• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【夢と夕陽】59. 夢の始まり(4)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【夢と夕陽】59. 夢の始まり(4)

2015-07-14 00:30

     1987年12月。

     オーディション決選大会の会場は日本青年館だった。
     
     ファンに一切知らせず、完全にシークレットでステージに臨むXは、初めての観客を前にして、どんなパフォーマンスを展開するのだろうか。
     
     そのパフォーマンスを観たソニーミュージックの制作スタッフ達は、どんな表情でXを見守るのだろうか。
     
     そしてその結果、Xは、どんな評価を得るのだろうか。
     
     年に一度行われるソニーミュージック全体のオーディションの運営責任者だった僕は、忙しく会場を走り回りながら、そんなことを考えていた。
     
     エントリーアーティストのライブは順調に進み、いよいよ最後のエントリーアーティスト、Xの出番になった。
     
     演奏が始まると、オーディション会場は一気にライブ会場に変化した。
     
     たった2曲で自分達の世界観を表現しなければならないからだろうか、Xの演奏とパフォーマンスには、ワンマンステージを全て2曲に集約したかのようなエネルギーに満ちていた。
     
     ファンが一人もいない会場、しかもあくまでオーディションだ。客席は冷ややかだろうし、Xならではの激しいエネルギーも、もしかすると空回りをするのではないだろうか、という僕の心配は、演奏が始まった途端に吹き飛んだ。
     
     驚いたのは、メンバーが観客を煽り始めると、初めてXを観たにもかかわらず、何人もの観客が、まるでファンのような反応を始めたのだった。
     
     (凄いな…。早速ファンを生み出しちゃってる)
     
     また、ライブ慣れしているから、職人的なパフォーマンスなのか、というと、そうでもない。
     
     激しさの中に、なぜか初々しさのようなものが混ざっている。
     
     (そうか、Xはライブもまた、自然体なんだ・・・!)
     
     その自然体ならではの素直なエネルギーの伝わり方が、初めて観た観客を一瞬にして虜にするのかも知れない。
     
     そんなことを考えているうちに、2曲目のパフォーマンスに移り、メンバーによる観客への煽りは更に激しさを増していく。
     
     審査する立場の制作関係者たちを見てみると、皆、真剣な表情でパフォーマンスに見入っている。
     
     曲が後半に近づくと、僕はほんの少し、犯罪者のような、緊張感の混ざった複雑な気分になっていった。
     
     もしそれが犯罪だとしたら、僕はマネージャー小村君の共犯者だ。
     
     そう、実は数日前に行なった小村君との最終打ち合わせで、僕はオーディションの責任者としてはあり得ない判断を下していたのだ。
      
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。