• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

皿うどんボンバーさん のコメント

今週も配信ありがとうございます!
お疲れ様です。

「ゴー宣」読みました。

「ゴーマニズム宣言2nd season」1巻と、SPA!最新号を買ったので、
これから楽しみに読むところです。

雑誌連載時に読んでいただけでなく、
単行本を買ってから分かる仕掛けがあるというところに大期待です。
西洋から輸入した近代国家の思想と、日本古来の慣習に基づく智慧、思想との間の矛盾・・・
これは現在の「ゴー宣」を読んで初めて気付かされた・・・と言いますか、
その入り口に小林先生の表現を通して誘われた、という感覚です。

後出しジャンケンで言うのなら誰でも出来ますが、
先鞭をつけて世に問う、ということは、
やはり小林先生のような卓越した表現者にしか出来ないことだと改めて思います。

「個と公」のことを考えると、公の最大範囲はやはり「国」ということになりますから、
伝統の智慧と公との関係は、切っても切り離せないものになります。
それぞれの国、民族、文化、宗教に、それぞれの伝統と歴史がありますから、
やはり日本人としては、日本の伝統と歴史をまず生活者の現場から見つめなおさなければなりません。

世界の潮流に安易に流されない本当のナショナリズムというものは、
今流行の甘ちゃん右派・似非保守には示すことが出来ないものだと思います。

思想史の歴史に残るであろう「ゴー宣2nd」を、
自分の物として取り込めるくらいまで読み込めることが目標ですが、
まずは肩肘張らずに楽しんで読んで、
かつ、安易な似非保守慰撫本にはないゴーマンにドキドキハラハラしつつ、
学者世間、一部のインテリしか相手にしないような論壇村本には無い、
エンターテインメントとしての知的興奮を味わいたいと思います。


「トンデモ見聞録」読みました。

母国語は単なる「スキル」ではないという重要性に気付かされ、
更に、グローバリズムの波により、人類がかつて経験したことがないような速度で、
あちこちで言語が消滅して行っているということに、
戦慄を覚えると共に、改めて警戒心を意識しました。

「英語は有利」という妄信は、日本国内でも拡がっていることだと思うので、
フィリピンの悲劇は決して他人事ではありません。

言語思想史の専門家である浜口稔教授の言葉を受けての、泉美先生の地方の方言の話から考えても、
地方に住んでいる自分のような者でさえ、
親の世代、祖父母の世代と、自分の世代を比較すると、
方言の濃さというか、語彙のレベルは随分違うなということは、
確かに思います。
「言葉」は、生きていてこそ「言葉」なんですね。

母国語による思考力・理解力をまず確かにすること、
自分を育んだ故郷の言葉を改めて大事に思うこと、
外国語を学ぶとしても、その前にまず身に付けておくべきことを改めて意識しました。

いや、外国語を学ぶような機会が無かったとしても、、
グローバリズムの波を意識する局面は、
生活の場でいろいろと出て来ますし、
その際に、警戒心を持っているのと持っていないのとでは、
大きく違ってくると改めて思いました。

これから東京五輪だ、大阪万博だ・・・と、
ますます「英語が大事」大キャンペーンになっていくような気がしてきます。
政府も自治体もマスコミも大合唱し始めることでしょう。
抵抗する意思を強く秘めながら、生きて行かなければなりません。


追伸:Q&Aありがとうございます!
スカーレット・ヨハンソン・・・アベンジャーズのブラック・ウィドウ役の女優さんですね。
風と共に去りぬの「スカーレット・オハラ」に名前が何か似ているなあと思ったら、
名前の由来だったとは・・・これは知りませんでした。

他の方々の質問と回答では、しおさん、ソラツバさんの質問と回答が印象に残りました。

「しゃべクリ」は、私以外の皆様どれも面白かったのですが、
クリリンがやって来たさんのネタは、テンポも良くてインパクトあったと思います。
流石、しゃべクリの常連さんだなと思いました。

