• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー 【第189号】消えた「失恋コンテンツ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー 【第189号】消えた「失恋コンテンツ」

2018-06-04 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第189号 2018/6/4

    消えた「失恋コンテンツ」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【コスパじゃねえ】


    先週の放送は「バーチャルアイドル」の話だったんだけど、結果的にゲストの「ねりな君」のアイドルへの「ガチ恋話」で恐ろしく盛り上がった。


    ねりな君は本気でアイドルに恋をして、年間100公演も追いかけ続けた「本物」だ。

    いかに「アイドル」が「仕事」で、それが「虚構」であることはファンはわかっている。


    「わかっているけどやめない!」「なぜなら彼女が好きだから!」という「正しい恋愛モード」に心は決まっているのだ。


    なので「そんなに追いかけても、貢いでも、彼女は君を愛してはくれないんだから、もっと身近で現実的な相手にしなよ」なんて言葉は聞かない。


    それは「功利主義」や「コスパの概念」を超えていて、逆に「潔くてさわやか」に見える。

    そもそも自分にとっての「損得」ばかりを考えるようでは「美しい恋愛」には見えない。


    「たとえ報われなくても、相手の幸せを願って、自分は犠牲になってもかまわない」

    なんてのが本来の「恋愛」だろう。


    そういう意味では彼らの恋愛は美しい。


    とはいえ。


    そんなファンの心にも「もしかしたら僕を好きになってくれるんじゃ・・」なんて気持ちはある。

    それがエンジンになっているからこそ私財と時間を投げ出して追いかける事ができるのだ。




    つまり彼らは延々と「本気の片思い」をして生きているのだ。


    覚悟の上の「報われない片思い」は、将来の不安を埋めるための「婚活」なんかとは対局にあるとは思うけど、あまりに切ない。

    38336ef4441b6b56786fa48d1d5ac83d80a83096

    【中島みゆきは言う】


    そう言えば中島みゆきの歌の歌詞にこんなのがある。

    「愛した人の数だけ愛された人はいない」

    「落ち葉の積もる窓辺はいつも同じ場所とかぎるもの」

    〈♪鳥になって〉


    あの話の後に聴くともう「アイドルとファンの世界」を描いているとしか思えなくて泣けてくる。

    そもそも「好きになった人に好きになってもらえる」なんて奇跡みたいなものなのかもしれない。

    でもそれが恋だろう。

    そんな「奇跡」に「全力で挑んでいく」からこそ恋は「バカみたい」だし「かっこいい」のだ。




    【君は天然色】

    e2e0bba7f6476db429114f9a2fb52ecd6b53aa53

    ところで僕は最近「大瀧詠一さん」が気になっている。

    なんだかんだ考えながら、彼の超名盤「A LONG VACATION」を聴き返していた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。