• このエントリーをはてなブックマークに追加

kentaroさん のコメント

 よしりんスタッフはもうご覧になったでしょうか、
今日の朝日新聞朝刊のオピニオン「原発ゼロ、米が危ぶむ理由」。

米戦略国際問題研究所〈CSIS〉所長のジョン、ハムレという人物が、記者に、
原発ゼロは誤りだ」とほざいて、もとい、野田政権に干渉していた。
その理由は、

「(原発ゼロだと)日本が貧しい国になってしまう」からだと。

これを見て、ぼくは思いましたね。

『ふざけるな~!』

と。

『アメリカ人に我が国の将来を
とやかく言われる
筋合いはな~い!』

思わずこんなツッコミを入れそうになりました。
また、彼はこうも言いました。


「日本に原子力発電を放棄する選択肢はない」

との御託に、ぼくは

『おいおい、命令かい!』
『敗戦から今まで、アメリカに命令されっぱなしで、
まるで我が国が占領国扱いじゃないか!』

久々に心の底から怒りがこみ上げてきました。
そして彼はとどめに、

「日本は核兵器を経験しているから、核兵器に限らず原子力エネルギーに対しても忌避意識が強いことは理解できる」

などと言うものだから、ぼくは新聞に向かって、


『しれっと言うな!しれっと!
なに他人事のように言ってるんだ!
原爆を落として我が国の民を虐殺したのは、
ほかならぬあんたの国、アメリカだろうが!』

と叫んでしまいました。
そして彼が、

「正直に言って、私は原発より化学工場の隣に住むことのほうが怖い」

と彼が言った時、ぼくは思わず、

『よく言った!
あんた(CSIS所長、ジョン・ハムレ)を名誉町民として、
福島県大熊町、双葉町に招聘して、
福島第一原発の隣に住まわせようではないか!』

と呟いてしまいました。
ツッコミどころ満載ですがこのくらいにしておきます。
原発推進とアメリカとの関係を以前小林先生が述べられていましたが、
小林先生の読みは、早くもこういう形で当たってしまいましたね。
No.34
119ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第10号 2012.10.23発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・ 小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、 AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?) 「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、 漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと 紹介する「よしりん漫画宝庫」、『おぼっちゃまくん』があなたの 人生相談に真剣回答!「おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに 生きるぶぁい~」、読者との「Q&Aコーナー」、秘書による よしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。 (毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※今週は特別に「ゴーマニズム宣言」2本立て!1本目ではなんと、  今話題の「熟女ブーム」を斬る!今回はちょっぴりエロい!?  2本目では日本は今後、何を目指して進むべきかという、  政治的に重要な論点が語られます! ※「今週のAKB48」の「アンチ」についての分析は、自ら  「我ながら良くできてしまった」と言う程の力作! ※「おぼっちゃまくん人生相談」、今週はなんと怒濤の13悶回答!!  小学生の女の子からのキュンとするような悩みから、「命やお金より  大切なものはあるか?」という深刻な話まで、 おぼっちゃまくんが  爆笑回答! 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第11回「熟女ブームを斬る!」 2. 今週の一品・9品目「父の写真」 3. 今週のAKB48・第11回「アンチに罵倒される聖なる少女たち」 4. ゴーマニズム宣言・第12回「日本は何を目指すか?」 5. おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに生きるぶぁい~   第12悶~第24悶 6. よしりん漫画宝庫・第10回  「『タコちゃんザ・グレーテスト』①悪が正義で正義が悪で!?」 7. Q&Aコーナー 8. 今週のよしりん・第10回「『のりぴーに騙された!』事件」 9. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 10. 読者から寄せられた感想・ご要望など 11. 編集後記 第11回「熟女ブームを斬る!」  熟女ブームらしいのである。  ピース綾部(34)が若乃花・貴乃花の母親の藤田紀子(64)と 30歳差熱愛などと報道されたり、男性週刊誌が熟女ヌードを載せたりして、 ブームを煽っている。  お笑いタレントが、熟女が好きというのは、確実に 「ネタ」 である。  実際は若い女と付き合って、結婚するはずだ。  まさか藤田紀子や、70歳過ぎの五月みどりと結婚するはずがない。          「週刊ポスト」に熟女ヌードが載っていたので確認してみたら、 36歳や33歳、31歳である。   冗談じゃない!   30代なんか還暦間近のわしにとったらまだ若い女の部類に入る。  熟女って、少し顔が老けて見えるが、ちょうど食べ頃の女のことか?  「週刊ポスト」の読者ってそんなに若いはずがない。40代、50代だろう。 だったら30代の女が熟女ってのはオカシイ。  熟女の定義が相当曖昧だ。  わしの感覚から言うと、昔は40歳過ぎた女はセックスの対象外だったが、 いまなら40代でも若く見える女はOKで、50代はさすがに勘弁という感じだ。  まさかわしが70代になったら、50代の女もOKになるのだろうか?   ないないないないない!  わしは70代でも、上限40代とする。  だが、そもそもわしが男として終わっちゃうかもしれないけどね。   人間の自然の摂理として、男が女として意識するのは、子供が産める 年齢までのはずである。  そうでなければ、人類は滅んでしまう。   どうやら熟女ブームって、30代で年増に見える女か、40代以上でアンチ・ エイジングの成果のある女に性的興味を持つ男が増えた現象であって、 50代60代以上で年相応のお婆さんに見える女を好きになる男が増えたわけ ではないようだ。  藤田紀子や五月みどりは若作りが上手いが、やはりお婆さんであって、 熟女ではない。  だからピース綾部は本気で口説くつもりなどなく、「ネタ」にしている だけである。   熟女の定義を決めよう。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!