• このエントリーをはてなブックマークに追加
『Innocent Eyes』 特別寄稿 「TAIJIへ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』 特別寄稿 「TAIJIへ」

2018-07-17 00:00
  • 1

TAIJI、久しぶりだな。

色々思うところがあって手紙を送るよ。

俺さ、先週、深爪から指を痛めちゃってさ。

ちょうどピアノをアレンジしたりレコーディングしたり、っていう日々だったから、すべて止まってしまって、困った。

それがまあ、痛くてね。

間違えてちょっと触ったりすると激痛だしね、何もしなくても、虫歯みたいに指がシクシクと痛くてさ、参ったよ。

弾きたいのに弾けない悔しさと、爪が伸びるまでただ待つだけ、っていうのが辛くてね・・・。

それでこの前、痛みをこらえながら道を歩いていた時にね、突然思い出したんだよ。

TAIJIがよく、指が痛いんだよ…と呟きながらベースの練習をしていたことをね。

そうだ、TAIJIは、よくケガしてたなぁ・・・って。

たとえケガの原因が、正義心爆発のケンカや悔しくて何かを殴った結果だったとしても、あまりに辛そうだから、見ていて心が痛んでいた。

それにTAIJIは右手の中指が短かったよね。

そんなハンディも含めて思い出したあの頃のTAIJIにさ、今の自分の痛みが重なったんだよね。

でも、そう考えるとTAIJIは強かったな。

どんなに指が痛くても、ステージに上がったら必ず、最高にかっこいいプレイをしてたからね。

そういうTAIJI、俺はミュージシャンとして尊敬するよ。

ああ、そうだ。ミュージシャンといえば、この前俺さ、INAちゃんから聞かされてすごく驚いたよ。

TAIJIがINAちゃんに、俺のことを世界一キーボードが上手いんだ、って言ってた話・・・。

俺、TAIJIからは、聞いたことなかったよ。

だから突然聞かされてさ、何だか驚いて、嬉しくて。

泣いちゃったよ。

上手いかどうかじゃなくてね、TAIJIがそんな風に俺のことを思ってたんだ、って。

TAIJIこそ、日本が誇るミュージシャンの中のミュージシャンだよ。

そんなTAIJIになあ・・・。

でも、懐かしいよな。あの頃の俺とTAIJIは、いつもミュージシャン同士として話をしてたよな。

自分達の音楽だけじゃなく、音の魅力、演奏の真髄、そして偉大なアーティストの作品・・・。

TAIJI、俺、いつでも思い出せるんだよ、TAIJIが話しかけてくる時の表情や声を。

大事な音楽の話をする時さ、ほら、おでこに少しだけシワを寄せて、何かを探すような瞳が印象的な、深い表情で。

低くて柔らかい声で、「ねえ・・・津田さんさ・・・」って話しかけてくる。

よく質問してきたよね。

素晴らしい音を響かせる方法、音楽理論、今取りかかっているオリジナル曲のアレンジについて・・・。

たまにTAIJIが、誰よりも詳しいはずの、「Xのベースプレイ」について、俺に尋ねることもあったよね。

心の中で一瞬(えっ? それ俺に聞く? TAIJIが一番知ってるんじゃないの・・・?)

と呟きながらも、実際には素知らぬ顔で相談にのってみる。

そうすると、実に深い相談でさ。

その度に、俺はTAIJIのミュージシャンとしての姿勢に感動してたんだよ。

どんなにうまくいっていても、どんなに人気があっても、常に「本当にこのままで正しいのか?」「まだまだ新しいXはあるんじゃないか?」そう自分へ問いかける姿勢に。

現状に甘んじることなく、常にミュージシャンとしての高みを目指すその姿勢に・・・。

TAIJI、日産スタジアムの時、TOSHIと一緒に笑いながら電話をかけてきてくれて、ステージ真ん前の席を用意して招待してくれて、ありがとう。

俺、すごく嬉しかった。

TAIJIが登場した瞬間、全く新しい「今のX」に、懐かしい「あの頃のX」がダブって見えて、涙でステージが見えなくなって。大変だった。

手のひらで涙を拭いながら、必死で観たよ。





TAIJIが指の痛みを堪えながら、東京ドームや、その先にある世界進出を目指していた、あの頃の夢。

その夢を、今はもう叶えられ始めていて、4月なんか、コーチェラだよ、びっくりだよな。

生では観られなかったけど、TAIJIも参加してる様子が誇らしくて。

動画を観て、やっぱり泣いたよ。

本当にXは7人なんだな、って。




なあ、TAIJI。
音楽って最高だよな。

時を超えるもんな。

TAIJI。

音楽が時を超えるんだから、いつまでもお前のことを想っていてもいいよな。

あの頃、一緒に創って刻んだ音を聴きながら、

いつまでもお前のことを想い出して、いいよな。

TAIJI、懐かしいよ。

また会おうな。

音楽の話

またしような。



TAIJIへ 


2018年7月17日
津田直士

*********************************** 

(株)津田直士事務所 スタッフからお知らせ

2017年夏、津田直士が寄稿した記事: イミダス 時事オピニオン「X JAPANが世界で評価される理由」

☆ 津田直士ニコニコチャンネル   http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi
ニコニコアカウントをお持ちの方は、是非「フォロー」をお願いいたします

【 津田直士プロフィール 】音楽プロデューサー/作曲家 
Sony Music在籍時に「BLUE BLOOD」「Jealousy」「ART OF LIFE」
のCo ProducerとしてX JAPAN(当時はX)をプロデュース 
インディーズ時代から東京ドーム公演までをメンバーと共に駆け抜けた記憶
の一部は、映画『WE ARE X』の中、インタビューという形で語られている。
また、自署「すべての始まり」にはその記憶のすべてが描かれている。

すべての始まり

「すべての始まり」特設サイト
https://www.innocenteyes.tokyo/

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」
更新頻度: 毎週月曜日&不定期
最終更新日:
チャンネル月額: ¥330 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメント コメントを書く

ありがとうございました

No.1 48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。