• このエントリーをはてなブックマークに追加

諫議大夫さん のコメント

今日(10月4日)の産経新聞で、1面と5面を使って生前退位についての特集が組まれていました。
この記事を書いた人は、田北真樹子、広池慶一、奥原慎平の3記者で、署名がしてありました。
よしりん先生はブログで「田北真紀子(10月4日21時現在原文ママ)、奥原慎平」と議論する旨を書いておられました。

わたしは、この田北真樹子、広池慶一、奥原慎平の3記者が気になってネットで調べてみました。
そうしたら、なんと、この3記者、皇室について全くの無知であるばかりか、御3方それぞれが全くのトンデモな人物であることが判明しました。なので、報告します。

【田北真樹子について】

※「慰安婦問題」で、(慰安婦=性奴隷)説を決定づけた張本人の弁護士戸塚悦朗に詰め寄るも、戸塚に「産経新聞は社論がだめ。話しても無駄」と軽くあしらわれる(2014年7月)
http://www.sankei.com/politics/news/140727/plt1407270012-n1.html

※阿比留瑠比氏と思想的な接点、共通点がある。
www.facebook.com/rui.abiru/posts/805409916170328

※アジア情勢、とりわけ東南アジアと中国の関係についての記事が多い。
http://www.sankei.com/world/news/150605/wor1506050045-n1.html
など。

※慰安婦「日韓合意」について周回遅れの見解(2016年1月)
http://www.sankei.com/premium/news/160117/prm1601170016-n1.html

※「身内」である加藤前ソウル支局長を救うため岸田外務大臣を通じて安倍総理に「嘆願」。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000262.html

※あるブログの評価によると、田北記者は「男らしい」記事を連発する記者だそうである。
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/354.html
このブログにはほかにも興味をひくことが書いているが、省略する。

田北記者と皇室に関連する記事は、ネット上には、見られなかった。

【広池慶一について】

※機動隊に1日体験入隊も、3時間でヘタレる(2015年6月)
http://www.sankei.com/region/news/150630/rgn1506300026-n1.html

※内閣危機管理監への取材や、地元静岡で起こった袴田事件の取材。
http://www.sankei.com/affairs/news/160520/afr1605200058-n3.html
http://www.sankei.com/region/news/141228/rgn1412280050-n1.html
皇室への取材とは縁遠い。

※【外交・安保取材の現場から】
中国から離島を守れ! 韓国に対馬の不動産を買い占められた過去を教訓に、政府が対策に本腰を入れ始めた
→後に誤報、捏造であることが判明
http://www.sankei.com/premium/news/160807/prm1608070025-n3.html

※こちらがその誤報を告発した動画。「産経が「尖閣諸島国有化以降、中国公船の領海や接続水域への侵入は常態化」と誤報 」
https://www.youtube.com/watch?v=tm1yB_1tTMU
>広池慶一という記者が、(中略)「平成24(2012)年9月の尖閣諸島国有化以降、尖閣諸島の領有権を主張する中国公船の領海や接続水域への侵入は常態化している」と書いた。だがとんでもない誤報である。中国が尖閣海域に初めて公船を領海侵入させたのは2008年12月で、2010年9月の中国漁船衝突事件以降、公船の接続水域への進入を毎月のように常態化させた。2012年9月の国有化までの間に、領海侵入も3~4回している。国有化の2年前から既に中国は、公船派遣を常態化させていたのであり、この事実に目を瞑ってもらっては困る。
(中略)極左の朝日はわざと誤報して(中略)いるが、保守の産経までもが誤報するのはどういうことか。産経は、この記述は早急に訂正すべきだ。<

中国を煽るためなら、捏造も平気でやる、トンデモ記者である。
そして、広池記者と皇室に関連する記事は、ネット上には、見られなかった。

【奥原慎平について】

※よしりん先生の故郷・福岡の産経九州総局の記者。

※長崎県佐世保市の共産党市議が「しんぶん赤旗」の購読を市職員に勧誘していたことをスクープ
http://www.sankei.com/politics/news/150206/plt1502060026-n1.html

※読売に同姓同名の記者がいたらしい。読売の同姓同名さんは後に退社したとのこと。
https://mobile.twitter.com/lfoalpha/status/611473275722465280

