• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー 【第166号】評論家を評論すると見えてくるものとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー 【第166号】評論家を評論すると見えてくるものとは?

2017-12-18 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第166号 2017/12/18

    評論家を評論すると見えてくるものとは?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「映画を観に行く楽しみ」とは何だろう。

    改めて考えてみると、わざわざ映画館まで行って、1800円も出して、一次停止も私語も許されない空間にわざわざ約2時間もいるのは、やはり「特別な何か」を体験できるからだろう。


    1人で行く映画も気楽でいいけれど、やはり映画鑑賞の醍醐味は「誰か」と一緒に行くことだと思う。

    観た後に膨れ上がった「どうしたらいいかわからない気持ち」をお互いにぶつけ合って盛り上がるのはやっぱり楽しい。


    それが期待を裏切った「最低の映画」でも「あれはひでえな」と言って一緒に笑えば、そこそこ「モト」は取れるし、自分の気が付かなかった部分を指摘されて「実は案外いい映画かも」なんてことになるのもいい。



    好きな人と一緒の映画鑑賞もいいけど、映画に詳しい人との映画鑑賞もまた格別だ。

    同じ映画を見ても、その背景や演出の工夫、関連作品の話などだけでも「得した気分」になれる。


    やっぱり「詳しい人」がいると同じ体験でも、より深く味わえるもので、そこに「映画評論家」のニーズがあるわけだ。


    最近特に「映画評論家」なるものがもてはやされている裏には、人々の好みが細分化して「みんなで観る映画」が少なくなったのと、ネット環境の変化により「過去の映画」が気楽に観ることができる時代になったからかもしれない。


    「その時代」に乗り遅れても、後からは観られる。

    そうなると、同時に「解説や分析」も欲しくなる。


    外食先で美味しい料理に出会った時に、そのメニューのレシピを知りたいと思う人がいるように、映画も「この映画はいったいどんな人がどうやって作ったのだろう?」なんて思うタイプの人が一定数いるのだと思う。

    「そんなもん、ただ観て感じるだけでいいんだよ」と言う人もいるけど、それじゃ面白くないのだ。


    「恋した相手のことを徹底的に知りたい」みたいな気分にも似ているのかもしれない。


    映画評論家になってしまうような人は、溢れる恋心を抑えきれずに、自分でその情報集めや分析をしてしまうタイプの人だろう。


    2c6204ae817e744eb5f1c30cf43c6a1203d14cf4
    cea9e4d6e7ea7600d841ea768a00e880ce096430

    そんなわけで、今週ほ公式放送のネタが暗めなので、何か面白い企画はできないか、と思って考えたのが「映画評論家を評論してみよう」という企画だった。


    普段誰かの作った作品を評価している人を、逆に評価してやる、という企画なので、これは面白くなるに決まってる。


    ところがである。

    この企画、考えてみるほどに難しい企画であることがわかった。

    僕は各評論家の「メソッド」を分析するつもりだったのだけれど、それを伝えるためには、どうしても「その人が抱えているモノの歴史」を語らなければ伝わらないのだ。



    そしてわかったのが、それぞれの評論家の人が「越えてきたもの」の大きさと「複雑さ」だった。


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。