• このエントリーをはてなブックマークに追加
「元少年A」は興奮し、逃げる文春記者を全速力で追ってきた! 命懸けのスクープ|ちょっと右よりですが・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「元少年A」は興奮し、逃げる文春記者を全速力で追ってきた! 命懸けのスクープ|ちょっと右よりですが・・・

2016-02-22 12:00

     『週刊新潮』(2月25日号)は「創刊60周年記念」号。表紙に金を使って華やかだ。


     「60周年特別ワイド」と銘打った「十干十二支一巡りの目撃者」13本。要は『新潮』誌面を彩った「あの人は今」。


     13本を読んでいると新潮社の天皇といわれ『週刊新潮』を創刊した故斎藤十一氏の「自らも含め、俗人が興味を持つのはカネと女と事件」というコンセプトが、今も脈々と生きていることがわかる。


     橋本大二郎、猪瀬直樹氏ら10人による「『週刊新潮』への祝辞と愚痴」もおもしろい。村西とおる氏(AV監督)の『新潮』評が秀逸。


     〈貴誌には何度かお世話になりましたが、ボッタクリの風俗嬢を抱えたヤリ手ババア、との印象を持っております。かかわったらロクなことにはならないが、声をかけられないと一人前とは認められない、の心です〉


     スクープとして「永田町の黒幕を埋めた『死刑囚』の告白」。


     オレンジ共済事件に関わり、国会で証人喚問を受けた男を監禁して殺した死刑囚の告白。おどろおどろしい話だが、いかにも古い。『週刊文春』が連発しているスクープのようなビビッドさに欠ける。


    続きはこちら

    産経ニュース【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】より



    花田編集長のチャンネル「ちょっと右よりですが」では
    会員を募集してます!

    会員特典
    ・有料特番が無料
    ・大量にある過去動画が全部見放題
    ・プレゼント企画、オフ会

    0350d348518035a6ab2b6ad67ae1032e0bd16441


    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    「ちょっと右よりですが…」公式ブロマガ
    更新頻度: 毎週水曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。