• このエントリーをはてなブックマークに追加
サイバーセキュリティの脅威に備える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サイバーセキュリティの脅威に備える

2016-02-10 12:05
    昨日のNHKスペシャルではサイバーセキュリティが取り上げられていましたが、皆さんはご覧になりましたでしょうか。

     番組内では米中間のインターネット上のサイバー攻撃は水面下で活発に繰り広げられており、ことは国防問題にまで至っているという現実が紹介されていました。


     日本においてもそうしたサイバー攻撃でモノづくり日本の重要機密情報が盗まれているという話はまさに脅威です。物作りだけではなく、医療分野や年金機構 の情報漏えいでも話題となった情報セキュリティが脅威にさらされているということで巧妙なアタッカーのやり方をどうやって防ぐのかというのが関係者の関心 の的になっているという話です。

     そこでセキュリティのレベルを上げないとならない・・。ということになるのですがそうなると今まで以上にコストが上がってしまう。担当者の悩みは尽きない訳です。


     こうした時代の中で私の知人が開発した電子宅配便の仕組みはこれまでとは全く異なるメールの世界を構築することになった画期的なものです。しかも安価です。

     ありそうでなかったこの仕組みは「eクーリエ」というブランドで今後話題を呼ぶに違いありません。1対1のやり取りですので標的型のメール攻撃への対応 ができ、添付ファイルも含めて送られる情報は割符でバラバラにされてサーバーに送られ、指紋認証などの相手を特定した方策で送られます。

     しかも送信者はどこまで送られていて送信する相手が間違いなく書類を受け取ったかがわかる仕組みで、間違いで送った場合は送り手の方で消せるというこれまでにないやり方なものですからマイナンバー対応など士業の先生には評判が良いようです。


     昨日のNHKスペシャルで話題になったメールへのサイバー攻撃に対応する日本発の最適ソリューション「電子宅配便」が日本全国の重要書類をやり取りする企業や公的機関で使われるようになるとセキュリティのレベルが向上するに違いありません。
     どうでも良いメールと重要メール。その使い分けによって日本の情報メールに安全性が備わるとともに世界に向けた方策がアピールできるので、その知人も大忙しになる日も近いと思われます。


     参考までにサイトを掲げておきますので、ご興味ある方がお見えであればサイト内の問い合わせアドレスまでご連絡を賜りましたら幸いです。
    (目下、販売代理店も募集中です。)

    ソットヴォ-チェ http://www.sotto-voce.co.jp/
    GCT研究所 http://gcti.co.jp/




     インターネット上の情報セキュリテイ事業はFFRI(3692・時価総額505億円)やラック(3857・時価総額300億円)が既に認知されていますが、今後はむしろ、IoT機器向けのセキュリティが注目されると期待されます。

     自動車が遠隔操作されて乗っ取られるような事態となるとテロに使われるなどの可能性があり、自動運転などICT化が進む自動車のセキュリティは今後の開発テーマとなってきます。


     アドソル日進(3837)は同分野で有力な米国防省との取引実績もある米Lynx社と26年もの取引があり、今後大手自動車メーカーとの開発を図るなど に単なるICT企業に留まらず、様々な分野の大手モノづくり企業とともにIoT機器のセキュリティ対応を推進するために重要な役割を果たすものと期待され ます。

     その同社は本日第3四半期決算を発表する予定です。既に好決算見込みであることを発表をしていますが、実際の数字を改めて確認したいと思います。

     なお、同社はシリコンバレーにサイバーセキュリティ関連の研究センターを設立することになったとしています。目下のところ独壇場である同社がIoT機器向けサイバーセキュリティの第一人者として成長を遂げていく要素を備えています。


    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)



    honoh_01.jpg

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。