• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

まじしおさん のコメント

カレーせんべい様

締め切り間近でゴメンなさい。【平成30年度ライジング版「流行語大賞」&「今年の出来事」】

投票させていただきます!

【平成30年度ライジング版流行語大賞 】

◆表現は、毒を含まなければ面白くないのだ (1/30 ゴー宣)

→毒を抜いた表現が好まれる世相に、痛快な喝

◆日本人はどうしても「個人」よりも「世間」が強い (2/27 よしりんブログ)

→何度でも言及される「よしりん格言」自分も日々葛藤の連続であるが故

◆わしはこのゴー宣道場に誇りを持っている (3/13 よしりんブログ)

→独力で突き進める強者たる人が、一般の人間の事を気にかけてくれる姿勢は本当に頭が下がる

◆弱者の気持ちが分かる者こそが本物の強者 (3/22 よしりんブログ)

→やっぱり、よしりん先生からは「惻隠の情」と同等かそれ以上のものを強く感じる

◆死者を含めた民主主義 (4/8 ゴー宣道場)

→ネトウヨはもちろん、リベラルを騙るネトサヨには逆立ちしても理解できない概念

◆「笑い」は全体主義と戦うために重要である (4/29 よしりんブログ)

→全体主義者が「笑い」を嫌うのは、自らの持つ「権力」に対する批判に繋がるからなのだろう

◆社会は不条理だらけで、自分が強くなるしかないんだ (5/25 よしりんブログ)

→その通りとしか言えない。日々自分の弱さを痛感する事が多いので、自戒をこめて

◆小林よしのりの生殺与奪の権利は一般読者が握っている (8/2 よしりんブログ)

→『ゴー宣』ほど読者との双方向性があり、作者との緊張感がある漫画を私は知らない

◆エビデンス・タコデンス・イカデンス (9/30 よしりんブログ)

→今年最も笑った文章。庶民的な感覚を端的に言い表している。さすがプロは違う

◆「小林よしのり」をそんなちっさい物差しで見て欲しくないですね。 (11/20 編集後記)

→身の程知らずが寄ってたかって、見当違いな批評をしてる様は、ホント見苦しいです

【平成30年度 ライジング版・今年の出来事 】

◆1月21日:西部邁氏の自死。小林よしのり、「西部邁氏は立派である」と追悼。

→年明け早々の訃報に驚いた。西部氏の言葉は自分の心に残っているので、本当に残念です

◆4月3日:【ゴーマニズム宣言】が「週刊SPA!」にて23年ぶりの復活連載!

→毎週『ゴー宣』が読める幸せ。追いかけるのが意外と大変という状況をなんとかせねば

◆4月28日:【ゴー宣〈憲法〉道場 白帯】発売。

→『黒帯』と合わせ少しずつ読み込んで、安倍加憲派や護憲派の知性に差をつけてやりたい

◆5月31日:「ゴー宣道場」サイトがリニューアルオープン!

