小屋洋一が監修いたします。

     面談時期:別途調整いたしますが、コンテンツ視聴前、視聴後問わず活用
     いただけます。


    株式会社マネーライフプランニング
    小屋 洋一

    banner02s.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。