• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

M.Oさん のコメント

userPhoto
M.O
『ライジング』配信ありがとうございます。
「信者」という表現、恐らくオウムや統一教会といった新興宗教の問題が明るみになり始めた頃から、ネガティブな単語として用いられるようになったのかなと思います。
よしりん先生はオウム信者について、自分の脳を教祖に預けてしまうような愚を犯したのだ、と批判されていたと思いますが、「信者」という言葉にはそういうイメージが強いですね。
古くから存在する宗教については、「キリスト教徒」「仏教徒」という表現が用いられることが多く、こちらは「教えは守るけど、自分の脳(あるいは「個」)は預けない」という区別でしょうかね。

で、「信者」がネガティブワードになった後、ネットが普及してからは、それが他者を誹謗する定番フレーズの一つになったと思います。
思いつくのが、「アップル信者」「ソニー信者」「任天堂信者(略して「妊娠」)」「立川流信者」「FF(ファイナルファンタジー)信者」「エヴァ(エヴァンゲリオン)信者」といったところ。
何となく、「オレはどれだけ売れている製品でも、簡単に手を出さないぜ」という強がり、「世間でこれだけヒットしているモノを、オレは簡単に否定してやるぜ」というカッコつけ、「お前、本寸分からズレてるだけでカッコイイと思ってるんじゃあねえだろうな」という権威主義みたいな感情が、透けて見えます。
ファンはあくまで自分の好みで、商品を買ったり劇場に足を運んだりしているだけのはずですが、ここでも「信者」という表現はパワーを持っているんですね。
「信者ではない。単に好きなモノにカネを出してるだけだ」と落ち着いてコメントを返していた例は、私は見たことがありませんでした。
ひょっとしたら、「信者」という言葉に宿る言霊の力が相当に強烈なのかもしれません。
逆に言えば、誰かを叩きたい側にしてみれば、ムチャクチャ便利な言葉なのでしょうね。
そして、「自分は何者の影響下にもない」という、強い「個」を持ってるアピールをして、「こんなモノにハマるなんて馬鹿らしい」という、ある種のニヒリズムに浸っているのかなと思います。
でも、社会における横のつながりが希薄な「個」なんて、存在しませんものね。

「小林よしのり」に関しては、その論理に納得できるから、と答えればいいし、「アップル」やら「ソニー」やらに関しては、ブランドイメージに惹かれるから、とか、感性が優れていると思うから、という答えで良いのでしょう。
本来、他人からとやかく言われることではないはずなんですが、ネットの普及によって、「ネット主流派」に叩かれたくない、叩かれて訳分からなくなった、という状態に陥ってしまうのでしょうか。
だとしたら、ネットの過度な使用は、「個」を失わせるものなのかもしれませんね。
No.93
10ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
(号外 2018.11.13発行) 【目次】 1. ゴーマニズム宣言・第300回「反知性ワードに動揺する弱い個じゃダメだ」 2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第104回「不思議の国のHanada ②」 第300回「反知性ワードに動揺する弱い個じゃダメだ」 『戦争論』を出版して20年、これまで左翼から何回 「ネトウヨの生みの親」「歴史修正主義」 という言葉を浴びせられたかわからない。  だが、そもそも本当に『戦争論』がネトウヨを生んだと言えるのか、「歴史修正主義」とはどういうもので、それに『戦争論』が該当するのかといった根拠を論理的に示した上でこの言葉を使ったケースには、まだ一度も出会ったことがない。 「ネトウヨの生みの親」も、「歴史修正主義」も、根拠もなくただネガティブなイメージだけを刷り込むための「思考停止ワード」である。  言ってみれば子供が「お前の母ちゃんデーベーソ!」と叫んでいるのと何一つ変わらない、論理を完全に放棄した 「反知性ワード」 なのである。  ネトウヨもネトサヨも全く同じで、誰かを攻撃しようとしたら、ものすごく単純な「思考停止ワード」のレッテル貼りをする。  ネトウヨはわしを含めて気に食わない相手には、誰彼構わず「サヨク」だの「チョーセン人」だのという「思考停止ワード」を浴びせて罵倒する。ただ、特にわしに対して「ネトウヨの生みの親」や「歴史修正主義」のように攻撃力のあるワードは編み出していないから、ネトサヨよりもネトウヨの方がもう一段レベルは低いのかもしれない。   なぜ右も左も思考停止ワードを使うのかというと、それは、論理では戦えないからだ。   どっちも知性ゼロで、論理では絶対に勝てないから、根拠のない負の言葉を貼り付けて軽蔑し、イメージダウンを図るという手段しか取れないのだ。   ところが世間の人間というものは不思議なことに、こんな単純な手段にいとも簡単に引っかかるのである。  そのレッテルは正しいのだろうかと疑問を持つ者もいない。それじゃあ小林よしのりという人は、実際にはどんなことを言っているのだろうと自分で確かめてみる人もいない。  ただ、小林よしのりとはそんな言葉をぶつけられて、軽蔑されている人なのかと思うだけなのだ。  いくらこっちが論理で説いても、右も左も議論から逃げ、ただ悪いイメージがつく反知性・思考停止ワードを貼り付けるだけという攻撃をしてくる。  そもそも「ネトウヨの生みの親」という言葉は、朝日新聞が何度も使った。   朝日新聞がそう言えば、その言葉のみで、左翼は『戦争論』を読みもせず、何も考えもせずに、そういうものだと結論付けてしまう。  かつてシールズの学生と対談したら、いきなり面と向かって「ネトウヨを生み出したことを謝れ」と責めてきたが、この学生は『戦争論』を読んでもいなかったはずだ。  実はその対談には、シールズの学生がもう一人参加する予定だった。そのツイッターを時浦が追跡したところ、その学生は対談前夜、律儀にも『戦争論』を読んでいたが、読んでみて、これはとても勝てないと怖気づいた様子で、当日ドタキャンしていたそうだ。   どんなにネガティブな単語を貼り付けられようと、わしが何を主張しているのかを理解している本当の読者ならば、そんなものに動揺するはずがない。  右も左も、わしの読者のことを 「小林よしのり信者」 と呼ぶが、これなんかはまさにネガティブイメージを貼り付けるためだけの反知性ワード・思考停止ワードである。   ところが実際には「信者」の単語に動揺して、そうは言われたくないと思ってしまう人が出てくる。  ゴー宣道場の門下生にも「自分は信者じゃない」と言い出す人がいるのだが、実はそれはもう、その時点で罠に嵌っているのだ。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!