立憲民主党のデマツイートの削除は、ひとまずは「良かった」と思います。
モヤッとしたものは残っていますが。
でも、そのモヤモヤ感が、今後の立憲民主党の働きでスカッと晴れる可能性もまだ残っています。
立民を支える支持者、立民議員の方々、枝野代表の行動に引き続き注目して行きたいと思います。
No.34
9ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第295号 2018.12.11発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…いよいよ明日・12月12日、『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻が発売される。収録した『ゴー宣』については、既に「SPA!」連載時に読んだという人も多くいるだろうが、それでもう読み終えたと思っていたら、ちょっと認識が甘い。実は、これらの作品を1冊の本にまとめたことで、ここに大きな思想的問題が封じ込められたのだが、それがわかるだろうか?この本の中には、あらかじめ重大な矛盾を含ませているのだ! ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…「英語を話せるようになるべき」「英語は有利」とよく言われ、政府も英語教育に熱心だ。世界には約7000の言語があり、その半数が話者数6000人以下の少数言語だというが、特に近年は、グローバリズムという潮流の影響によって「かつて人類が経験したことのない速度で」多くの言語が消滅へと追いやられているという。英語が普及させられたことで混乱の極みに陥った国・フィリピンを代表例に、「英語は有利」は本当かどうか熟考しよう! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!沖縄の基地問題においてももっと「立憲主義」を打ち出すべきでは?北方領土に関するロシア側の理屈(この世に固有の領土なんて存在しない!…etc)をどう思う?町内会の仕事が大変すぎて辞めたい…こんな考えは我が儘?「株価が上がれば雇用が増える」と信じる友達にどう説明すれば良い?皇族の方がもし日本国籍・日本育ちの白人や黒人と結婚しても賛成する?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第304回「『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻の秘密の意義」 2. しゃべらせてクリ!・第252回「歳末募金をスルーできましゅか~!?の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第108回「英語よりまず日本語でしょ」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第304回「『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻の秘密の意義」  いよいよ明日・12月12日、『ゴーマニズム宣言2nd season』第1巻が発売される。  わしが「龍皮」と呼んだカバーの質感や、表紙を開くと出てくる中トビラのかっこよさなどは、電子書籍では味わえない魅力であり、ぜひ手に取って、ブックデザインも込みで楽しんでほしいと思う。  今回の収録作品は、以下の通りである。  第1宣言 復活の狼煙を上げる  第2宣言 西部邁、属国に死す  第3宣言 権力忖度システムの愚劣  第4宣言 立憲的改憲という選択がある  第5宣言 女人禁制は伝統ではない  第6宣言 セクハラより人材だ  第7宣言 枝野幸男・コスタリカ・ガンジー主義  第8宣言 長谷部恭男の愚民思想を撃つ  第9宣言 地位協定と憲法9条  第10宣言 安倍「自衛隊明記」の危険  第11宣言 「自衛隊明記」に潜むコンプレックス  第12宣言 君たちはどう生きるか  第13宣言 オウム教祖・幹部、死刑執行  第14宣言 なぜ高学歴の若者がオウムに入ったか  第15宣言 VXガス暗殺団との戦い  第16宣言 吉本隆明らインテリの犯罪  第17宣言 オウムを利する危険なリベラル   BEFORE 2nd Season  特別収録 教育勅語で道徳は復活しない  特別収録 憲法と山尾志桜里の真実 「週刊SPA!」掲載時とは章立てが異なるので、雑誌連載では「第〇章」、単行本では「第〇宣言」として区別することにした。  雑誌での第13章『明治憲法も押しつけだった<1>』は、<2>以降をまだ描いていないため、それを描いてからまとめて収録する予定である。  各章の間にはトッキー、みなぼんとの「公開密談」や解説、「週刊エコノミスト」で連載した『読書日記』から選んだ3作などを収録。特に巻末の檄文は心して読んでもらいたい。  収録した『ゴー宣』については、ライジングの読者には既に雑誌連載時に読んだという人も多くいるだろうが、それでもう読み終えたと思っていたら、ちょっと認識が甘い。  実は、これらの作品を1冊の本にまとめたことで、ここに大きな思想的問題が封じ込められたのだが、それがわかるだろうか?  この本の中には、あらかじめ重大な矛盾を含ませている。  この本に収録した作品の大きなテーマの一つは、「立憲的改憲」である。  その一方で、わしはオウム真理教幹部の死刑執行に関連して、死刑制度に賛成する主張を展開している。  この二つの主張は、実は衝突するのである。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!