• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー 【第151号】イチロー嫌い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー 【第151号】イチロー嫌い

2017-09-04 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第151号 2017/9/4

    イチロー嫌い

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    僕はイチローが嫌いだった。


    いくら尊敬する河合隼雄先生が「イチロー」を誉めていても、なんかもうあの「雰囲気」が気にいらなかったのだ。


    「振り子打法」なる巧妙な打ち方も、失敗を避けるための姑息な作戦に見えた。

    「そんな無難な戦法までして打率を上げたいか?」


    なんてね。

    b943ced3186d8636948016055489054ecb44c1f0

    今考えればそれはもう明らかに「嫉妬」だった。

    何しろイチローが活躍している長い長い期間は、僕にとって「長い長い不遇の時」と重なるからだ。


    僕だって、可能な限りストイックに漫画を描いてきたし、恥をしのんでやりたくない仕事だってしてきたのに、どういうわけか結果が出ない。


    直接言われたりはしないのに「 山田玲司はもう終わりだwww」なんて言われているんじゃないかと思うようになる。


    そんな毎日の中で目に入ってくるのが「イチローの大活躍」だった。


    こうなるともう、彼のストイックな生き方も、ナルシスティック(に見える)話し方も、もう何もかも気に入らない。



    しかしです。


    そんなイチローでも打率は3割くらいだったわけです。


    絶好調の時でも「打率5割」とかではなく(そもそもそんな人はいない)要するに打席に入ったら半分以上は、三振だのセカンドゴロだので、大半の打席は「みんなの期待」を裏切ってみっともなく凡退していたわけです。


    なにしろ「物事が上手く行ってない時の人間」てのは、ろくにものが「見えてないもの」なのです。



    そんなわけで、最近の僕は午前中の時間を色々な事を思索したり、描いたり、ゴロゴロしたりしながらメジャーリーグの試合をなんとなく見ています。


    イチローはほとんど「代打屋」になっていて、水島新司の「あぶさん」みたいに頑張ってる。

    記録更新に沸き立つ時期に全然打てない。

    それでも淡々と次に備えている。


    なんだかどんどんイチローが好きになってくる。




    日本にいた時は、あの野村克也に「神の子」と言われていた「まーくん」こと田中将大も出てくる。


    彼はなんとニューヨークヤンキースというレジェンド球団の先発投手になってる。


    そしてこれがまた「ボッコボコ」に打たれてたりする。


    僕の大好きなダルビッシュも打たれまくってる。広島のスーパースターだった前田も打たれまくっている。



    「ああ・・もうこれで登板の機会はないのかな」なんて思っていると、しばらくして彼らはまた試合に出てくる。


    そして、この前とは別人のような素晴らしい投球で、バカでかいメジャーリーガーをガンガン打ち取っていくのだ。



    僕は気づいた。


    「野球を観る」とは「勝っている人を観る」のではなく「懲りない人を観る」という事なのかもしれない。
    8229d54d8b08ab23e0204afe3dfff16b4fa780e7

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。