• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『想いのすべて 0509』 ~ 作品を生むということ / YOSHIKIとhide、2人の天才
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『想いのすべて 0509』 ~ 作品を生むということ / YOSHIKIとhide、2人の天才

2017-05-10 00:50
  • 2


深く深く… 何か作品を生んだり創ったりする時に大切なのは、自分の『内なる声』だ。

『内なる声』に耳を傾けて、その震えのような、衝動のような・・・たとえそれが僅かな息しかしていなくても、ちゃんと『生きている』もの、それを感じて、作品へ繋げていく。

『内なる声』がちゃんと聞こえたら、作品の基本はできている。

あとはイメージ通りに仕上げていけば、エネルギーのこもった力強い作品になる。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
津田さん、こんばんは。
拝読しました。

『内なる声』、ともすると意識すらしない日常を生きてる僕はたまに驚かされます。惹きつけられる魅了されると何かは、この『内なる声』から溢れ出すメッセージなんですね。シンプルイズベストじゃないけど、根幹はそこにあるのかなって。
揺るぎない自己なのかな。『内なる声』にあるその全てが、津田さんも言われる、色褪せない新鮮さであり感動なんだと思います。楽曲が生まれた奇跡と、楽曲を生む軌跡、それが僕にはXでありYOSHIKIでありhideなんですよね。
YOSHIKIのピュアなメロディライン、hideの爆発的な歌詞から始まるメロディ。
正反対のようで、でも惹きつけられる。
『内なる声』で生まれた楽曲は商品ではなく「純然たる作品」だからこそ、100年以上続く「無垢」で「稀有」なアーティスト自身が身を削った分身で、モーツァルトやバッハ、ベートーベンなどと同じく後世に永遠と残るのでしょうね。
X、物凄いバンドに出会えて改めて感謝です。いつも思うのは、僕には8人のメンバーなんです。8人目のメンバーが僕等に様々なメッセージを発信してくれて再認識しています。ありがとうございます!
35ヶ月前
×
5人でなく7人の意味……なるほど、改めて別の観点からその意味を考えさせられました。

YOSHIKIとhideが出逢った事実、そして共に
作品を生み出した以上、 YOSHIKIさんの音楽魂にはhideが存在していることになるのですね!
34ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。