• このエントリーをはてなブックマークに追加

三味線弾きさん のコメント

号外の配信、ありがとうございました!!
「みんなで頑張ったからピークアウトした」コレ、一番バカ丸出しです(笑)。幼稚園の運動会じゃあるまいし、頑張ろうが頑張るまいが、結果がすべてなのが現実ですが、ニホンヒツジの場合、こーゆー幼稚な自己愛撫がDNAレベルで刻まれているようです。「みんなで頑張った」以外に、合理的な自分の存在理由が見つけられないのでしょう。(´・ω・`;
「反省しない、総括しない、だから何度でも同じ間違いを繰り返す、でもそのことにすら気がつかない。救いようがない。」100万%仰る通りです!!
幼稚な偽善者が「利他」と言うのを聞くたびに、吐き気がする昨今です。利己主義者は、欲望発散型もいますが(σ^^';笑)基本的には自己完結型で、多くはせいぜい自分に被害がなければ他人なんかどーでもいい、といった小悪程度です。
対して利他主義は、本来上皇陛下のように超絶無私でなければ不可能なものですが、 ほとんどの利他主義者が、他人との関わりが不可欠な他人巻込型で、その信仰を他人に強いるようになります。正義のお面を着けて「オマエも利他的であれ」と。そして次第に、本来自分で負うべき責任までも他人に転嫁し、相互依存の甘えが常態化します。
作家アイン・ランドによれば、こーゆー無責任な利他主義者や、自分の価値ある仕事よりも友情,家族,人間関係など他人を優先する人は「感情的寄生者」だそーです(笑)
過剰な利他主義は、全体主義・同調圧力の強力な発生源で、皇室バッシングをはじめとする八つ墓イズムに直結する、日本人の重篤な精神疾患の気がしてます。(´・ω・`;;