※【炭鉱物語】韓国”被害”協調に「出身地『差別』なかった」元女性炭鉱社員語る(2015年6月)
http://www.sankei.com/west/news/150621/wst1506210032-n1.html

※(2014年6月以前か?)「自治体基本条例、狙いは『国家解体』か?」
─リンク切れ

※ヘイトスピーチの反韓デモと反対派が一触即発状態になり、奥原記者が巻き添えを食らう
http://www.sankei.com/affairs/news/160620/afr1606200009-n1.html
結局、この記事は、何を書きたかったのかよくわからない。反対派の声に耳を傾けるフリをしながら、桜井誠の新刊本発売をちゃっかりヨイショしている。

※総じて、「半島系」にまつわる記事が多いが、一方で…

※佐賀・武雄、「ツタヤ図書館」逆風やまず 根っこにトップダウンへの反発(2015年10月)
http://www.sankei.com/region/news/151008/rgn1510080047-n1.html
この中で、どう考えても無理がある「ツタヤ図書館」の不備の責任を、奥原記者は当時の市長に全面的になすりつけた上で、さらに次のように書く。
>「…とはいえ、武雄市のツタヤ図書館が、地域のにぎわいづくりに寄与したのは間違いない。市はツタヤ図書館がもたらした25年度の経済効果を20億円と弾く。武雄市が「地方創生のロールモデル」(稲田朋美・自民党政調会長(当時の肩書))といわれるまでになったきっかけも「ツタヤ図書館」だ。<
なんと奥原記者は、稲田朋美をヨイショしているのだ。奥原慎平は、新自由主義を全面的に支持し、それを実現しようとさせる現政権に一生懸命すり寄っている。

そして、奥原記者と皇室に関連する記事もまた、ネット上には、見られなかった。
私見だが、奥原という男は「女性天皇、女系天皇を認めたら、韓国人と結婚してしまうから反対だ」なんて言う不敬な妄想を抱いているクチかもしれない。
あくまでわたしの想像ですが。

田北真樹子、広池慶一、奥原慎平の3記者は、皇室のことに関してはド素人であり、そもそも過去に皇室について取材した形跡がネットの記録に残っていないという、畑違いもいいところの記者たちであり、さらに驚くべきことは、この3人の記者は、最早化石化した論調に未だにすり寄っていたり、記事を捏造していたり、現政権をヨイショしたりするようなトンデモ記者でした。

