• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

しんやさん のコメント

>>146
横から失礼します。
どのコメントにも納得させていただいています。

懸賞を受け取る際の所作が荒々しい力士は珍しくありませんね。朝青龍は荒々しいを通り越してふてぶてしい態度だったので、「おい、もうちょっと考えろよ」と私も思ってしまっていましたが(笑)
たった今大一番を勝ったばかりの力士がその余韻でガシっと掴んでしまうのはおかしくないし、むしろ力強さやその一番にかけた意気込みや闘志を感じ、(程度によりますが)カッコいいと思う相撲ファンもいます。私がその一人です。

現金の入った懸賞を土俵上で受け取ることが始まったのは戦後であり、大相撲のスポンサー企業の広告宣伝として行われたのがキッカケですね。手刀を三回切って受け取るのが定着したのは昭和三十年代ですから、大相撲を取り巻く環境の変遷とともに成り立ち、今に至るものです。
これを豪快に受け取るか静かに受け取るかで「日本の伝統が、美意識が~」という話題に持っていくのはコジツケではないかという疑問があります。

また、てすさんのご指摘のとおり、優勝インタビューで白鵬が日馬富士の件に触れたのは、本人がインタビューで言ったとおり「力士代表」の立場です。横綱4人中3人が休場しているのですから、ただ一人出場している横綱として、また優勝した力士として、責任感からの発言でしょう。
千代の富士の師匠である北の富士もそう述べています。
http://www.sanspo.com/sports/news/20171126/sum17112618130015-n1.html

「前人未踏の40回の優勝おめでとうございます」に対して「その前に謝罪します」ですから、自身の記録よりもファンに心配や迷惑をかけたことを謝罪する姿勢は、「私より公」の態度であるといえます。

仮にインタビューで言及しなかったとしたら、それこそ「あんな事件があったのに、自分の優勝と記録にしか関心がないのか」と批判が起きていたでしょう。どうしろというのか。

万歳も、暴行事件をきっかけに今場所が中断される可能性もあった(八百長問題で場所そのものの開催が中止されたこともあったのだから)。そうした中でファンの支えもあって九州場所が最後まで開催され、一年を締めくくれた。そのことを皆で祝いましょう、という意味であるようにインタビューの文脈からは受け取れます。
やりすぎ、不適切という感想は理解できますが、その点は協会から叱責を受けて本人は親方と謝罪しているのだから、部外者がギャーコラ言うことか、と思います。
上に貼ったリンクの北の富士のようなコメントで十分でしょう。

そもそも、モンゴル人の横綱に対してだけ「品格」に関するハードルが不当に高い。
鶴竜や白鵬が変化をすれば批判されますが、かつて貴乃花が千代大海を相手に変化をして勝った際には、驚きの反応はあっても批判は起きませんでした。
本音は日本人よりモンゴル人が強いことが気に食わないだけで、その理由付けとして「品格」を持ち出している人が多いように思えます。

次の初場所で、白鵬は横綱在位期間で北の湖の記録に並びます。
大鵬や千代の富士らも長期間在位した偉大な横綱ですが、その三人と比較して白鵬は勝率が断トツで高く、何より休場が少ない。休場を負けとカウントした勝率が八割を超えているのは、白鵬ただ一人です。

白鵬:776勝102敗52休(62場所)勝率 .834
北の湖:670勝156敗107休(63場所)勝率 .718
千代の富士:625勝112敗137休(59場所)勝率 .715
大鵬:622勝103敗136休(58場所)勝率.722

