• このエントリーをはてなブックマークに追加

csusukomさん のコメント

アインシュタインの見識

一月半ほど前(9月30日)に,山尾議員に対する報道に関連して,キュリー夫人を襲った不倫スキャンダル騒動を思い出してお知らせしました.山尾倉持両氏の報道騒ぎは収まらないどころかさらに激しくなっているようです.そこで,思い出したことをまた2,3付け加えます.
 
キュリー夫人のスキャンダル騒動に際してソルボンヌ大学やフランスの文化大臣がキュリー夫人を全く擁護しなかったことは前回記しました.実は,2つ目のノーベル賞の際,当のノーベル賞委員会自身も,スキャンダルの勢いに怖気づいていました.ノーベル賞の授賞式にはスウェーデン王室一族が出席しますが,スキャンダル取材に殺到する記者たちによって混乱がおこることを恐れたのです.キュリー夫人に「ストックホルムの授賞式に出席してもらう必要はない.」(注:“頼むから来ないでくれ”)と通知してきたのでした.

そんな中で,今回伝えたいのはアインシュタイン(言うまでもないですが20世紀最大の物理学者,Albert Einstein)が,このスキャンダルに対する激怒を,キュリー夫人に宛てた以下の激烈な言葉で表明していることです.

“Go to Stockholm! I am convinced that you [should] continue to hold this riffraff in contempt...if the rabble continues to be occupied with you, simply stop reading that drivel. Leave it to the vipers it was fabricated for."
「ストックホルムに行くべきです.あなたは,こんな人間のくずどもを軽蔑すべきです.もし大衆があなたにとやかく言い続けるのを止めないなら,そんな戯言はいっさい無視してしまえばよいのです.そんなくだらないことは,それにふさわしい毒蛇(悪人)どもにくれてやるのです.」

このときアインシュタインはキュリー夫人より11歳年下の若干32歳.専門家の間でこそ天才として別格の位置を確立していましたが,ノーベール賞はまだだし,世間的にまだ無名の若造です.しかし,仕事柄キュリー夫人をよく知っており,自分の判断に100%の確信を持っていました.

キュリー夫人が実際にトックホルムに出かけて無事授賞式を乗り切ったことは,前回記したとおりです.(アインシュタインの助言が無くてもキュリー夫人はストックホルムに出かけたと思います.)1年半ほどのバッシング後遺症からキュリー夫人が復活した後,程なく第一次大戦が始まります.そこで(ポーランドについでの)フランスへのキュリー夫人の愛国心が燃え上がります.献身的で学者離れした縦横無人の活躍が、フランス中の庶民から上流社会まで、人々の度肝を抜き,バッシングから一転して、フランスあげての国民的英雄(女性の場合にはなんと言うのでしょう?)に祭り上げられてゆきます。

前回も書いた事を繰り返します.当時から100年あまり経った現在、キュリー夫人を「不倫疑惑の学者」と考える人が世界中に一人でも居るでしょうか。バッシング騒動が結局何だったかといえば、大衆の有名人たたき願望を発行部数の増大に利用しようとした大衆紙が、キュリー夫人を餌食にしただけ,と断言できるでしょう。無意味な馬鹿騒ぎであっても、あのキュリー夫人でさえ押しつぶされそうになったほど危険なものでした。

キュリー夫人のスキャンダルを離れて一般の我々の今の社会を考えても,毎日起こるあらゆる事柄に対して、我々は常に個人としての判断と見識を求められています。その際,まともな判断ができる人が多ければ,その社会は健全で安定でしょう。逆に、おろかな感情や判断に流される人の比率が高くなると,社会が全体の方向を誤りやすく,それが自壊に向かう危険を高めるでしょう.今回の山尾倉持両氏についての異常な加熱報道を見ていると,おおいに危機を感じますが,同時に,ゴー宣道場のような場を基点として,何とかまともな感覚の人間が増えることを祈らざるを得ません.