データを基にカワイイもくれん先生の『トンデモ見聞録』、もくれん先生の国語力のなせる技が凄まじすぎます。(≧▽≦;!!
もう宮坂氏は、自分の言説が息子を殺してしまったことを認められなくなってしまっているのでしょうかね。事実は事実、現実は現実として、いまからでもプロの矜恃を見せてほしいのですが...(´・ω・`;
元々重症化しやすい人とそうでない人で重症化率を比較しても、全く無意味ですね。こういう数値の詭弁は常識や国語力をフル動員して見抜かなければならないのが学者の本業ですが、専門バカすぎて価値ある仕事ができないのでしょう。
『コロナとワクチンの全貌』で井上先生も仰っていましたが、発症までに時間のかかる珍コロで「行動制限」なんか、素人が想像してもアホ臭い対策です。宮坂氏はコートのウンチク以前に「行動制限」の有効性を科学的に説明しなければなりません。
いまだテレビや新聞に出て恐怖を煽り、ワクチンを勧めている人殺し医者や人殺し学者は、早くこの責任をとらないと、「あんた生涯、このこと後悔するよ」です。もちろん、眞子様・小室家ほか皇室バッシングを煽り、荷担し、同調した豚の糞も、バカ医者・バカ学者以上の大罪です。
No.98
16ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
号外 2021.10.12発行 【目次】 1. ゴーマニズム宣言・第438回「コロナデマ大行進・第2回」 2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第232回「現実と乖離してゆく不思議な免疫学」 第438回「コロナデマ大行進・第2回」  先週に引き続き、コロナデマ大行進の第2回である。わしとしてはすでに『コロナ論5』の「戦犯篇」か「総括篇」に入っている。この原稿を『コロナ論5』に使ってもいいし、漫画化して使ってもいい。  この2年、どれだけアホらしいデマが氾濫したかを記録しておかねばならない。来年になってようやく指定感染症の5類になれば、テレビの感染速報がなくなってしまい、しかも「ワクチンの効果で終息した」というデマが横行してしまう。  デマで始まりデマで終わる、マスクと外出規制の全体主義で始まり、ワクチンのファシズムで終わる。そして真相には誰も見向きもしなくなり、またコロナに替わるウィルスが侵入したら、またしてもインフォデミックが繰り返される。こんな馬鹿なことをやってていいのだろうか?  コロナデマも、真のワクチンデマも、片っ端から記録しておくしかなかろう。 ● 若者が会食中に騒いで感染を拡げ、医療崩壊の危機を招いている。 ⇒ デマである。 新型コロナウイルスはACE2受容体に吸着する。従ってメインルートは糞口感染であり、若者が会食中に騒いで飛沫を飛ばしたくらいで、大して感染は広がらない。しかも医療崩壊の危機を招いたのは5類感染症に落とさないから、ただそれだけ。二重のデマで若者に濡れ衣着せて、国家国民の活力を奪おうというのだから、この国の大人はもうダメだ。 ● 小林よしのりが「老人は死んでもいい」と言っている。 ⇒ 悪意でわざと拡散したアンチ・デマである。 わしは「寿命が来た老人が死ぬのは仕方がない」と言ったのだ。「インフルエンザは老人の最後の灯りを消す病気」と言われていたが、コロナも同じだと言ったまで。こんな当たり前のことが受け入れられない幼稚さに呆れるしかない。このデマは吉田豪、町山智浩らサヨクサブカル界隈で流行ったが、こんな幼稚な知性・感性で人物評やら映画評やらをやっていたのだということを、自らバラシてしまったわけだ。 ● 気の緩みが感染を拡大させる。 ⇒ 一目瞭然のデマである。 精神論を唱えるのは科学ではない。10月現在、みんな自粛に耐えきれなくなって、気が緩みまくって、街や行楽地に人出があふれている中で、デルタ株がピークアウトして、陽性者が激減している。その理由を説明できない「専門家」など、全員廃業すべきだろう。 ● インフルエンザとコロナの同時流行が懸念される。 ⇒ 完全に結果が出たデマである。 「ツインデミック」は、ついに起こらなかった。だが、外れた予言は全て「なかったこと」にされる。 ● 変異ウイルスによって指数関数的に重症者・死者が増える。 ⇒ これもデマと証明されたデマである。 デルタ変異では陽性者こそ増えたが(それでも「指数関数的」というほどではない)、重症者・死者の伸びはわずかだった。世界的に見れば、日本の新規陽性者数は「さざ波」だった。それでもマスコミは重症者・死者数をスルーして「感染者数激増!」と煽った。 ● スウェーデンのコロナ対策は失敗したと、国王が認めた。 ⇒ 情報操作のデマである。 何が何でもスウェーデンが失敗したことにしたい世界中のマスコミが、国王の発言を歪曲したのだ。酷すぎるのは、立憲君主が、政府の個別の政策について、失敗だの成功だのとは言わないということすら知らない無知っぷりである。 ● スウェーデンもロックダウンに追い込まれた。 ⇒ さらに酷いデマである。 国王発言の件は、一応は基になる情報があり、それを歪曲したものだが、ロックダウンに至っては何の根拠もない。完全に事実無根のでっち上げだから、一層悪質である。驚いたことにウイルス学の権威とされる宮坂昌之氏が著書の中でこのデマを書いているのである。 ● 政府のコロナ対応のまずさは「ガダルカナル戦」と同じ。 ● 政府のコロナ対応のまずさは「インパール作戦」と同じ。 ⇒ 決まり文句のデマである。 旧日本軍に関する知識など何もないのに、とにかく「旧日本軍と同じ失敗をしている!」とさえ言えばカッコがつくと思っている、薄っぺらいエセ知識人が必ず言う。 ● 「野戦病院」を作らなければならない。 ⇒ 意味不明のデマである。 5類に落とせばたちまちベッドは足りるのに、急ごしらえで設備も行き届かない「野戦病院」を作れって、どこまで転倒しまくったら気が済むのか。 ● ウイルスが弱毒化するのは何百年単位の話。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!