• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【ファーストクィーンIV】還暦を超えてなお現役のレジェンドクリエイターとゲーム業界の歴史を紐解く夜【20161205_タダツグ】

    2016-12-05 19:18
    タダツグです。今回のブロマガでは、久しぶりに「つくった人がゲーム実況」の振り返り記事をまとめてみようと思います。

    ということで、今回の記事で振り返るのは9月26日の「つくった人がゲーム実況」。この日ピックアップしたタイトルは、PCやPSで発売された往年の名作シミュレーションゲーム『ファーストクィーンIV バルシア戦記』でありました。あれからもう2カ月ほどの時間が流れているわけですが、いやぁ~、個人的にはまだ2カ月しか経ってないの? くらいの勢い(笑)。それだけ10月、11月のシシララTVの活動が濃密だったってことですかね……自分としてはもう半年くらい前の出来事のような感覚です。

    b535dadf52fb1bbb0f78da1b94aafaf8c1a99eca


    この回のつくった人ゲストは超スゴかった! いつも結構すごい人に来ていただけているわけですが、中でもとりわけスゴかったんですよ。お越しいただけたのは本シリーズの生みの親である呉ソフトウェア工房の代表である呉英二さん。なんと、すでに還暦を超えられているにも関わらず、いまだ現役のプログラマーとして活躍なさっている、まさにレジェンド オブ レジェンドなクリエイターさんなのです。

    577fcfeded14522c4fae7b3eeccf77d746effc76

    くわえてこの日は、元宝塚歌劇団花組娘役で、現在は女優/タレントとして活躍中しており、「なみお」の愛称で親しまれている花奈澪さんも参戦! 往年のヴィンテージゲームを、僕とともに遊んでいただきました。

    0400bf2eba93924c22aa887c9b857be7cbb41769

    さて、恥ずかしながら僕は(そして当然ながらなみおさんも)この『ファーストクィーン』シリーズはまったくのド素人! かなり硬派なシミュレーションゲームとのことですが……例によってぶっつけ本番、マニュアルすら読むことなくゲームをスタートいたしました。なるようになるだろっ!!

    1aa7af935842ffa94b962b723d08cc42763ea6ec

    うん、いきなり専門用語が飛び交うファンタジー展開! めっちゃ本格的!! プレイヤーはカーリオン国の領主であるアレスとなって自軍を率い、強大な力を持って武力侵攻を押し進めるバルシア国と、その王ゼネルに立ち向かいます。

    4edb5542f88ed3c4ec0f210a2c1da11fee879956

    ストーリーは、主人公・アレスが強大な魔力を秘めた敵・ゼネル王を討つために敵城に侵入し、返り討ちにあうところからスタート。おいおい、いきなりやられとるけど大丈夫なのかっ!? 例によって、ここらへんのやりとりから劇団シシララの声当てもスタートします。なみおさんに関しては、本職ということでさすがの順応力。我々をぐいぐい引っ張ってくれるのですが、驚きなのは呉さん! なんと、学生時代は落語研究会に所属されていたとのことで、片手に扇子をお持ちになりながら、まさかの劇団シシララに参戦! ええっ、レジェンドにこんなことまでしてもらっていいんですかってレベルで、スタジオ、コメントともに一時騒然となりましたが、呉さんはそんな我々の無茶ブリにも快く応じていただき、主人公のアレスを演じてくれました。

    036811b3b1990082493e2545d4d42f11c5530287

    当然だけど、主人公だけあってセリフが多いのなんの。それでも、演じれば演じるほどアレスに感情移入し、演技が闊達になっていく呉さん、マジすごかったです。このエンターテイナーぶりが、長年ゲーム業界に関わってきた呉さんの生き様なんだなぁ……と、ちょっぴり感動してしまいました。

    さて、ゲームのほうはというと。リアルタイムで自軍と敵軍が交戦し、その戦闘結果によって領地を奪い合っていくという、いわゆる「ストラテジーゲーム」の要素が盛り込まれています。

    とくに、本作ならではの特徴といえるのが「戦闘がめっちゃくちゃ乱戦になる」という部分。画面写真を見てください。

    5904388ec04b41fd7455a3bd497b31e85a61ce75

    ね? めっちゃゴチャゴチャしててヤバくないですか?(笑) 「ゴチャキャラシステム」と呼ばれるこの戦闘システム、これだけのキャラが所狭しと戦う様はかなり壮観。プレイヤーは任意でキャラを選んで操作できるのですが、敵も味方もリアルタイムでワラワラと動きまくるので、僕としては大・混・乱!

