• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

na85さん のコメント

 お久しぶりです。na85です。二度と書き込まないと言った私ですが、アンチやストーカーの話題の時には良心が咎めても病身を押してでも出てこざるを得ない気分になります。次号が発行されて数日経ってから書き込むことが私の最後の良心の発露だと理解していただければ幸いです。かつての私の凄まじいアンチぶりを知らない方は、ライジングvol.199「ストーカー気質についての考察」のコメントナンバー146をご覧ください(↓)。私は「この時点」の過去に居座り続ける馬鹿な「人間のクズ」の標本です。ある人はこう言うでしょうか?「まだ生きてたの?」「やはり死ぬ死ぬ詐欺だったな」と。安心してください、今は単なる小康状態ですから。

https://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1131328 (ライジングvol.199)

 さて、今回は私が犯した最大の罪を晒します。私ことna85は、これまで掲示板道場、チャンネル掲示板、コミュニティ掲示板、ライジングコメント欄と、小林先生が関わる全媒体において約10年前からの数年間、訴えてきたことが2点あります。一つは積極財政(ケインズ主義=今で言うMMT、金融政策:日本円発行&財政政策:国債発行による公共投資)は正しい!という経済政策論で、もう一つはCO2温暖化説は虚構!から始まり、森から海までを復活させて地球環境を正常化せよ、という環境政策論です。
 ケインズ主義について私は、リチャード・クー氏の著書を読んだ時点で絶対にこれが正しいと感じ、以後植草一秀氏、三橋貴明氏、中野剛志氏、藤井聡氏と読み継いで自信を深めていきましたが、ここのコメント欄では最後まで受け入れられませんでした。特にアベノミクス(一本目:金融政策、二本目:財政政策)批判の文脈では積極財政による五輪インフラ整備=被災地の復興を遅らせる無駄な公共事業とされ、坂の上のさらに上を目指すような経済成長は諦めるべきだ!というグローバリズム批判と重なって逆風が吹き荒れたため藻谷浩介氏の「デフレの正体」のような世代間の資産移転論にまで後退せざるを得ませんでした。そして、私の個人的な資質の問題も絡んだ問題の末、ライジングvol.199に至るような経緯で私はここを去りました。
 しかし、ケインズ主義政策については、後に小林先生が「ゴー宣2nd」2巻でケインズは正しくハイエクは間違いだとマトリックスで示され、また道場にもMMT論者の藤井聡教授をゲストに招かれましたが、やはり私としては心穏やかではいられませんでした。というのも、ある時期の門弟メーリングリストにおいて確かにna85への反感と敵意が渦巻いており、そのせいで小林先生が積極財政政策について正面から考えてみようという気を削ぎ続けていたのが、まさに私であろうと考えるからです。
 現在までの約10年ほど小林先生が経済についての考えを保留されていたため、反グローバリズムの伝統保守を自称するくせにケインズ忌避・ハイエク絶賛という奇妙な立ち位置の副島隆彦氏(雑誌「正論」の連載作家で、小林先生とは「諸君」で対談したことがある)の経済理論がゴー宣読者の間では正義だったのだろうと想像します。副島氏の反グローバリズムの主張は、外交においては「反米のためには親中が正しい」、経済においては「ケインジアン=グローバリストだから排斥せよ」という奇妙な理論で、私には全く同意できないものでした。また今では反グローバリズムと反緊縮(積極財政)は車の両輪のようなものだと、ここにおられる方も理解されているかと思います。そして今なら、ケインジアンこそがナショナリストで、緊縮論者は皆グローバリストの片割れだと理解されるはずです。
