• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第402号】1人でも生きられる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第402号】1人でも生きられる

2022-08-08 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第402号 2022/8/8

    1人でも生きられる

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    瀬戸内寂聴さんは「自分の本で一番売れたのは『1人でも生きられる』って本だったのよね」と言っていた。


    「みんなこういうの好きなのよ」と言った後に「でも1人で生きるなんて無理よ!」みたいな事を言って笑っていた。


    この話、もちろん全部を「無理」と言っているのではなく「人は誰でも沢山の人達に支えられて生きているもの」と言っていたのだと思う。


    「私は1人で生きる」とか言っても、夜中にネット回線が壊れただけで「もう生きていけない!!」とか言い出すのが現代人だ。



    【ぼっち礼賛】


    アホみたいな同調圧力のかかってる日本では、とにかく「団体」にいるのがしんどい。


    「普通こうじゃね?」とか「あの人変よね」みたいな感じでとにかく「みんな同じ」にされるからだ。


    その根拠も納得いかない上に、声の大きい変なのがリーダーになってたりするもんだからさらにしんどい。


    そんなこんなで「あんなのに合わせて生きるくらいなら1人でいる方がまし」みたいになるのは本当によくわかる。


    そんな「1人ぼっち主義」を「ぼっち」と呼ぶようになって久しい。


    ここ数年はリア充組(死語に近い)の衰退に合わせて「ぼっち礼賛派」が拡大していったように見える。


    いや・・もうずっと前からそういう流れなのかもしれない。


    「ぼっち上等!」という気分もわかる。


    でも「ぼっち」だけだと寂しいのもわかる。


    そんなわけで「自分をわかってくれる人が1人でもいてくれればいい」みたいなとこが多くの人の本音だろう。



    【ぼっちを落とせ】

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。