• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

必置・専任・常駐規制
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

必置・専任・常駐規制

2021-02-23 15:14
    行政手続きの中での押印や書面、対面の見直しが進んでいますが、それに続いて必置、専任、常駐規制の見直しを進めます。

    必置規制とは、資格者など特定の技術・技能者を、事業所や設備など特定の場所に配置することを義務づけるものです。

    専任規制とは、必置規制に加えて、他の事業所や設備で同様の業務を兼任することを禁止あるいは制限するものです。

    常駐規制とは、必置規制かつ専任規制に加えて、常時、その場所に滞在することを義務づけるものです。

    私の規制改革・行政改革大臣直轄チームでの調査では、現在223の制度でこうした規制がかけられている可能性がありました。

    各省にも確認したところ、常駐規制があるもの60制度、専任規制があるもの53制度、必置規制58制度となっており、解釈または運用でいずれも求めていないと回答があったものが52制度でした。

    たとえば風営法では営業所ごとに管理者を置くことを求めていますが、従業員
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。