• このエントリーをはてなブックマークに追加
「無から有を生み出す」のヒントvol11&「トンガリキッズ誕生秘話」vol.21サマソニへ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「無から有を生み出す」のヒントvol11&「トンガリキッズ誕生秘話」vol.21サマソニへ

2012-11-17 08:20
    「文」「文字」「テキスト」これらの活字を売るということは、「無から有を生む」という論点から考えると最もポピュラーな存在かもしれない。

    新聞記者、雑誌ライター、作詞家、小説家、コピーライターと聞けば敷居は高いが、インターネットという空間が広がり、このスペースで「活字を公開する」ということへの敷居は非常に小さなものだった。

    当時まだブログというシステムは遠い海外の最先端情報であり、その海外ですらブログシステムの利用用途にあぐねている状態。
    もっぱら主流だったのが 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。