    「HPがオレンジ色で表示されているキャラはヤラれそうなキャラなので、自分で操作して逃がしてあげるといいですよ」

    など、呉さんからは的確なアドバイスをいただけるものの、僕がうまいこと対応できなくてまぁ……やられちゃいますよね……と。まぁ、仲間は1度死亡すると帰ってこないのですが、名のある将軍キャラ以外などは、そこまで過敏にならなくてもいいのかもな、と。エンディングで死亡人数とか出るのが気にならない人は、ある程度兵の犠牲を乗り越えて進むとよさそうです。敵を仲間に引き入れたりもできますしね。

    ca056426f11041146e5f6fc6e68c6f1441327773

    8d8a0d9eb9f9d55257a1ffd0dea15ac9797be1f0

    さて、そんな『ファーストクィーンIV』を遊びながら、ゲームDJと呉さんはいつしかゲーマートークへと移行! PC-88時代からの業界トークから、呉ソフトウェアのゲームパッケージ、そして今やお宝間違いなしという各種ポスターを用いての開発秘話まで、なんとも濃密なお話をお聞かせいただきました。本邦初公開の「ボツCG案」などもお見せいただいてしまいまして、なんとまぁ眼福なことよ……。

    a82d187e805dddeb398a3c9301cfcea9e7bf1e7c

    正直、ここらへんはあまりに濃すぎて僕もななおちゃんもまったく知らないお話しばかり。でも、DJと呉さんのトークがとにかくおもしろくて、いつしかゲームプレイの手もとまり、本格的に雑談トークに移行するという、また新たなゲーム実況の形(?)をとることになりました。ゲーム実況なのにゲームを遊ばないんでおしゃべりしてるんだぜ……しかも、それに視聴者のみなさんもグイグイ乗っかってくるというこの相互作用ね。トークを盛り上げてくれたみなさん、本当にありがとうございました!

    936ac10310ed87e3f0f6d6504a26d03a0d723bd0

    649815748f608764d4470eddb37b8d321b9420de

    ここらへんのトークについては、ぜひアーカイブ動画のほうで確認してみてほしいところ。最後の1時間とか、マジでほとんどゲームを遊んでないですからねぁ。トークが弾むほどにテンションが上がっていくDJの姿、マジ必見ですぞ。なんでしょう、これも我々ならではいいますか、たまにはこういった配信があってもいいのでは……なーんて思います。

    ちなみに、スタジオで話題の種になったこれらのポスター、なんと呉さんのご厚意で反省会にて視聴者プレゼントすることになったのですが! 「あまりにもおそれおおくてもらえません……」という、まさかのご遠慮メールが届いたりして、我々も思わずビックリ&ニッコリ(笑)。天野喜孝さんとか末弥純さんとか、これまたレジェンドクラスの方々が描かれたポスターですから、その価値は計り知れませんからね……。

    なんというか、シシララファミリーのゲーム、そしてクリエイターに対する尊敬の念を感じた瞬間でありました。見事プレゼントに当選したねじさんも、額装して大事に保管していただけるとのことで……そういうゲーム愛に満ちたみんなが大好きなんだぜ!

    1c8fe2028232ef43dc503769daead41339bedde6

    そんな呉さんですが、いまだにゲームの開発を続けておられるということで、スタジオでは当時開発中であったアプリ版『ファーストクィーンI』についてもお見せいただくことができました。

    1133b71a8a78b751c9b30c0c8f22811e8d9d5e25

    そしてなんとこちら、つい先日より本配信がスタートしたということで、iOS/Android端末をお持ちの方ならスマホで楽しむことができちゃいます! 「なつかしい!」「遊んだことはないけど興味アリ!」というそこのあなた、ぜひダウンロードして遊んでみてもらえれば。ゴチャキャラバトル、奥が深くて楽しいですからオススメですよ!

