• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第11回】Pの中の人おすすめの何か(W杯、お疲れ様でした)【ジャーマネ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第11回】Pの中の人おすすめの何か(W杯、お疲れ様でした)【ジャーマネ】

2014-06-27 18:00

    みなさまこんにちは~(=゚ω゚)ノ
    W杯日本代表の一次リーグ敗退にショボン中のジャーマネです( ´・ω・`)
    タレント揃いで歴代最強との呼び声が高かったようですが……(>ω<、)
    また4年後に期待しましょう(p`・Д・´q)ファイト!!!



    さて今回は、W杯にちなんでおススメのサッカー漫画『赤き血のイレブン』(梶原一騎)をご紹介……と思ったのですが、それではあまりに芸がない。

    とうことで、連載11回目&イレブン繋がりでこの本をご紹介したいと思います。


    [my本棚]・ω・´)っ『11人いる!』尾望都)

    988464297970e8c4ba2ecfca3c21e932665f3d68

    です。

    ジャーマネの母親世代の漫画好き少女(?)には、神様のように語られる萩尾望都先生。
    数えきれない程の作品がありますが、代表作としてよく名前が挙がるのは『トーマの心臓』『ポーの一族』じゃないかと。
    両作品ともジャーマネも既読ですが、どちらもとても好きな作品です(*´ω`*)

    では、なぜこの作品を紹介するかというと……

    サッカー少年たちの友情を描いた作品だから!
    SF漫画の大傑作だからです(*゜∀゜)=3!!


    簡単なあらすじはこんな感じ(´ゝω・)σ

    宇宙大学の入試最終テストの試験会場で、試験を受けている各国(各惑星)の若者たち。

    彼らは最終試験の選抜を経て、10人一組となって行う最終実技試験を受けることになった。

    試験の内容は、「
    外部との接触を断たれた宇宙船に乗り込み、10人一組
    で協力をしながら、53日間を過ごすこと」

    宇宙大学の受験生の1人、タダトス・レーン(主人公・タダ)は、試験官の指示に従い宇宙船に乗り込んだ。

    そこで初めて顔を合わせる彼ら。自己紹介をしようとするが……何かがおかしい。

    誰かが叫んだ。「おい! 1人多いぞ、11人いる!」……。


    という感じで、物語がスタートします!
    もうこの時点で大興奮です(* ゚∀゚)=3!!


    当初10人とされていたメンバーが11人になっている状況に疑心暗鬼に陥りながらも、
    彼らは、時に信頼関係を築きつつ、時に対立しつつしながら試験に臨みます。こうして過ごすうちに、お互いの境遇や出身惑星の違いを乗り越えて芽生える友情(&恋?)。


    そのさなか、突然、試験会場である宇宙船で非常事態が勃発して……とスリリングな展開と緊張感で読みだすと止まらない!!

    この物語の結末は、果たしてどうなるのか!
    ぜひご自身で、お確かめください
    (*`・ω・´*)ゝ

     



    この本は非常に面白いことはもちろん、たくさんのことを学べます。

    数ある中で私が学んだことは、

    「どんな状況でも、どんな人数でも、あきらめなければ未来に続く道は開ける」
    「成功や失敗といった結果は、本人たちの選択・決断・感じ方でしか決まらない」

    ってことです。

    本作の主人公たち11人に訪れる様々な試練。彼らはこれを協力して少しずつクリアしていきます。迷いながら、一つ一つ手探りで。自分の未来を、他人や置かれた境遇に委ねようとはしません。

    個々の差はあれ、背負っているものの為、自分の自由を獲得する為、信じるものの為、星に残してきた人々の為など、それぞれの理由で、それぞれの技術で乗り越えようとする。個々でできることや協力の度合いは違うけれども、みんな自分に一生懸命に取り組んでいる。そして、自分たちの辿りついた結論に不満を言わない。

    本作の終盤、彼らは失敗と成功の両方を経験します。この結果、その過程に、私は、心の底から尊敬し、応援してきた友人のような気持ちになれました。

    自分たちが自分たちの為に全力で取り組み、結果に対して不満を持つことはしない。
    それを見て応援した人間は、どんな結果であれ、全力で向かった彼らに心から拍手がおくれる。

    これが努力して戦っている人間と、それを応援する人間の前提だと思うんですよね。

    W杯の結果検証の命題の下、すでにいろんな人がいろんなことを言っています。その中には、労いや賞賛はもちろん、不満や批判も見受けられます。この多くが、彼らを応援し、声援を送っていた人々のものです。

    もし、それらの言葉に無批判に同調しそうになったり、つい熱くなったりしたとき、私は、この『11人いる!』を思い返したいと思います。彼らの努力と自分が応援してきた経緯を踏まえて。そして、本作のラストを思い出して、彼らにエールを送りたいと思います。



    今回の「Pの中の人おすすめの何か」はこれまでです(。・ ω<)☆
    なんだか説教臭くなってしまいました(・ω・`;)ゴメンナサイ

    次回、「K」がもっと面白いものを紹介してくれるでしょうから、今回はこんな感じで!
    ではでは、ご精読ありがとうございました|。・ω・)ノシ

    【ジャーマネ】

    PHP研究所 PHP-COMIXの編集および広報全般担当。各種WEBサイト管理人、Twitterの中の人その2として活動中。好きな少女漫画は『彼氏彼女の事情』『ママレード・ボーイ』『こどものおもちゃ』(・ω<)☆ キャッキャウフフな恋愛モノがダメダメな、非リア充街道爆進中のアラサー編集者。



    ◎バックナンバー

    【第0回】
    ごあいさつ
    【第1回】『鳥海浩輔・安元洋貴の禁断生ラジオ本』
    【第2回】 九井諒子さんの作品集×3作品
    【第3回】『ヨルムンガンド』『乙嫁語り』『小南正太郎、家から出るをはじめました。』
    【第4回】 へんしゅうちょの机
    【第5回】『風の谷のナウシカ』
    【第6回】『ここはグリーン・ウッド』
    【第7回】『ワカコ酒』
    【第8回】『ピンポン』
    第9回『銭ゲバ』
    【第10回】『ペルソナ3・4』

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。