• このエントリーをはてなブックマークに追加

おぐちゃんさん のコメント

お忙しいなか、ライジング配信ありがとうございました。
No.50
40ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第338号 2019.12.4発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…これだけSNSをめぐる事件が立て続けに起きたら、いくらなんでももうSNSは危険だ、「スマホは危険だ、それはタバコやアルコールより危険で、麻薬くらいの危険度だ」ということくらいは一般常識になっていなければおかしいのに、なぜその認識は一向に広がらないのだろうか?子供にタバコや酒を禁ずるのと同じレベルで、「子供にスマホを持たせるな」というたったそれだけの常識すら親が守らないということに、最大の問題がある! ※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…11月27日(水)に放送された『NHKクローズアップ現代+』は、性暴力被害者とその家族との問題が取り上げられていた。性暴力の被害者は、恐怖や衝撃や苦悶など、次々と襲い来るさまざまな心理段階のために、自分の被害を打ち明けるまでにかなりの時間がかかったり、もしくは、そのまま記憶の底に封じこめて「なかったこと」として、魂を殺したまま生きていこうとする人も多い。被害を「打ち明ける」という大事なステップで、本来ならば心をあずけて話せる存在であるはずの家族との間に問題が起き、被害者を孤立させるような壁ができてしまうケースがあるというのが、番組の主題とするところだった。果たしてそのような状況に陥ってしまう原因とは何なのだろうか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!小学生のアイドル的存在がユーチューバーであることをどう思う?石破氏も自民党の中で孤立しているの?子供の頃に描いていた友人に見せるための漫画にも、後の作品に繋がるような基盤があったと思う?スマホの機能で「これは絶対に必要だな」と思うものは?日頃の「現場」が忙しく「ボーカル・マジョリティ」になかなかなれない読者はどうするべき?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第351回「スマホの危険度は麻薬に近い」 2. しゃべらせてクリ!・第295回「きよしこの夜、清くない窓の外!の巻【前編】」 3. 泉美木蘭の「トンデモ見聞録」・第148回「NHK『クロ現+』性暴力特集に思うこと」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第351回「スマホの危険度は麻薬に近い」  これだけSNSをめぐる事件が立て続けに起きたら、いくらなんでももうSNSは危険だ、 「スマホは危険だ、それはタバコやアルコールより危険で、麻薬くらいの危険度だ」 ということくらいは一般常識になっていなければおかしいのに、なぜその認識は一向に広がらないのだろうか?  この分では事件の教訓は一切生かされないまま、同じような事件が今後も何度でも繰り返されていくことだろう。  大阪市で行方不明になった小学6年生の女児が約400キロ離れた栃木県小山市で保護され、35歳の男が未成年誘拐・監禁の疑いで逮捕された。  そして男の家にはもうひとり、茨城県内で行方不明になった15歳の女子中学生がいて、こちらは4か月前から男の家で暮らしていたという。  大阪の女児も茨城の女子も、ツイッターで家出願望をつぶやいていて、男はこれに目をつけ、ツイッターのダイレクトメッセージという第三者には見られない対話機能を使ってコンタクトを取り、犯行に及んだのだった。  一方、東京都八王子市では43歳の男が、同様にツイッターで知り合った愛知県豊橋市の14歳の少女を自宅に寝泊まりさせたとして逮捕されている。   これらの事件は、絶対に被害者の親の責任である。  子供にタバコや酒を禁ずるのと同じレベルで、 「子供にスマホを持たせるな」 というたったそれだけの常識すら親が守らないということに、最大の問題がある。  こういうことを言うと、被害者側をバッシングするのかなどと「炎上案件」にされてしまうが、そうではない。やはりこれは親の責任だ。  スマホは超危険物である。  有害サイトなどにアクセスできないように、フィルタリングをかけたスマホを渡す親もいるが、今どきの子供は親よりもずっとスマホの扱いには慣れている。フィルタリングを解除する方法などちょっと検索すれば簡単に見つかり、すぐ突破できてしまうから、そんなものには何の意味もない。  子供にスマホを持たせるな。 防犯用に必要だというのなら、ネット機能のないキッズケータイを渡せばいいだけのことだ。   少なくとも小中学生には、普通のスマホを持たせてはいけない。これは親の常識の問題である。  スマホは危険だということを、親にも子にももっと教育した方がいい。テレビのコメンテーターも、持たせる親がおかしいとはっきり言うべきなのだが、そういうことを言う者はいない。  なぜかといえば、商売優先だからだ。老人から子供まで誰も彼もがスマホを持った方が、スポンサー企業が儲かるからテレビじゃ誰も言わないのだ。   そんなわけでコメンテーターは「ツールが問題なのではない」とか「できてしまったものは仕方がない。使い方の問題だ」とか言うわけだが、この論理は欺瞞である。  中には、交通事故死亡者がいくら出ても自動車をなくすことはできないのと同じで、スマホもなくすことはできないとか言う奴もいるが、じゃあ小学生に自動車を運転させるのか? 車を運転するには、免許がいるじゃないか。 「タバコが悪いのではない。子供にはタバコの吸い方を教育せねばならないのだ」 なんて言うコメンテーターはいないじゃないか!  テレビ朝日の玉川徹は11月27日の「羽鳥慎一モーニングショー」で、いじめを受けて親にも相談できない子供にとっては、SNSは親身になって相談に乗ってくれる人もいて、逃げ場となっているなどと、子供のSNSの有効性を説いていた。  だが、こんな理屈は完全におかしい。たまたまそういう人がいたとしても、 本来は出会うはずのない人間である。 そもそも今回逮捕された男達も、いずれも親にも相談できない思いを抱えて家出願望をつぶやいていた少女に対して「親身になって相談に乗って」いた奴なのだ。   人間は何とかして生身の人間とつながるしかないものだ。それが出来ないのなら、共同体が壊れている社会そのものを問題にしなければならないのに、共同体崩壊は需要すべし、SNSが替わりになってくれるというのはイカれ大人の意見である。  一方、韓国ではアイドルグループKARAの元メンバー、ク・ハラが自殺してしまった。ネットの執拗な中傷のために鬱病を患い、心理療法を受けていたという。  韓国ではネットの中傷がすさまじく、自殺するまで徹底的に追い込んでしまい、重大な社会問題となっている。 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!