    それでは、本日はこのへんで~! 
  • 【ライバルアリーナVS】アツい意気込みが空回り!? ポンコツ系女子ゲーマー・レレミが軍師になって大奮闘【20161021_タダツグ】

    2016-10-21 21:15
    タダツグです。最近涼しく……むしろ寒くさえ感じる日が増えてきたわけですが、季節の変わり目ということで、みなさん風邪など引かないようお気を付けくださいね。

    さて、本日のブロマガはいつもと趣向を変え、ただいまシシララファミリーがハマりにハマっているゲーム『ライバルアリーナVS』を、我らがレレミさんが1人で実況プレイしたあの日を振り返ってみたいと思います。

    9d9e0cd94c86bc8f625dd489ab0c48119f46e8a6

    ちなみに、まだご覧になっていないという方はぜひコチラのアーカイブ動画もご覧くださいね。

    そう、最近のシシララTVは、夜だけではなくお昼にもゲーム実況を配信中なのです。レレミさん、梨蘭さん、藤嵜亜莉沙さんといったゲーム好きな女子がときに楽しく、ときにガチでゲームを遊ぶ姿をお届けしております。スケジュールがあえばゲームDJや僕もガヤとして参戦したりもしてますよ。

    921abbaf001260ef55532d744c89745f985c2558

    ちなみにレレミさんは、実況のときにコスプレしたりする時もございますです。

    ということで、今回チョイスした『ライバルアリーナVS』は、ゲームDJプロデュースによる「シシララ杯」を開催したりと、これまでにも何度か生放送をお届けしているほど我々がハマっているタイトルの1つ。

    シシララ杯」ではプロゲーマーのふ~どさんや女優の楠世蓮さん&藤嵜亜莉沙さん、さらには2人の開発スタッフにも参加いただき、アツいバトルを繰り広げたりもしました。

    今回、その波に追いつけ追い越せといわんばかりに、レレミちゃんがこの『ライバルアリーナVS』をプレイ! 軍師として本格デビューを飾ることに!! いつか開催されるであろう「第2回シシララ杯」を見据えてか、まずは全国の軍師たちと大戦して腕を磨くためにアリーナへと赴くことに……。

    408d4d223fc0c7d46d7ab88df3feafb7e7e86dcc

    ……とその前に、まずはデッキを強化するために「闇商人」のお店へ。輝くダイアモンドのクリーチャーを狙って、いざ6連ガチャに挑戦です!! その結果がこちら。

    2bb3b20dd8a4b6d000de16a5855d3dd5640fc998

    ええ、闇商人が開いたカバンからは、黄金に輝くクリーチャーたちが元気に6体飛び出てきましたとさ。ちなみに、闇商人のカバンから出てくるクリーチャーはダイアモンド、プラチナ、ゴールドの3種類で、ゴールドはレアリティ的には1番低いクリーチャーってことになりますね……。

    ぶっちゃけ6連を引けば、ダイアモンドやプラチナが1~2体は出てもおかしくない確率なんですけど。まさかのすべてがゴールド……この逆噴射というか、運を逆に使っちゃうところがいかにもレレミどんらしい気がします。……まぁ、僕も人のことは言えないけども(苦笑)。

    80b9f6a5b5d4775b81ece288b843a2c10562f375

    とはいえ、ゴールドのクリーチャーにも……というより「すべてのクリーチャーにも活躍の場を!」というのが『ライバルアリーナVS』開発陣の目指すところだそうで、実際、ステータスやコスト、覚醒のしやすさやアビリティなどをじっくり見れば、必ずそのクリーチャーを生かせる局面は存在するようになっています。

    7e6d906d2386f1b9f5e73ca1dff4047c442b26e2

    要は、それをあつかう軍師しだいってことですかね! ということで、まずは最初の目標となる「対戦レート ランク500」を目指して、レレミさんの奮闘が始まります。

    da198a73e58bbcf5fef2b1052ab4c59e1fd42f30

    cf146f2ebf19b6ac881953f31f82745792bc7f97

    いきなり幸先よく3連勝! 初戦を気持ちよく勝利できたこともあり、一気に波に乗った感がありました。しかし……。

    a3d2c2b4a1bc7cc0e9f9d48de159abc774169154

    そこからはまさかの敗北ロードへ(苦笑)。これ、『ライバルアリーナVS』あるあるなんですよね……。「勢いに任せてプレイしていた序盤はいろいろピタリとハマっていたのに、なまじゲームに慣れて戦略を考え始めたことで負けがこみはじめる」というのは、軍師であれば誰もが通る道なのではないでしょうか。ええ、ぶっちゃけ僕はそうでした。

