• このエントリーをはてなブックマークに追加
投資家Sの今週の注目銘柄 ジローグループ ヤマハ発動機
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

投資家Sの今週の注目銘柄 ジローグループ ヤマハ発動機

2021-04-09 15:25



     皆様こんにちは、投資家Sでございます。
     2021年1月から億の近道 火曜版に「投資家Sの今週の注目銘柄」を掲載頂いております。
     本連載は、創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報 α”(月曜版)に掲載しております。

     先日ニトリホールディングスの決算説明会に足を運んだのですが、ニトリは家具や家庭用品だけでは飽き足らず、ついにファミレス事業にも進出を果たしました。現在は東京都足立区にある一店舗のみですが、お得意のチェーンストアー理論を用いて、店舗数を拡大させていく模様です。
     私も調査のためにさっそく足を運んだのですが、個人的には「お、ねだん以上!」というほどのお得感は無かったかなと思いました。同社は、顧客の胃袋を掴む事によって、IKEA方式(ホットドック美味しいですよね)での集客を目指しているのかと思われます。今後の店舗展開に注目です。
     なお、同店のオススメは、メインのチキンステーキです。チキングラタンは微妙でした。機会がありましたら、足を運んでみて下さい。

    【ニトリダイニング みんなのグリル】
     https://www.nitori-dining.jp/


     今回は、2021年3月下旬までに掲載を行った、2銘柄についてご紹介させて頂きます。


    ■ジローグループ【ティッカーコード Z 】


     今回は米国の成長株をご紹介。不動産オンライン・マーケットプレイスの運営を行うジローグループ【Zillow Group:ティッカーコード Z】は2005年設立、2011年に米ナスダック市場に上場。

     筆者は年明け以降、日本の”不動産テック”銘柄を調査対象としており、SREHD【2980】や日本情報クリエイト【4054】の調査。両社を調べて分かった点は、不動産テックの本場は米国であり、その中でもジローグル
    ープの存在が抜きん出ている事だ。
     ジローは、独自のテクノロジーを駆使した不動産プラットフォームを全米で展開しており、「Zillow.com」に掲載されている売り物件や賃貸物件の情報提供に加えて、「Zillow Offers」での直接住宅販売も行っており、手間を省いた住宅探しを提案している。
     「Zillow Offers」は、iBuyerとよばれる、仲介業者や代理店を通さずに売り手から直接買い取りを行っており、同社の特許技術である「Zestimate(ゼスティメイト)」と呼ばれる独自の自動評価技術を用いて、リアルタイムでの見積もりを実現している。

     不動産は金融取引とは異なり、典型的なリアルビジネスだが、コロナ禍で顧客の購買方法は大きく変容。これは米国だけでなく日本でも同じ傾向を示しており、今後不動産分野へのテクノロジーの導入は、加速度的に進んで行く事が予想される。
     同社の業績はコロナ禍でも順調に拡大。2020年12月期の売上高は前年比21.8%増の33.4億ドル(約3,600億円)となっており、上場以来10期連続の増収となっている。
     今期のアナリストコンセンサスは、売上高が55.7億ドル(約6,000億円)。経済正常化が順調に進んでいるアメリカでは、不動産取引が回復して行く事が予想される。

     一方で直近の株価は冴えない。
     2月16日に上場来高値(208ドル)を記録後は下落基調となっており、3月上旬には、122ドルまで下落。3か月ぶりの安値を記録している。
     下落の理由は、同社の業績に問題がある訳では無く、直近の米国の金利上昇によるリスクフリーレートの上昇が嫌気されたため。金利情報は、ジローのような“スーパーグロース株”の上値を重たくする要因となっている。

     目先は、米債金利の上昇が何処で止まるのかがポイント。FRBには追加緩和というカードは残されているが、株価が市場最高値近辺で推移している現在の株式市場の状況を鑑みれば、追加緩和を行う“大義名分”が無いのも事実であり、当面は金利上昇が続く可能性が高い。金利上昇を嫌気して同社株の下落が続くようであれば、仕込み時となる可能性が高い。

     そのため、人口増加が続く北米市場を主戦場としているジローグループは、2020年代を代表するアメリカの成長株になるーと筆者は考えている。

    (投資日報金融版 2021年3月22日号 掲載)



    ■ヤマハ発動機【7272】


     今回は東証1部上場の時価総額ランキングで200位以内に入る大型株をご紹介。ホンダ【7267】と並ぶ2輪車の2大ブランドとなるヤマハ発動機【7272】は1961年上場、今年で上場60年を迎える。

     同社の主力事業は2輪車を中心とした小型モビリティ事業。ここ3年の事業別の利益額を見ると、稼ぎ頭は2輪車事業では無く、マリン事業と呼ばれる船舶向けの船外機事業で、同事業が全体の約50%の利益を占めている。

     新型コロナウィルス拡大で生活様式が一変した2020年、レジャーにおいてもその様相は大きく変わり、密室や屋内から解放・屋外が前提に、同社が手掛けるマリンレジャー関連の需要が、昨年の下期以降欧米を中心に急激に伸びている。
     同社の決算説明資料によると、「需要の急回復に供給が追い付かず、減収・減益」と書かれており、2021年はフル稼働で販売数量が増加する見通しとなっている。
     ヤマハは日本を代表するグローバル企業で、二輪車事業の出荷台数は成長著しいアジアが70%以上を占めており、前述のマリン事業は、約70%の売上が北米。日本の人口減少による二輪車需要の減少はほとんど影響は無いと言える。
     二輪車セグメントは、昨今の温室効果ガス削減の影響で厳しい事業環境にあると思われがちだが、二輪車のCO2排出量は、世界の排出量のわずか0.05%にしか過ぎず、CO2の排出量が少ないクリーンな移動手段であるとも言える。
     実際に都市部の移動手段として考えた場合には、1人あたりの1kmの移動における排出量は3分の1であり、温暖化防止の観点から見直されても良い製品であると言える。
     ヤマハは電動自転車向けのドライブユニットも製作・販売しており、昨今の自転車需要拡大の恩恵も受けている。

