• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー【第46号】「絶対に信用できる人」って誰だ?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー【第46号】「絶対に信用できる人」って誰だ?

2015-08-17 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第46号 2015/8/17

    「絶対に信用できる人」って誰だ?

    ───────────────────────────────────

    「ネットの情報なんか信用しちゃだめですよ」
    なんて言われますけど、テレビも新聞も信用出来ないんで、何だかんだ言いつつネットからの情報で考え込む日々です。

    陰謀だのデマだので、本当に「何もかも嘘」ならいいのだけど、どうもこれは本当みたいだ、と思える情報も多い。現実に地震はあったし、そこには老朽化した原発があった。
    アメリカの軍産複合体という「やばいやつ」の動きにも説得力がある。

    でも世間では、まともな頭なら大騒ぎして当然の「恐ろしい情報」がスルーされていく。
    まるで恐ろしい「近未来SFの世界」にいるみたいだ。


    もうずいぶん前の話だけど、その頃の僕は、そういう「恐ろしい情報」に、いちいち「目に見える反応」をしていた。漫画の中で叫び、対案を考え、いくつかの運動に協力した。そして、その度にひどい批判を浴びた。
    そんな誹謗中傷に落ち込んでいる時「お金をもらって批判している人たち」の話を聞いた。
    「ある人達」にとって不都合な発言をする人を見つけたら、人格攻撃まで含めて、心が折れるまで追い詰めるという「雇われた人達」がいる、というのだ。

    「金のため」と言われると、どうしようもない無力感に襲われる。
    それはそうだ。お金が貰えなければ、誰も好き好んで「戦争」も「核発電」もしないだろう。

    そんなわけで、お金のために「正論みたいな事」を言ってる人が溢れてて、まともな精神じゃ「人間不信」になるしかない。

    これは恋愛なんかにもある話で、色々言っているけど、結局は「お金を持ってる結婚相手」を探している女に、愛を求めるなんて、虚しくなるしかないのだ。

    その笑顔も優しさも、もっともらしさも全ては「お金のため」って社会は、行き着く所「何も信じれれない」という気分でしかないのかもしれない。

    0fe892dea929338dd7254e832644dc1998a5705e


    では、そんな人間不信の世の中で、「絶対に信用できる人」って誰だろう?

    それは「死んだ人」だ。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。