    5d159a0474e88035af04547813a63ea5a75d91b9

    途中には、ニコニコ生放送の広告機能で「レレミ1人じゃヤバイからウマオもがんばれ」といったアツい応援(叱咤激励!?)まで飛び込むことに。

    ここでくじけずに……それどころかアツくなってさらなる対戦に繰り出すあたりが、負けず嫌いなレレミさんらしいところです。はたしてレレミさんは、見事目標の「ランク500」に到達することはできたのか? その結末は、ぜひコチラの動画を見て確かめてみてほしいと思います。

    今度、僕もレレミさんと対戦してみようかな。先輩軍師として負けるわけにはいきませんよ。なんせ僕、現在のシシララ杯のタイトルホルダーですからね(ドヤァ)。

    ちなみに本作、ルームを作成してのフリー対戦も可能となっております。今後はこちらのルームマッチの機会も増えてくると思いますので、興味がある方は今のうちからゲームをプレイしておいてくださいね!

    それでは、本日はこのへんで~!
  • 【アイドル八犬伝】現役アイドル&女優がファミコンの“元祖アイドルゲー”をプレイしたありがトーワチキな夜【20161016_タダツグ】

    2016-10-17 00:14

    タダツグです。この1週間はなんだかやけにドタバタしているわけですが、今日もはりきってブロマガを更新しますよ! ということで今回は、『アイドル八犬伝』をプレイしたあの夜を振り返っていきます。

    今回の記事で振り返るのは、シシララTV配信100回記念のアニバーサリー回となった「つくった人がゲーム実況」。ピックアップするタイトルは、なんと100回目にしてついにきました……ファミリーコンピュータのゲームです! そのモチーフはまさかの「アイドル」。といっても、もちろん『アイドルマスター』や『アイカツ!』なわけはなく。往年の名作アドベンチャー『アイドル八犬伝』でございますよ。1989年にトーワチキから発売されたこのタイトル、さすがに「プレイしたことないよ」って人も少なくないのでは!?

    2ea535c88a1a99ee629e2a52ca50b4437d7c9bf2

    この回のつくった人ゲストは3名さま! 本作のシナリオ、構成、原案を担当した安藤尚彦さん、キャラクターデザインの近藤ゆたかさん、シナリオアシスタントの森脇広平さんにお越しいただけました。お3方ともに、業界歴の長いクリエイターさんたちです。

    c8d065ca7ce1bdb5dab4b9e630541ef65ea03fb9

    くわえてこの日は、ゲームDJのはからいで、現役アイドルの未来みきさんと、「アイドルゲー大好き!」な女優の藤嵜亜莉沙さんという、2人の女性ゲストも参戦してくれました! おかげさまで、スタジオがめっちゃ華やかになりましたよ。

    a29bc23548388b414ec1257a3d7a47df7bf853f8

    さて、押しも押されぬ生粋のテキストアドベンチャーである本作。コマンドを選択してフラグをたて、ストーリーを進めていくという王道展開となっております。

    主人公は、ひょんなことからアイドルを目指すことになった天然美少女・西園寺エリカ。彼女は7人の仲間を集めながら、持ち前のアイドル力を武器に、芸能界の影で暗躍する「暗黒イロモノ軍団」と戦うことになります。

    35dfc6202897725d82a8338eb92dba1d15bea9e7

    うん、ちょっとシリアスな文章を書こうと思ったんですが、なんせ敵は「暗黒イロモノ軍団」ですからね(笑)。主人公のエリカもかなりぶっ飛んだキャラになってますし、いわゆるコントというか、コメディ仕立てで物語が展開していきます。ものすごくキャッチ―で楽しい!