 つまり何が言いたいかというと、もう少し私の「アンチ性」が薄く、私の人格が当時の門弟メーリスにおられた方々のウケが良いものだったなら、そして小林先生に信用される程度に「まとも」な人格だったなら、今頃は積極財政を語る経済のゴー宣スペシャル本の一冊も出ていたかもしれないのです。そのような未来であったなら、2014年の消費増税は行われなかった可能性が高く、庶民の財務省への批判も高まって国債発行による公共投資も増え、建設国債以外の赤字国債が認められれば社会保障・教育・防衛・一次産業保護などの予算も削られず、カネの流通量が増えることで国民の実質賃金も上がり、企業のブラック化も緩和され、少子化・過疎化・東京一極集中も止まり、現役世代の人口が維持されれば消費が活発になり、企業の国内投資が回復してグローバル展開も減り、移民流入に伴う様々なリスクも減り、企業の業績が上がれば外資によるM&Aも防がれ、所得税収・法人税収が上がれば財政も再建され…という正のスパイラル(循環)が起こっていたはずなのです。
 ただし、ここで財政法4条という法律の問題があります。財政法4条は建設国債を除く国債発行を税収の範囲内に抑えることが趣旨ですが、もともと同条項は二度と日本に国債で戦費調達させないためにGHQから大蔵省に下された命令です。建設国債が許されたのは戦災で焦土と化した状態からの復興だけは許されたためです。財政法4条を残したまま積極財政をやろうとすれば公共投資は箱物ばかりとなります。これが共産党や立憲民主党の言う「無駄な公共事業ガ―」の原因です。しかし、行うべき公共事業を行っていたら昨年の台風19号の人的被害や経済的損失を低く抑えられたという事実もあります。
 さて、この10年間は毎年約2~3万人ずつ自殺者が出ていますが、その全事例に生存権(憲法25条)が脅かされるような経済的な理由が含まれるはずです。ゆえに私は単純計算で20~30万人もの同胞を虐殺した罪を背負っている可能性があると感じています。20~30万人と言えば原爆2発分、南京大虐殺1回分です。また虐待やDVも経済状況によって激増しますから、被虐待児の心身の傷も失われた命も私の罪に加算されます。なぜ私がこれらの罪を被ることになるかと言えば、当時の門弟方に疎まれつつ積極財政論を唱えていたna85という存在「さえ」無ければ、やがて直感力に優れた小林先生が経済政策においても正しい回答に辿り着き、重要なゴー宣スペシャル本の狭間にでも経済のゴー宣スペシャル本を著し、また反グローバリズム・反緊縮という正しい経済政策へ向かうためにも米国やグローバル企業の要求を拒否するためにも脱属国が必要だと展開され、やがて現在ゴー宣道場の目標として掲げられる立憲的改憲にも矛盾なく繋がり、積極財政だけでは片手落ちとなる国の独立にもつながったはずだからです。さらにスペシャル本によって山尾志桜里氏にも積極財政が正しく理解され、MMT論者の山本太郎氏が「立憲主義どころじゃない」と発言することも無かったはずなのです。つまり属国化を深めた罪も加算してよいかもしれません。
 以上で述べてきたことが、私こそが日本国と全日本国民に対する最悪のアンチにして小林先生とゴー宣道場に対する究極のアンチであることの証左となります。私が存在することで犠牲になった皆様と、より困難な状況に陥れられた中から公論を立ち上げようとされている皆様に心からの謝罪を申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

