• このエントリーをはてなブックマークに追加

閑人さん のコメント

今晩は。夜分遅くに『ライジング』Vol.8の配信お疲れ様でした。

今週の『ゴー宣』で安倍晋三が官房長官と総理大臣を歴任したときの
所業を詳しく知って、例え難病を患っていなくても一国の首相に
してはいけない危険人物だと改めて認識しました。

そんな過去に未来永劫許されない所業を冒した安倍晋三を
強力に後押しするネトウヨ、自称保守派の言論屋の面々は
それ以上に恐ろしいです。

一国を背負うに相応しい器かどうか検証もせず、
ただ自分たちの心に響く言葉を口にするだけの人物を
賞賛する様子を見てると、パブロフの犬よろしく
訓練された猿を見てるようです。

彼らのことはネトザル、言論ザルと呼んだほうが
相応しいと思います。
あ、でもそれだと猿に失礼か。

自分はあんな風にならないよう、ゴー宣片手に
彼らを反面教師にしてリテラシー能力を鍛えていきます。


『今週のAKB48』で紹介された「軽蔑していた愛情」がいじめられ自殺を
歌った曲だと知り、震災だけでなくイジメのことも歌っていたことに
驚くと同時に、紹介された歌詞の内容が自分が思っていたことと
合致することろがあり、作詞した秋元康氏の観察力には唸らされました。

[AKB白熱論争」で濱野氏が初音ミク方式でAKBの曲を作ることを
提案していましたが、自分が聞いた限りではボカロ系は内に向けて、
AKB48は外に向けて歌ってる印象があり、社会問題もAKB48に歌わせる
秋元氏を納得させる曲ができるのか疑問に思いました。

昨日シングルCDを注文したので、届いたら早速聞いてみます。

今週も盛りだくさんの内容で時間が経つのも忘れるくらい面白くて
ためになりました。

更に今週の金曜日から生放送を開始と知り、嬉しさと楽しさ二倍二倍です。

外は冷え込むようになってきたので、よしりん先生を始めスタッフの
皆さん、服装を暖かくしてお身体ご自愛ください。
No.28
123ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第8号 2012.10.9発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・ 小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、 AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?) 「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、 漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと 紹介する「よしりん漫画宝庫」、『おぼっちゃまくん』があなたの 人生相談に真剣回答!「おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに 生きるぶぁい~」、読者との「Q&Aコーナー」、秘書による よしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。 (毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※今週の「ゴー宣」は大論文!!安倍晋三支援者たちの正体、そして  安倍氏が総理時代に残した数々の禍根を徹底的に暴く! ※単なる可愛い子ちゃんの集団ソングではない!「今週のAKB48」は  アイドルソングの概念を超えた、AKB48の楽曲の凄みを論じる! ※「おぼっちゃまくん人生相談」は怒濤の3悶回答!「父は娘に  『恋愛禁止ルール』を設けるべきか?」「泥酔すると危険な領域に  入り込む自分はどうすればいい!?」「女性と付き合うと  『そんな人とは思わなかった』と言われてしまう自分にアドバイスを!」  さぁ、おぼっちゃまくんは迷える子羊たちにどんな答えを示したのか!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第9回「言うだけ番長の亡国連合を叩け!」 2. 今週の一品・7品目「コーヒーフロート」 3. 今週のAKB48・第9回「シリアスな歌の凄み」 4. おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに生きるぶぁい~   第9悶&第10悶&第11悶 5. よしりん漫画宝庫・第8回「『異能戦士』②『80年代』との格闘」 6. Q&Aコーナー 7. 今週のよしりん・第8回「よしりんを憂鬱にさせること」 8. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 9. 読者から寄せられた感想・ご要望など 10. 編集後記 第9回「言うだけ番長の亡国連合を叩け!」   「ネトウヨなんかを相手にしなくていい」 という意見は半分納得 できるんだが、もう半分は肯んじない。  まず単純にこう考えられないだろうか?   電車の中で騒いでる人がいたら、注意するのが基本的な大人の常識で あると。  ネトウヨはノイジー・マイノリティ(五月蠅い輩だが、あくまで少数者) である。だが世間は無関心な大人が多すぎるからこそ、その「行動する」 騒音は存外効果を発揮する場合もあると警戒しておいた方がいい。  そして、今やネトウヨは右派言論と共振し、あろうことか自民党の議員 にも一定の影響を与える存在になっている。  例えば、片山さつきや西田昌司や稲田朋美や安倍晋三など、ネトウヨ との共闘が疑われる政治家は多い。   現に自民党の総裁選では、ネトウヨが安倍晋三を強力に支援し、石破茂 陣営に 「なぜ石破氏を支持するのか?」 と詰め寄る電話攻勢をかけたり、 石破氏を誹謗する怪文書まで流して、石破氏の選挙活動を妨害した。  そして安倍総裁が決まったときには、自民党本部に集結したネトウヨが 歓声を上げ、その声に応えて安倍の側近が出てきて感謝したという。         ネトウヨは自民党タカ派議員のサポーターである。  ネトウヨを批判するのも、自民党を批判するのも、自称保守論客を批判 するのも、もはや同じことだ。  今や自称保守派の言論人は、ネトウヨとほとんど同レベルにまで劣化 しているのだから。  櫻井よしこが理事長を務める「原発ブラボー団」こと公益財団法人 「国家基本問題研究会(国基研)」が10月2日付で「提言」を発表して いる。  9月23日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに載った野田首相 のインタビュー記事中に、慰安婦を 「Sex slaves(性奴隷)」 と説明 する記述があるのに、なぜ訂正を求めないのか、直ちに削除を求めるべき だというのだ。          おいおい、抗議する相手が違うだろう。   国際的に 「慰安婦」 とは 「性奴隷」 であると いう認識を定着させたのは、お前らの大好きな 安倍晋三ではないか!!    
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!