→初めて見たときは「ポップすぎるんじゃないかな?」などと思っていたが、いまやすっかり慣れっこに

◆8月21日:小林よしのりライジング「ゴーマニズム宣言」は時浦兼さんが『〈空気〉を変えたのは『戦争論』だ!』を執筆。

→ライジング始まって以来の珍事。『戦争論』に対する論争が激しかった時代を自分の体験とともに振り返れた

◆9月6日:朝日新聞朝刊のシリーズ「平成とは」の年表の中で、時代を象徴するトピックスとして『戦争論がベストセラーに』と挙げる。

→影響力がいかに大きかったか、天下の朝日新聞が認めた喜ばしい出来事。

◆9月27日:小林よしのり、笹幸恵がゴー宣道場の歴史を振り返る生放送【ゴー宣道場の歴史と承認願望】に視聴殺到。

→自分がした質問の失敗や恥かいた等痛みに耐えながら視聴。反省を通していち参加者として、改めてゴー宣道場への関わり方を考える良い機会だった

◆10月3日:映画評論家の町山智浩が戦争論を「パンドラの箱」と批判。小林よしのりに謝罪を要求。

→ネット左翼は「謝罪しろ」「総括しろ」などと言う割に、『戦争論』に対する議論は絶対にしないという一例。どいつもこいつも善人の振りした卑怯者

◆10月28日:【もうひとつの立憲フェス】が開催される。

→お祭り感が全然ないのがかえって良かった。ゴー宣道場の看板をあえて外した良い事例となったと思う。お助け軍団の皆さまお疲れさまでした。

◆11月29日:古谷経衡、小林よしのりのアイヌ論を「妄想」「学術的な根拠を何ら示さない」「屁理屈」とデマを混ぜながら批判。トッキー&砂澤陣氏から猛反撃にあう。

→本物の「強者」の存在を疎ましく思う「弱者」が、何が何でも引きずり降ろそうとする。まさに「弱者のルサンチマン」の発露が醜悪

締め切りまで1時間余り!まだ投票してない方は、お早めに!!
No.123
9ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第295号 2018.12.11発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…いよいよ明日・12月12日、『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻が発売される。収録した『ゴー宣』については、既に「SPA!」連載時に読んだという人も多くいるだろうが、それでもう読み終えたと思っていたら、ちょっと認識が甘い。実は、これらの作品を1冊の本にまとめたことで、ここに大きな思想的問題が封じ込められたのだが、それがわかるだろうか?この本の中には、あらかじめ重大な矛盾を含ませているのだ! ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…「英語を話せるようになるべき」「英語は有利」とよく言われ、政府も英語教育に熱心だ。世界には約7000の言語があり、その半数が話者数6000人以下の少数言語だというが、特に近年は、グローバリズムという潮流の影響によって「かつて人類が経験したことのない速度で」多くの言語が消滅へと追いやられているという。英語が普及させられたことで混乱の極みに陥った国・フィリピンを代表例に、「英語は有利」は本当かどうか熟考しよう! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!沖縄の基地問題においてももっと「立憲主義」を打ち出すべきでは?北方領土に関するロシア側の理屈(この世に固有の領土なんて存在しない!…etc)をどう思う?町内会の仕事が大変すぎて辞めたい…こんな考えは我が儘?「株価が上がれば雇用が増える」と信じる友達にどう説明すれば良い?皇族の方がもし日本国籍・日本育ちの白人や黒人と結婚しても賛成する?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第304回「『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻の秘密の意義」 2. しゃべらせてクリ!・第252回「歳末募金をスルーできましゅか~!?の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第108回「英語よりまず日本語でしょ」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第304回「『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻の秘密の意義」  いよいよ明日・12月12日、『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻が発売される。  わしが「龍皮」と呼んだカバーの質感や、表紙を開くと出てくる中トビラのかっこよさなどは、電子書籍では味わえない魅力であり、ぜひ手に取って、ブックデザインも込みで楽しんでほしいと思う。  今回の収録作品は、以下の通りである。  第1宣言 復活の狼煙を上げる  第2宣言 西部邁、属国に死す  第3宣言 権力忖度システムの愚劣  第4宣言 立憲的改憲という選択がある  第5宣言 女人禁制は伝統ではない  第6宣言 セクハラより人材だ  第7宣言 枝野幸男・コスタリカ・ガンジー主義  第8宣言 長谷部恭男の愚民思想を撃つ  第9宣言 地位協定と憲法9条  第10宣言 安倍「自衛隊明記」の危険  第11宣言 「自衛隊明記」に潜むコンプレックス  第12宣言 君たちはどう生きるか  第13宣言 オウム教祖・幹部、死刑執行  第14宣言 なぜ高学歴の若者がオウムに入ったか  第15宣言 VXガス暗殺団との戦い  第16宣言 吉本隆明らインテリの犯罪  第17宣言 オウムを利する危険なリベラル   BEFORE 2nd Season  特別収録 教育勅語で道徳は復活しない  特別収録 憲法と山尾志桜里の真実 「週刊SPA!」掲載時とは章立てが異なるので、雑誌連載では「第〇章」、単行本では「第〇宣言」として区別することにした。  雑誌での第13章『明治憲法も押しつけだった<1>』は、<2>以降をまだ描いていないため、それを描いてからまとめて収録する予定である。  各章の間にはトッキー、みなぼんとの「公開密談」や解説、「週刊エコノミスト」で連載した『読書日記』から選んだ3作などを収録。特に巻末の檄文は心して読んでもらいたい。  収録した『ゴー宣』については、ライジングの読者には既に雑誌連載時に読んだという人も多くいるだろうが、それでもう読み終えたと思っていたら、ちょっと認識が甘い。  実は、これらの作品を1冊の本にまとめたことで、ここに大きな思想的問題が封じ込められたのだが、それがわかるだろうか?  この本の中には、あらかじめ重大な矛盾を含ませている。  この本に収録した作品の大きなテーマの一つは、「立憲的改憲」である。  その一方で、わしはオウム真理教幹部の死刑執行に関連して、死刑制度に賛成する主張を展開している。  この二つの主張は、実は衝突するのである。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!