 私の罪はルックスを変えて謝罪行脚したぐらいでは絶対に許されない! na85
No.282
7ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第345号 2020.2.11発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…世の中には「アンチ」でいることが生きがいになってしまっている人間がいる。ひたすら過去に拘り、自分の勝手な思い込みで事実を曲解し、相手にされていないのにストーカーのように付きまとっていく…アンチの心理とは一体どういうものなのだろうか? ※「ゴーマニズム宣言」…慰安婦問題は、吉田清治という男さえいなければ、起こらなかったことだったかもしれない。この男が「私が軍命令により、済州島で女性を奴隷狩りのように強制連行して、慰安婦にした」という、全くの嘘をついたことから慰安婦問題は始まった。一体、吉田清治とは何者で、なぜそんな嘘をついたのだろうか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!政府は女性宮家等の創設について、将来に先送りすることを固めつつあるとのこと、庶民に何かできることはある?YouTubeやSNSと表現者の関わり方や、視聴者の変化についてどう思う?裁判員が出した死刑判決を、高裁の裁判官が覆すケースが相次いでいるのは何故?冬の暖房はストーブ派?エアコン派?立憲民主党・安住議員の新聞ランク付けをどう思う?ジャンプ連載『僕のヒーローアカデミア』の「丸太」は謝罪すべきこと?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第155回「アンチと過去に居座る退行の欲求」 2. ゴーマニズム宣言・第360回「吉田清治という男」 3. しゃべらせてクリ!・第302回「芸術の殿堂!茶魔ギャラリーの大公開ぶぁ~い!の巻〈前編〉」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第155回「アンチと過去に居座る退行の欲求」  日々つくづく思うのは、人間の内面というのは、常に正反対の欲求に引き裂かれているものなんじゃないかということだ。  特に思うのは、 「未来に向かいたい」 という気持ちと、 「過去に居座っていたい」 という気持ちの引っ張り合いだ。 「進化・成長したい」という欲求 と、 「退行・安住したい」という欲求 とも言える。  人の集団が 「進化・成長派」 と 「退行・安住派」 に分裂することもあるが、ひとりの人間のなかにも、このふたつの欲求は同時に存在していて、右へ左へと綱引きが行われているのではないかと私は思っている。  人間、大した過去も経験もないうちは、希望ばかり持って未来に向かって生きていけるのだが、つまづいたり、不条理な体験をしたり、怠け癖がついたりしてモチベーションを失うと、その痛みや屈辱、“できなさ”から生じる劣等感などをやわらげるための“言い訳”を探してしまうことがある。 「あの時、ああいうことがあったせいで……」 「あの時にすべてが変わってしまったのさ……」  過去のある時点にあえてスポットライトを当てて、そこに自分の時間を巻き戻し、居座ることで、それより先の未来へと歩いていく大変さを拒絶し、困難から逃避するのである。  こういうことはよくある。若者ならそういった経験から自分の弱さを見つけて成長していくものだと思うが、なかには、いい大人になっても極端に過去に居座りつづける、退行・安住欲求の度合いが異常に強すぎる人がいる。 ***  10年ほど前、新宿歌舞伎町の小さな飲み屋でママをやっていた時のことだ。  ある晩、常連客のひとりだった男性Kが、「許せないジャーナリストがいるんだ」と言いはじめた。自分の命の恩人でもあるAさんを、ジャーナリストJがツイッター上で誹謗中傷しているのだという。  スマホでツイッター画面を見ると、どうやらジャーナリストJが雑誌に書いた音楽業界に関する記事について、その業界で著名なバンドマンAが真っ向反論、それに対してJが上から目線で嘲るような返答を繰り返し、Aが「乗り込む」と脅迫めいたことを書いたことがきっかけで、騒ぎになったらしい。  私にはどっちもどっちにしか見えなかったが、Kは自分自身がバンドマンでもあり、Aを慕っていた。「Aさんは本当に素晴らしい先輩なんだ」と擁護する。男同士の関係性があるのだろう。  だが、そんなKのツイッターを見て、すごく驚いた。KはJに向かって、暇さえあればほぼ数分おきに、ストーカーのようにコメントを書き込んでいたのだ。 「Jさん、Kです。いつ質問に答えていただけるんですか? わたくしの命の恩人、A氏に対する誹謗中傷について、今すぐ謝罪して欲しいんですけど?」 「Jさん、完全にAさんに論破されてますよね。それで無視するなんて、プロのジャーナリストとして恥ずかしくないですかあ? 謝罪していただきたい!」 「どうも、Kです。臭い物にはフタですか? Jさん、あなたの原発取材記事はすべて読みましたよ。次はあなたが僕の質問を読む番です」 「論破されたJさん。原発を糾弾したいなら、自分が悪いことをした時は素直に謝りなさい! いつまで僕を無視するつもりだ!」 「Jさんは実名至上主義なんですね。匿名のツイッターは無視するそうなので、僕は実名にしました。顔も晒しましたよ。さあJさん、早く返事して下さい。もっと論破して追い詰めますよ」  Jからは何の反応もないという。そりゃそうだろう。Kに論破できる気はしなかったが、とにかくJのこと以外は考えられないらしい。ツイッターのプロフィール欄には、中指を立てた自撮り写真を載せて、 「命の恩人Aさんを誹謗中傷するエセジャーナリストJ氏に発言の撤回と謝罪を要求するために、私は実名と顔を出して戦います」 と宣言していた。  だが、さらに驚く話があった。それほどまでに恩人Aさんとの関係性が深いのかと思ったら、Kは 「面識はないよ」 と言うのだ。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!