No.238
76ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第246号 2017.11.7発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…元TBS記者で安倍首相と親交の深い山口敬之氏からのレイプ被害を告発した伊藤詩織さんの著書『Black Box』(文藝春秋)。被害を受けた詩織さんが、ジャーナリストとして世に問題提起しなければならないという使命感から必死の思いで行動し、書き上げたものだ。しかし、彼女に巧妙に寄り添ったふりをしながら同書を推薦しつつ、実は彼女の意志は全否定し政権擁護に利用する、姑息な女性論客がいる。その巧妙な言論を徹底解説!表面的な薄っぺらい言葉の数々に騙されるな! ※「ゴーマニズム宣言」…今回の衆院選でも若者の自民党支持率は高く、若者の「保守化」が進んでいると言われていたが、その若者の心理分析が少々違っていたらしい。読売新聞社と早稲田大学現代政治経済研究所が共同で行った調査では、若い世代ほど自民党を「リベラル」と認識しており、逆に民進党や共産党は保守政党、守旧派だと思っているという結果が出たという。若者は自民党をリベラルと思って支持し、年寄りは保守と思って支持している…なぜこんなヘンテコな現象が起きているのだろうか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!煽り運転をする車に遭遇したらどうする?米大統領にゴルフ接待する意味とは?パソコンばっかりするパパを怒って!創作の原動力とは?古典の名作が著作権切れで無料で読めることは果たして正しいこと?偏食の女性と食事した事はある?チョコに合うのはピーナツとアーモンド、どっち?山尾議員が立憲民主党に入党されなかったのはなぜ?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第55回「伊藤詩織『Black Box』と三浦瑠麗」 2. ゴーマニズム宣言・第251回「若者は自民党をリベラルだって?」 3. しゃべらせてクリ!・第204回「必勝!ぽっくんの選挙演説大作戦ぶぁい!の巻の巻〈後編〉」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第55回「伊藤詩織『Black Box』と三浦瑠麗」  元TBS記者で安倍首相と親交の深い山口敬之氏からのレイプ被害を告発した伊藤詩織さんの著書『Black Box』(文藝春秋)を読んだ。    これまで『週刊新潮』の取材記事と、ご本人の記者会見によって、逮捕状が発布されていた山口氏による性犯罪が警察トップによって握りつぶされていたこと、さらに、山口氏本人が内閣情報調査室の人間に“事後処理”を依頼していたことなど、権力者と性犯罪者の卑劣すぎる共謀関係が報じられてきた。  この本では、被害を受けた詩織さんが、心の傷を負ってボロボロになりながらも、ジャーナリストとして、自身の身に降りかかったことから逃げることなく、世に問題提起しなければならないという使命感から必死の思いで行動し、書き上げたものだ。 「伝える」ことが強い目的になっており、事件の全容とその後の山口とのメールのやりとり全文、独自の調査、浮上する疑問点、デートレイプドラッグの実態、性犯罪被害者をめぐる現状、被害にあった時の対処法などが全体としてかなり精細に、丁寧に、冷静に、そして抑制的な筆致でつづられている。  被害者としての本音を吐露した部分は、本当はもっと痛々しく息苦しいほど濃密な表現を選んでもおかしくなかっただろう。けれど、自己憐憫に陥らないよう踏みとどまり、この事件を“公の問題”としてスポットを当てようとする姿勢は本当に立派だし、並みの勇気ではないと思う。  なかでも、詩織さんが一番かわいがり、この子の将来を守りたいと思い、記者会見の動機のひとつにもなった、年の離れた妹さんが、その記者会見とその後のネット上の中傷などによって傷つき、拒絶反応を示して連絡をとることすらできなくなったこと、そして、詩織さん本人が事件後の一連の経過のなかで、自死を思わせる心理状態を何度も何度も体験していたことは、読み手としてつらく、胸のつまる思いをした。  警察の捜査を経て裁判所から発布された逮捕状が、警察トップからの電話一本で執行中止になり、加害者は安倍政権の御用コメンテーターとして各局ワイドショーで大活躍、被害者本人が顔出しで記者会見を行って不公正を訴えているという大事件。  しかし、なぜメディアはほとんど後追い報道をしなかったのか? 八つ墓村の因習で、女性政治家のスキャンダルには執拗に食いつくのに、なぜ? 「忖度という空気」の蔓延かと思っていたら、本の中で、 政府から明らかな報道自粛要請があった と明かされており、驚愕した。   翌日、知人のジャーナリストからも連絡があった。 「政府サイドが各メディアに対し、あれは筋の悪いネタだから触れないほうが良いなどと、報道自粛を勧めている。各社がもともと及び腰なのは想像がつくが、これでは会見を報道する社があるかどうか……。  でも、会見はやるべきで、ただ、工夫が必要ですね。しかし、なぜ政府サイドがここまで本件に介入する必要があるのか、不可解」  矢継ぎ早の連絡に、気持ちが混乱した。  そんな時、「週刊新潮」の記者に、メディアに対して私の会見に関する報道自粛を求める動きが、水面下で拡がっているらしいと話すと、彼は軽い調子で、 「ああ、知ってますよ」  と言った。「だから何?」というようなその姿勢に、私はとても勇気づけられた。 (伊藤詩織『Black Box』より)  圧力に負けず、取材を断行したのは、「週刊新潮」の記者だけだったのだ。  メディア関係者のなかには 「タクシーでホテルに到着した詩織さんには意識があり、自分で嘔吐物を処理しており、歩いてホテルに入っていった。だから合意のもとでの行為なんだ」 というデマをばらまく者もいたという。  意識不明になった詩織さん(デートレイプドラッグを盛られた可能性がある)が、ぐらぐらのまま山口氏に担がれ、床に足もつかないままホテルに連れ込まれていく様子が防犯カメラの映像として残っており、タクシー運転手、ベルボーイにも目撃されているという事実があるのに、である。  証拠があるのに確かめもせず、デマを鵜呑みにして言いふらすなど、どこのメディアだ? 職務上もっともやってはならないことだろう。 ■政府によるあきらかな被害者弾圧  記者会見を行うと、詩織さんが「共謀罪の審議が長引いて、刑法改正案の審議が遅れている」と発言したのを取り沙汰して、 「共謀罪に言及した政治的な会見だ。バックには民進党がいるらしい」 という憶測がネット上に流れた。その後は、詩織さんのもとに嫌がらせや脅し、誹謗中傷の嵐がやってきたという。  既に連載第40回 「内閣ぐるみ!強姦犯・山口敬之の無罪放免を許すな」 で書いたが、詩織さんに対するネットの憶測と誹謗中傷の元凶は、内閣情報調査室が作り上げ、ばら撒いたデマだということが発覚している。政府は「民進党が党利党略のために告発を仕組んだ」というデマをでっち上げ、チャート図を作ってマスコミに配布していたのだ。 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!