• このエントリーをはてなブックマークに追加
残り2日間。ワンボディなのに臨場感が半端ないスピーカー「pavé」がプロジェクト終了間近
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

残り2日間。ワンボディなのに臨場感が半端ないスピーカー「pavé」がプロジェクト終了間近

2016-12-28 20:30
    手のひらサイズのワンボディスピーカーなのに強烈なステレオ感を味わえる、と以前も紹介した共栄エンジニアリングによる「pavé」。

    商品化に向けて、メディアジーン運営のクラウドファンディングmachi-yaで支援者を募集しているところだが、執筆現在、目標の金額に対して212%、支援者は240人超えとプロジェクトは順風満帆。

    音楽や映画にゲームにその強烈なステレオ感を活かしたい方々から、熱い注目を浴びているのだ。

    ドライバーユニットはフルレンジ2機。パワーは3W×2。サイズはW87.5xH88xD69mmと、まさに手のひらサイズのワンボディ。

    独自の制御技術「cear Field」によって、ただ音を鳴らしているわけではなく、音源に含まれる左右の広がりに関わる成分をリアルタイムに解析。その結果、今までにない臨場感のある再生を体験させてくれるらしい。

    プロジェクトは、今日で終了。出資プランは、machi-ya限定10%OFFコースを残すのみだ。日本の音響技術の最先端、味わってみては?

    machi-ya

    text by ロバーツ町田

    RSSブログ情報:https://www.roomie.jp/2016/12/366306/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。