• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

tuudevさん のコメント

 ゴー宣道場の目標に、主権回復・属国体制からの脱却がありますが、「経済復活から」それを狙うというのは正しいような気がします。といっても、道場での藤井先生のお話を聴いて単純にそのまま受け取って、そう思ってしまっただけなのですが。。。経済学は無知な自分ですが、思うに、結局は、国力が衰退したら「 元も子もない 」ということですよね? 
  過去の高度経済成長期とはまた違う意識で、イケイケドンドンではない意識で、"主権回復という目標をハッキリ意識"しながらの地道で慎重な経済復活というものはできないものでしょうか。単に景気が良くなってしまったら、調子こいて有頂天になって、より堕落しそうで怖い(笑)。単に豊かになる経済復活ではなく、"しっかりとしたナショナリズムを醸成"させながらの地道で慎重な経済復活が実現するといいんだけどなぁ。でもどうすればそれが出来るのか、自分のバカな頭ではその方法が思い付かないのですが。
 主権回復を念頭に置いた場合、「経済力」がある国というのは、「基本的にいろいろな事を自前でやれる能力が高い」国のことである、、、という気もするのですが、これで合ってますかね? たとえ今カネ持ちだとしても自前(自国内)でできることが少ないヘタレ依存国家は、もう先が見えているし、足元を見て簡単に脅せるので、経済力がある国家であるとはあまり言えないと思うのですが。 例えば、日本のある技術分野が衰退し、その技術については自前(自国内)で何もできなくなったとして、そこで日本がその技術をどうしても使いたければ、いくら高値でも外国様の言い値を支払って、外国様に頭を下げるしかない。 もちろん全てを自前(自国内)で完全自給自足すべきだとは思わないが、各種の分野で自前でできることをある程度たくさん増やしておくこと、依存度を下げておくことが、主権回復と密接に関わっていると思うのですが。自前主義は時代遅れでこれからはオープンイノベーションだ!国際分業だ!と言っても、やはりある程度は自前(自国内)でできないと、一旦緩急あれば即日本終了になっちゃいそうですし。一方、中国様は、自前主義かつ一帯一路で主権パワー全開で凄そうですけど。
  今とりあえずは日本が債権国でおカネ持ちだとしても、緊縮財政のせいで衰退して、自前(自国内)でやれることがどんどん減っていったら”元も子もない”、外国様にすがりつくしかないジリ貧。仮に「いわゆる国の借金」を返済しようとしても、その返済しようとする行為のせいで国が弱体化してしまったら”元も子もない”し、ジリ貧。というか、返済したらダメだろバカ、ということですよね。
 ジリ貧"感"が漂っていては主権回復など国民は考えづらい。資源の乏しい日本は自動車など輸出して科学技術立国やってたら電気自動車やら自動運転やらAIやらで立ち遅れが目立ってきて、そこに、自動車を輸出したければ農畜産物はあきらめろみたいなこと外国様からまた言われるような始末で、さらに少子化で終わりだぁーのイメージで、日本国としてのジリ貧感がかなりの強さで世に漂っているように思います。
 とにかく、燃料も食糧も防衛力も、最近では科学技術力も、そして移民よろしく人間までをも外国に依存する、依存心の塊に日本はなりつつあるような気がしてなりません。 日本国内や日本国民つまり自分達を自分達で "充実化"するのは高コストで非効率!、そこで、外国や外国人に"依存"すればローコストで効率的!、という感じの、ヘンテコな感覚が蔓延しているような気がします。これじゃ主権回復どころの話ではない。これで国力衰退が続くようでは、観光立国インバウンド需要に期待する位しかないのかも(これも外国人頼みだけど)。そのヘンテコな効率化による経済ではなく、地道な充実化による経済復活ができるといいんだけどなぁ。あっ、、、小林先生の「坂の下の土地を耕せ」を思い出しました。
 あと、仮に日本が積極財政になったとして、それに乗じて外国人カネ持ちや外国企業がたんまり儲けるようなことがあるとしたら気に食わない(笑)。外国企業が入札しまくって掻っ攫っていくとか。
  とりあえず、今回のゴー宣道場を見て、ちょっとだけ希望が湧きました。「日本にはそもそも主権が無いのでどうせ日本が望む経済政策はやらせてもらえないだろっ」などどニヒリズムに陥るのは避けたいところだなぁ(避け難いけど)と思いました。
No.54
6ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第310号 2019.4.9発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…新しい元号「令和」が発表された日の、祝賀ムードの盛り上がり方は本当にすさまじかった。だが、いまの祝賀ムードはただ単にお祭り騒ぎがしたいだけで、空気が変われば人々はあっさり手のひらを返して、皇室バッシングを始めるのではないか?という疑念が晴れない。現に、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚を、何が何でも破談にしたいというバッシングの炎は消える気配もないままで、今度は眞子さまを擁護した妹の佳子さまにまで火の手が広がっている始末だ。なぜ大衆は皇室バッシングに喜びを見出すのだろうか? ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…自身のレイプ被害について実名で綴った『Black Box』(文藝春秋)を出版した伊藤詩織氏は、そのなかで加害者であるとした元TBSワシントン支局長でジャーナリストのY氏に対して、平成29年に民事裁判を起こした。裁判は現在も係争中だが、平成31年2月6日には、Y氏側から反訴状が提出された。伊藤氏とY氏の間にはその証言にいくつもの食い違いがあるが、どちらの証言が信憑性が高いだろうか?裁判記録を徹底分析!! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!ジャズの大御所日野皓正氏のビンタ騒動は体罰?「利己的遺伝子論」に関する本を読むとニヒリズムに陥る?東大通や唐辛子明太が歳をとったらと考えることはある?新元号「令和」に違和感を抱いたら不敬?島根と鳥取の区別はついている?皇族批判をする人々は「皇室の生活費は税金で賄われているのだ」と思い上がっているのでは?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第320回「佳子さまバッシングの卑しさ」 2. しゃべらせてクリ!・第267回「いい運勢占ってクリ!見料に糸目はつけんぶぁ~い!の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第122回「伊藤詩織『Black Box』裁判記録とその検証」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第320回「佳子さまバッシングの卑しさ」  新しい元号「令和」が発表された日の、祝賀ムードの盛り上がり方は本当にすさまじかった。  昭和から平成への改元は、昭和天皇の崩御に伴うものだったから祝賀どころではなかったが、今回は国民こぞっての慶びの中での改元となるわけで、このこと自体はよかったと思う。  だが、わしは警戒心を解いてはいない。  いまの祝賀ムードはただ単にお祭り騒ぎがしたいだけで、空気が変われば人々はあっさり手のひらを返して、皇室バッシングを始めるのではないか?という疑念が晴れないのである。  大衆とは、それほど無節操で残酷なものなのだ。  現に、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚を、何が何でも破談にしたいというバッシングの炎は消える気配もないままで、今度は眞子さまを擁護した妹の佳子さまにまで火の手が広がっている始末だ。  3月22日、国際基督教大学をご卒業されるにあたり、佳子さまが宮内記者会の質問に回答した文書が公表された。  記者の質問の中には「眞子さまの結婚関連儀式の延期をどう受け止めていますか」というものがあり、これに対して佳子さまは 「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」 と、小室氏との結婚を望み続けておられる眞子さまを支持する意向を示された。  そして、続けてこう発言されたのである。 「また、姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています。今回の件を通して、情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています」  一応「姉の件に限らず」とはしているものの、これは誰が見ても眞子さまと小室さんに関して、信頼性のない報道があるということを示唆するものだった。  これに対してメディアは反省するどころか、逆に集中砲火を浴びせたのである。  週刊新潮と週刊文春は競って特集記事を組み、女性セブン、女性自身にも佳子さまバッシングの記事が載った。  これに大喜びだったのが月刊「Hanada」編集長の花田紀凱で、産経新聞3月30日付の連載コラム「週刊誌ウォッチング」にこう書いた。 『文春』は「奔放プリンセス佳子さまの乱全内幕」、『新潮』は「『佳子さま』炎上で問われる『秋篠宮家』の家庭教育」。内容的には『新潮』。 〈「そもそも『公』より『私』を優先なさるお二人の姉宮のご様子を見るにつけ、何より『公』の重要性を理解されねばならない悠仁さまへの“帝王教育”は大丈夫なのか、と不安にならざるを得ない」〉(秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)  いったい何を根拠に眞子さま、佳子さまが「『公』より『私』を優先」しているというのか? そもそも、佳子さまの回答をきちんと読んだのか?  佳子さまは公務について、こう語っておられる。 「公的な仕事は以前からしておりましたが、卒業後はその機会が増えることになると思います。どのような活動に力を入れたいかについては、以前にもお答えしたことがありますが、私が何をやりたいかではなく、依頼を頂いた仕事に、一つ一つ丁寧に取り組むというのが基本的な考え方です。これまで行った仕事は様々な分野のものがありました。大学生活で、一つの分野を集中的に学んだ経験も、幅広く学んだ経験もこれからの仕事に活かすことができれば嬉しく思います」  新潮、文春ともに、佳子さまとご両親の秋篠宮殿下、紀子妃殿下が不仲であるかのように書き立てているが、佳子さまはこうおっしゃっている。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!