    くわえて、いたるところにダジャレや当時流行した時事ネタ、オマージュやギャグなどがてんこ盛り! いい意味でギットギトで濃厚なストーリーを堪能できるという、おっさんゲーマーにはぜひとも遊んでいただきたい逸品となっております。

    f4f728d2456bb06719d660dde83d7372274132b9

    まぁ、VRがブイブイいわせているようなこの時代に、ファミコンのソフトを遊ぶというのは環境的にたいへんだと思いますが……マジでぶっ飛んでるんでね、このゲーム。

    さて、ファミコンのゲームということで当然セリフにボイスは収録されていない本作。久方ぶりに、劇団シシララの本領が発揮されることに。主人公のエリカを担当するのは、もちろん現役アイドルの未来みきさん。藤嵜亜莉沙さんにも、さまざまな女性キャラを演じてもらうことになりました。

    c69eef3da2bcca06d759afacf1f958c41bd5677c

    お2人ともノリノリでキャラを演じてくれて、スタジオも大盛り上がり。クリエイター陣が、自分の娘を……下手すれば孫娘を愛でるかのごとく、ニコニコしながらアテレコを眺めておられたのが随分と印象的でしたね。

    7530ecce73ab2155db1520f3424f4d1a3c5fd899

    例によって、とくになんの事前情報も仕入れていなかった僕ですが、未来みきさんの演じるエリカがめちゃくちゃキャラにハマっててびっくり! なんというか、ちょっとヌケてる感じのエリカを、未来さんがうまいこと演じてくれるんですよ。この天然な感じ……これこそが未来さんのアイドル力といえるかも!?

    なんといってもエリカ、突然歌いだしたり踊りだしたりしますからね。しかも、そのシーンでは未来さんがしっかりと(アドリブで)歌を歌ったりしてくれるわけですよ。スゴすぎるよ!! 

    もちろん、藤嵜さんも安定の演技力で我々を魅了してくれるわけで。「もしリメイクするとしたら、声はぜひお2人に……」と、開発陣に太鼓判を押されるほどの演技力、これが現役アイドルと女優の底力か……マジで恐るべしですな。

    fa46ab5da5a6a91bfbe3a8cd539ac0895251b92b

    ゲームのほうもこれまたスゴイ。困ったらエリカが歌ったり踊ったりすることで、おもむろに状況が好転することもままあるってことで、ちょっと意味がわからないです(笑)。まさに「考えるな、感じろ」な世界観、ツボる人にはとことんツボりますよこの物語は。

    a6b943716f2cd1713e988353a7fa6165ad02bd48

    ファミコンの晩成期に発売されたタイトルだけあって、エリカが表情豊かに驚いたり、踊ったりするところとか、まるでアニメのように動くからステキ。これだけで一見の価値ありです。

    5ee0693b4fdf6eb5365a4cccf02c8cbabe98397a

    未来さんや藤嵜さんも、めちゃくちゃノリノリでした(笑)。物語がテンポよく、とんとん拍子で進んでいくのも秀逸。遊んでいる我々もどんどんノメり込んでいくことになりました。とにかくストーリーの先が気になり過ぎる!!

    先ほども書きましたが、この回は記念すべき放送100回目。でもって我々はテンション↑↑状態……何より、視聴者さんからの「クリアまで遊ぼうぜ!」というアツいリクエストもあって、ゲスト陣には終電ギリギリまで粘っていただきつつ、最終的にはDJと僕の2人だけで久しぶりの「クリアまで実況」にシフトすることに。

    49267324732297c74a3e0957467eea5a2bb992ed

    おかげさまで、見事エンディングまでたどりつき、名曲「君はホエホエ娘」をスタジオで熱唱することができました。か、神曲すぎるぜぇ……。

    e32669f610ce616954c3413169dc13a6e66e14e3

    1980年代に、こんなによくできたアイドルゲームが発売されていたとは……すごいよすごすぎるよ、まさにありがトーワチキ! 時代に1つの楔を打った名作だと思うので、みなさんにもぜひ遊んでみてもらいたい。当時のゲーム仲間と、お酒でも酌み交わしながら久しぶりに集まるというのもオツかもしれませんね。

    まだこの回の配信をご覧になっていないという方は、ぜひコチラのアーカイブ動画をぜひご覧ください。当時の開発資料や初期ラフなども公開されていますので、見ていてきっと楽しめると思いますよ!

    b12a5e50a6dbd51ab637f434fcf282fd19cf323e

    4e6d2f84db2baf6dad82ec0a76c650ff2ee3fb1b

    それにしても。タイトルに「八犬伝」と銘打たれておきながら、「南総里見八犬伝」とはまったく関係なかったなぁ……って今更ですね(笑)。それでは、本日はこのへんで!