このようなトンデモ記者を相手に議論すると仰るのなら、わたしは止めませんが、それならばアドバイスとして睡眠薬を常備することをお奨め致します。皇室のことに九分九厘無知であろうな人物と対話して、不愉快で虫酸が走る結果になろう事は十中八九目に見えているので、先生が怒りで眠れなくなることは容易に想像ができます。
従って、わたしは、もし先生が3記者と議論するなら、仕事に差し支えないようにするために睡眠薬を常備することを推奨します。睡眠薬の飲み過ぎで憤死するほど先生が弱いタマでないと、信じています。
No.119
62ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第195号 2016.10.4発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが見舞われたヘンテコな経験を疑似体験!?小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…9月30日深夜、「激論!象徴天皇と日本の未来」をテーマに行われた『朝まで生テレビ!』に出演した。今回は向かい側に「Y染色体カルト」のツートップ、八木秀次と竹田恒泰がそろい踏みである。どうなることかと思ったが、相変わらず竹田が天皇陛下の生前退位を一代限りの特措法で簡単に解決などと乱暴な主張を繰り返すのに対して、冒頭で八木が特措法にはっきり反対したので驚いた。「特措法では裏口入学と裏口即位になる」ということまで認めたのだ。そして今回の「朝ナマ」で特に活躍したのは、先月に引き続き登場した弁護士の萩谷麻衣子さんと、国際政治学者の三浦瑠麗さんである。今回はこの女性二人の発言を中心に、議論をまとめておこう。 ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…少女売春の当事者たちが企画・主催する「わたしたちは『買われた』展」という企画展がある。援助交際や、JKビジネス(JK=女子高生)などで「売春」した体験を持つ女子中高生たちが、自らの体験や胸に抱える思いを表現する展示会である。展示作品からは、「売春」の背景に想像を絶する貧困状態・劣悪な家庭環境等があることが伺える。ところが、この企画展は多大なバッシングを受けたようだ。その主張の多くは「自己責任論」である。確実に格差社会が拡大している現代日本の現実を直視せよ! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!漫画を描く上での鉄則ってある?秋祭りの季節、好きな露天は?ベッキーの活動復帰をどう思う?ぼくの中学校の社会の先生がサヨク!どうしたら良い?中学生の頃どんなマンガを読んでいた?プロ野球の優勝チームのビールかけは批判されるべき?ゴジラシリーズで好きな作品は何?私のクラスの皆は「おはよう」の挨拶がとても小さい!なぜ朝は元気がないの?皇太子さまとの禁断の夢…これは何を表している?好きなおにぎりの具は何?一番好きな季節は?先生はやはり「少し危険な香り」がするの?〈9歳少女の主張〉告白やプロポーズは男がすべき!女の人が待たないと、男は勇気を出さないようになる!…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第190回「女性の活躍で圧勝した『朝ナマ』の議論」 2. しゃべらせてクリ!・第153回「スーパー幼児・伝達ちゃんのご用事配達ぶぁ~い!の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第16回「わたしたちは『買われた』展のこと」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 第190回「女性の活躍で圧勝した『朝ナマ』の議論」  9月30日深夜、「激論!象徴天皇と日本の未来」をテーマに行われた『朝まで生テレビ!』に出演した。  先月に引き続き2か月連続の天皇をめぐる討論になるが、今回は向かい側に「Y染色体カルト」のツートップ、八木秀次と竹田恒泰がそろい踏みである。  どうなることかと思ったが、相変わらず竹田が天皇陛下の生前退位を一代限りの特措法で「一発でバシッと解決」などと乱暴な主張を繰り返すのに対して、冒頭で八木が特措法にはっきり反対したので驚いた。  八木はさすがに憲法学者の矜持は残っていたのか、「特措法では裏口入学と裏口即位になる」ということまで認めたので、竹田はすっかり機先を制せられた形となり、議論が進んでいった。  今回の「朝ナマ」で特に活躍したのは、先月に引き続き登場した弁護士の萩谷麻衣子さんと、国際政治学者の三浦瑠麗さんである。今回はこの女性二人の発言を中心に、議論をまとめておこう。  萩谷氏は、皇室典範の改正をせずに、特措法で譲位を実現してしまった場合に生じる問題点を列挙した。  まず皇室典範第8条には 「皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という」 という規定しかなく、 皇太子殿下が即位した場合には、秋篠宮殿下は「皇太子」にも「皇太弟」でもなく、単に「秋篠宮家の当主」という扱いにしかならない。    そうなると、第11条2項に 「親王(皇太子及び皇太孫を除く。)、内親王、王及び女王は、前項の場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる」 とあり、 秋篠宮殿下も悠仁さまもこの対象となるから、皇室を離れることが可能となってしまう。     さらには皇室経済法の内廷費の問題がある。皇室典範を変えなければ秋篠宮家に「内廷費」は出ない。  これらの点について、皇室典範に付則をつけて皇太子を皇太弟に読み替えるというようなやり方では済まず、 皇室関連法の整合性を取るには皇太子の定義そのものを皇室典範で変えなければ駄目だと説明した。    萩谷麻衣子さん、まったく凄い!  秋篠宮殿下を「皇太弟」にするなら、典範改正しかなく、特に「内廷費」の問題は大きく、現在、皇太子一家が住む「東宮御所」には秋篠宮家とは比較にならない額の「内廷費」が出ている。  典範改正をしないまま、秋篠宮殿下を「皇太弟」と見做し、皇太弟としての公務をお願いしておきながら、今のまま「皇族費」でやり繰りして頂くなど、秋篠宮殿下に対しても失礼である。  さらに、皇太子殿下が即位して天皇になり、愛子さまが皇太子になれないとなると、東宮に勤めていた膨大な職員が首になってしまうのだが、果たしてそんなことが出来るのか?  愛子さまが皇太子殿下になれば、東宮職が今まで通り必要になるわけだ。 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!