• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

チコリさん のコメント

.お忙しい中、配信ありがとうございます!
おかげさまで、コロナ禍の中、ニヒリズムに陥らず、正常を保てます。

ノストラダムスの大預言はもちろん知っていますが、
全然信じていませんでした。
なんのために生きてるんだろう?とずっと思って生きていたので、
そんな都合よく人類滅亡できたら、苦労しないからいいけどね、
そう簡単には終わるわきゃない、と思ってたから、まともに読んだことないけど。
表紙は今でも思い出せる。

それより何より、書いた内容が全くの嘘だったことに、呆然としました!
著者は、予言を信じているから書いていると、当たり前に思っていました。
UFOや宇宙人を真剣に信じている人みたいに、真偽はどうあれ、本気で信じているから、
次々に続編が出るんだと勝手に思っていました。

予言間近の頃、たまたま電車で2人の若者がノストラダムスの予言のことを話してて、
ひとりが、「俺は予言を信じてそれで人生設計してきたから、実現しなかったら困る」と言ってて、
マジか、おまえ、大丈夫か、と思いました。

結局当たり前に予言が外れてしまい、著者はどんな気持ちでいるんだろう、
バッシングにあって対応に追われ大変な目にあってるんじゃなかろうか、と思っていました。
(当時自分は、何か大きな問題を抱えてて、世間のことに疎かったし、
テレビは全然観てなかったので詳細は知らなかったのですが、多分電車の吊り広告でも見たかな?)

でも今回ライジングで、
嘘とでまかせだったこと、小銭稼ぎ程度のつもりで書き始めた事。
ブームに乗っても、続編を書き続けたことなどなど。
空いた口が塞がらない。(ブームになれば売れて大金持ち!そりゃ書くよね)

慰安婦の詐話師とはレベルが違うが、
金が稼げりゃいい、それだけで、
自分の書いたものが、人に、社会に、与える影響など全然考えない人がいる、ということに、
今更か、お前と言われそうだが、なんというか、底知れない虚しさを感じる。

嘘もでまかせも、みんなが信じてしまうと、本当になっちゃうんだな。

よしりん先生が書いてたように、人は信じたいものを信じてしまう。
(ルソン島にいた小野田さんも言ってた)
自分に都合のいいものを信じてしまう。
慰安婦の詐話師だって、完全な嘘だったのに、
朝日新聞は検証もせず、記事にして、本当のことにしてしまった。
嘘もデマも、圧倒的に支持されれば、本当のことにされてしまう。

今回のコロナモーニングショーを筆頭に、全マスコミ、専門家、権威者の発言。
無責任に発信する方も、なんの疑問もなく盲信してしまう国民も、
ノストラダムスの予言とおんなじ。

追記
よしりん先生のブログと、サトルさんのコメント読んで、
今日のモーニングショー、観たかったな!

