• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ちろうのAKB体験記:第22回 ひまわり組はじまる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ちろうのAKB体験記:第22回 ひまわり組はじまる

2013-12-06 16:29
    ▼本コンテンツは連載です。前回記事はこちら
    http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar401801

    第22回  ひまわり組はじまる

    ひまわり組は初めての告知から物議を醸した。まず「ひまわり組」という言葉が初めて公開されたのが戸賀崎氏のブログで、2007年5月24日のエントリなのである。

    「皆様にお知らせです!ずっとこの発表を待っていたかとは思いますが・・。ついにみなさんお待ちかねの〈ひまわり組〉の初日が決定致しました!」

    http://ameblo.jp/akihabara48/entry-10034539922.html

    これには一瞬、「いつの間にそんな発表があったっけ??」と混乱させられた。強いて言うなら発表されて以来放置されている「ばら組」「ゆり組」の話である。しかし「ひまわり組」とは!?

    これは運営側の立場でありながら、何も伝えるべき情報を伝えられない(そもそも決まっていないことが多すぎた)状況に耐え切れなくなった戸賀崎氏の渾身のギャグだったと後に本人が語っている。つまりはこのエントリに対する反応は「待ってねえよ!ってかひまわり組って何だよ!」というものが正解だったのだ。そして徐々に情報が明らかにされ、チームA・チームKから混合のチームを作りダブルキャスト制であることが知らされた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。