     株価については、昨年10月末からの5カ月間で1,200円以上の上昇となっているが、株価指標はPER13.1倍、配当利回りは3.3%となっており、まだ割高感のある水準では無い。
     今期想定為替レートは、ドル円=103円、ユーロ円126円を前提としており、足元は円安方向に動いている事を鑑みれば、円安メリットが100億円程度あり、期初計画からの上方修正が行われる可能性もある。
     株式需給も良好であり、足元の信用取引の残高は売り残が買い残を上回っており、逆日歩も発生しており空売りの買い戻しも期待出来る。さらに、同社は特定株比率が50%を切っており、東証の市場再編を受けた特定株比率の引き下げに伴う売却も無さそうな状況である。

     ヤマハの事業は、2輪車とマリンの2つの輪が牽引していたが、今後はロボティクス事業という3つ目の輪が加わる事になる。2輪から3輪に変われば、当社事業の安定性は飛躍的に向上し、株価も上昇基調を描くに事になるだろう。

    (投資日報金融版 2021年3月29日号 掲載)


    (投資家S)


    ―――

    ■有料メルマガ「櫻田学の100バガーを探せ!」

     今回、縁あって投資日報社の櫻田氏執筆のレポート「100バガーを探せ!」を配信することとなりました。
     綿密な取材と企業分析力で長期成長株を見出していく取り組みです。
     [ポイント][銘柄詳細][考察][株価・バリュエーション]などわかりやすく整理されており、さらに会社公表の資料なども駆使し、理解を深めるには最適なコンテンツとなっております。
     原則的に週1銘柄配信となりますので、多くの銘柄を比較検討することで投資成果向上のツールとして活用できます。

     お申込みから当初3週間は無料で購読できます。
     ぜひお試しください。

     ▼毎週月曜日配信(休日の場合は翌営業日)
     ▼購読料 8,800円+税(9,680円税込)/月
     ▼お支払いはpaypal(ペイパル)によるクレジットカード決済のみです。
      (毎月自動引き落とし)

     お申込みはこちら ⇒ http://bit.ly/search100bagger

     ▼配信内容
      執筆者の櫻田氏より
     「【100バガー】を探せ 執筆者の”櫻田 学”です。
      株式市場では、株価が10倍まで跳ね上がる銘柄を【テンバガー】と呼び、
      大化け株の代表として注目されますが、本レポートは、その上を行く
      ”100バガーを探せ!”とのタイトルで、長期成長が期待出来る厳選個
      別株を中心とした情報をご提供しております。
      [株式投資は決して難しく無い=むしろ優しい]という事を、本レポート
      の読者に時間を掛けて毎週お伝え致します。」

      1)テンバガーを超える可能性もある、100バガー候補銘柄を原則月1回配信
      2)3年以内に2倍が狙える、100%バガー(2倍)候補銘柄を月1回程度配信
      3)月1回、過去に配信した銘柄のフォローレポートを配信(3銘柄程度)
      4)株主総会・決算説明会・IR担当者への取材など、筆者が足で稼いだ独自の情報をレポート内で限定公開
      5)毎週のレポートを解説した【動画】を購読者に限定公開

     ▼櫻田 学氏プロフィール
      トレース合同会社 社長
      株式会社投資日報社 専務取締役
      大学卒業後、2004年から証券会社にてFXの仕事に従事。
      以後、14年間に渡り、営業・企画・トレーディングの最前線で活躍。
      リーマン・ショック・ユーロ危機・Brexit等々の並居る大相場の中、
      裏方として市場の最前線で指揮を取り、FXの表も裏も知り尽くす。
      2018年秋、11年間勤めたマネックス証券を退社して、
      暗号資産(仮想通貨)の交換業者となる、株式会社ディーカレットの立ち
      上げメンバーに加わる。
      2020年5月に、相場道を究める為に同社を退職。
      個人投資家として株式投資を行いながら、投資に掛ける時間が限られる兼
      業投資家の方に有益な情報を届ける為、株式について日夜分析を行ってい
      る。
      日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA)
      相場に対するモットーは、「利食いたくなったら乗せろ」

     お申込みはこちら ⇒ http://bit.ly/search100bagger

     ▼注意事項
     ・配信はPDFファイルで行いますので、AdobeのAcrobatをご用意ください。
     ・最初に無料購読期間がありますので、お申込み時に0円支払いとなります
      が間違いではありません。
     ・この有料メルマガは情報提供を目的としており、特定の金融商品や銘柄の
      推奨をするものではありません。投資は自己責任でお願いいたします。


    ●100バガーを探せのサンプルレポートを無料で公開しております。
     ミンカブ・ジ・インフォノイド【4436】をnoteにて掲載中。
     https://note.com/toushinippou/n/n0460eae5ec2f
     初回レポート2020年10月掲載分、フォローアップレポート2021年
     2月15日掲載分を編集した、特別版となります。


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。