誰がもっとも自身を厳しく律して鍛え上げ、相撲に真摯に打ち込んでいるか。
数字は嘘を吐かないと私は思っています。
No.154
30ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第247号 2017.11.21発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…アイドルをルックスだけで評価することを「幼稚で後進的な女性観」と罵っておきながら、自ら『女政治家の通信簿』で女性政治家の評価基準の一つに「ルックス」を入れている、分裂症ぎみの新宿ホスト風ライター・古谷経衡。果たして、アイドルと政治家の評価はどうあるのが正しいか? ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…今月17日、民泊仲介サイト世界最大手の米国Airbnb社(通称:エアビー社)が、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会から立ち入り検査を受けたという報道があった。そのエアビーを使って大阪で民泊!果たして予約した宿の実態とは!? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!トランプ大統領と懇談された際の天皇陛下のお言葉をどう思う?昔好きだった忍者漫画は?一人旅と集団旅行、どちらが好き?首相に対して異論があっても、大臣になると何も言えなくなってしまうのは仕方がないこと?コンビニにエロ本を置くのはアリ?日馬富士の暴行事件をどう思う?アメリカンニューシネマで好きな作品は?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第253回「アイドルはルックス、政治家は能力」 2. しゃべらせてクリ!・第205回「悪夢ぶぁい! 沙麻代ちゃんが袋小路くんにキッシュ!?〈前編〉の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第57回「“エアビー”で大阪、民泊してみた 後編」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第253回「アイドルはルックス、政治家は能力」  新宿ホスト風ライターの古谷経衡が、「SAPIO(11・12月号)」で『女政治家の通信簿』と題する、愚にもつかない記事を書いている。  記事そのものに対する批判はブログでトッキーが徹底的にやっているのでそっちに任せるが、今回はそれとは別に、記事から一カ所気になったところを取り上げて、考察をしてみたい。  古谷は、政治の世界への女性の進出が一向に進まないのは、女性の側にも応分の理由があると責任転嫁し、こう書いている。   とりわけ女性の政治的自立や自覚が足りない。男性側には、「選抜総選挙」と銘打つ女性アイドルを愛玩動物のように消費する幼稚で後進的な女性観が寡占的で、若手批評家が「アイドルの○○推し」を公言して憚らない時期があった。誰もこれを異常と言わない。女性を個として認識せず、愛玩の対象とする異様性は日本特有のものだが、女性側もそれに異を唱えない。  言論人で「『アイドルの○○推し』を公言して憚らない」者といえば、まずわしのことだと自負してもいいくらいで、古谷も当然わしのことを念頭に置いて書いたはずだが、わしの名前を出して批判するわけでもなく、そればかりか、「若手批評家が」として、わしのことではないかのようにして書いている。そんなにわしを敵に回すのが怖いのか?  それはともかく、AKBの総選挙が女性アイドルを 「愛玩動物のように消費する幼稚で後進的な女性観」 による 「日本特有」 の 「異様性」 の産物だというのなら、ミスコンテストは一体どうなるのか?  あれだって女性をずらっとステージ上に並べて「品定め」して序列をつけているんだから、女性を 「愛玩動物のように消費する幼稚で後進的な女性観」 の産物だと言えてしまうではないか。   ミスコンは「日本特有」のものではない。むしろ海外から入ってきた文化で、世界中で行われているのだが。  90年代、堺市の女性市民団体がミスコン反対運動を起こして、話題となったことがある。  同団体は 「ミスコンは女性差別の集大成」 と主張し、ステージ上にエントリーした女性を並べて審査する方法については、 「昔のアメリカの奴隷制度がまかり通っていた暗黒時代の人身売買のエントリーのしかたと何ら変わりがない」 とまで言っていた。  同団体の運動のために、一時は各地のミスコンが次々と中止に追い込まれたが、今ではかなり復活して来ている。   古谷はこの女性団体と同意見で、ミスコン廃止を訴えているのか?  そもそもこんなこと言い出したら、グラビアアイドルだって成立しない。  グラドルだって、女性をルックスだけで 「愛玩の対象」 としており、 「個として認識」 していないということになってしまう。  もちろんグラビア雑誌だって海外にもいくらでもあり、グラドルが 「日本特有」 の 「異常性」 だというわけでは全くない。  前述の堺の女性団体は、女性をルックスだけで評価するのはけしからんとして、「大切なのは人柄なのよ」と唱えていたが、古谷が言っているのも全く同じことである。  だが、わしはこれをそんなにイデオロギー化しては捉えられない。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!