追記2
昨日、ニトリに買い物に行き、店に入ってから、マスク着用お願いしますって張り紙に気づいたけど、
もうわたしは、レジスタンスでマスクしなかった。
みんなみんなマスクしてた。若者2人組だけがマスクしてなかった。
店内ですれ違うとき、チラッと見られたり、振り返られたりしたけど、ふん、知るものか、と思った。
(店側の対応を非難しているわけではありません。店は仕方ないと思います)。
みんなみんなマスクは、統計を取れば、本気で怖がってマスクしてる人と、
同調圧力でしてるだけの人と、どんだけの割合か知りたい。
同調圧力でしてる人の方が多いと私は思う。
長くなってすみません。
No.194
8ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第366号 2020.7.29発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…7月24日、西村康稔経済再生担当相が、酒類を提供する飲食店がガイドラインを守らずに陽性者を出した場合には、感染症法に基づき店舗名を公表すると述べた。完全な脅迫であり、営業妨害だ。さらに具体的に強烈な締め付けを行っているのが、小池百合子東京都知事である。さんざん「悪」として吊るしあげられている夜の街・新宿歌舞伎町は、今どんな有様になっているのか? ※「ゴーマニズム宣言」…新型コロナ騒動で、児玉龍彦(東京大学名誉教授)・岡田晴恵(白鴎大学教授)らの予言は外れ続けている。ひたすら無駄に恐怖を煽るだけで、ひとつも当たらない予言を発し続ける様子は、もうほとんど「ノストラダムスの大予言」みたいだなあと思っていたら、ベストセラー『ノストラダムスの大予言』の著者、五島勉が90歳で死去したという報が入って来た。「1999年7月に人類は滅亡する」という衝撃的な内容で、まさに社会現象というべき一大ブームを巻き起こした『ノストラダムスの大予言』だが、実はノストラダムスはそんな予言はしていなかったのだ。なぜ五島は「人類滅亡の予言」なんて嘘を書いたのか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!前年比で新コロ騒動以降、自殺者数は減少しているけど?日米開戦に至る日本の禍期はどこだった?愛子様が天皇になられるとしたら、結婚相手探しはより困難になるのでは?外国人相手には日本のコロナをどう説明すれば良い?先生の夏バテ対策は?「本人の意思に関係なく安楽死が行われる」という意見もあるけど、そういうことは本当に起きるの?尖閣問題で中国を押し戻す手だてはもうない?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第176回「新宿歌舞伎町と『感染防止徹底宣言ステッカー』」 2. ゴーマニズム宣言・第382回「ノストラダムスの大予言」 3. しゃべらせてクリ!・第323回「ぽっくんを飼ってクリ、支配してクリ~!の巻〈後編〉」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第176回「新宿歌舞伎町と『感染防止徹底宣言ステッカー』」  7月24日、西村康稔経済再生担当相が、 酒類を提供する飲食店がガイドラインを守らずに陽性者を出した場合には、感染症法に基づき店舗名を公表する と述べた。完全な脅迫であり、営業妨害だ。  飲食店にとって、店舗名の吊し上げは、公開処刑と同じである。「ガイドライン」には法的な意味など一切なく、しかも科学的な根拠によって作られたものでもない。そんなものを守らなかったからという理由で、どうして「法律」に基づいて公開処刑ができるというのか。  インフルエンザは毎年10,000人、肺炎球菌は毎年30,000人以上を死に追いやっているが、誰も「殺人ウイルス」と騒いだことなどないし、「飲食店を閉めさせろ」などと言ったこともない。いままで通りに営業したところで、それが日本国憲法における「公共の福祉」に反するとは言えないだろう。   そもそも「集団免疫しかない」という結論に至ったとき、国は、集団免疫の形成に役立っていた場所を潰したということになるが、責任をとれるのか?  西村大臣の発言をそのまま垂れ流すだけのマスコミも、どうなのか。  マスコミにだってガイドラインはある。たとえば厚労省が公表している、 自殺対策のためのメディア向けガイドライン を読んでみると、こうだ。 ●有名人の自殺を報道する際には、特に注意すること ●自殺の報道記事を目立つように配置しないこと。また報道を過度にくり返さないこと ●自殺に用いた手段について明確に表現しないこと ●自殺が発生した現場や場所の詳細を伝えないこと (一部抜粋)  三浦春馬の自殺報道においては、とてもこれらのガイドラインが守られたとは言えない。   したがって、高市早苗総務大臣から「ガイドラインを守らずに自殺報道を行ったため、放送法と電波法に基づき停波する」と宣告されても、文句を言えないという理屈が通ることになってしまう。  自分たちに矛先が向いた時だけ戦って、そうでなければ庶民の人生を踏みつぶす側にまわるようなマスコミなら、害悪でしかないと思う。  さらに具体的に強烈な締め付けを行っているのが、小池百合子東京都知事である。  小池都知事は7月に入ってから、店舗営業者に対して、東京都の発行する 『感染防止徹底宣言ステッカー』 を店舗に掲示するようにくり返し求め続けた。記者会見では、このステッカーの掲示を急増させていくとも述べている。     東京都庁広報課ビデオより  東京ローカルのテレビCMや、YouTubeなどの差し込み広告でも、「このステッカーの貼られたお店を利用しましょう」というCMが流されている。  さらに、7月22日(水曜)の記者会見では、小池都知事自身が 『ガイドラインを守らないお店は避けて! (ステッカーのある安心なお店に!)』 と書かれたプラカードまで掲げて、アピールした。     2020.7.22 時事通信「JIJI.COM」より  このステッカー、報道で見ていたときは、犬を飼っている家が門扉や玄関扉に貼る、狂犬病予防注射済の「犬」シールぐらいの大きさのものかと思っていたのだが、    はじめて街で実物を目にしたとき、驚愕してしまった。  なんと、 1枚の大きさが A4サイズ なのである。    これは、新宿区四谷の雑居ビルで撮影したもの。それぞれの店の看板に、ラミネートされたA4ステッカーがベタベタと貼りつけられている。写真右はカラオケ店の看板なのだが、もはや 「30分:学生140円/一般180円」 という自慢の格安料金よりも、 「感染防止徹底宣言」 のほうが重要なものとして扱われているのだから、その切実さがうかがわれる。  この「感染防止徹底宣言ステッカー」は、発行の条件として、発熱している人間を入店させないこと、消毒備品の設置、混雑回避、換気などの基本的な対策のほか、 ・従業員と客がマスクの着用を徹底/着用していない客にはマスクを配布 ・従業員は、休憩室で対面で食事、会話をしない ・従業員に出勤前に検温や体調確認をさせ、毎日報告させる ・感染者の発生に備えて来場者の把握 ・対人距離をできるだけ2メートル保つ ・客に大声で会話しないよう周知する ・カウンターには遮蔽物を設置する ・キャッシュレス化で接触を減らす ・客どうしのお酌、グラスの回し飲みを控えさせる 等々の対策が記載されたチェックシートの内容をすべて実施することが条件となっている。  さらに、このチェックシートに加えて、業界別のガイドラインに記載されている内容(客入れは今までの50%まで、料理は大皿を避ける、客に連絡先を記入させる、ダンス・シャンパンコールの自粛等)を遵守し、その上で、東京都に対して、以下の項目に同意しなければならない。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!