• このエントリーをはてなブックマークに追加
「コロナデマ大行進・第2回」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「コロナデマ大行進・第2回」小林よしのりライジング号外

2021-10-12 14:10
  • 237
fbb3febc3c00f34f3d97e33123fbb11d63ca0b5d
号外 2021.10.12発行


【目次】
1. ゴーマニズム宣言・第438回「コロナデマ大行進・第2回」
2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第232回「現実と乖離してゆく不思議な免疫学」




231ec161f0088a24048e0165517b1ed1b3e5f970

第438回「コロナデマ大行進・第2回」

 先週に引き続き、コロナデマ大行進の第2回である。わしとしてはすでに『コロナ論5』の「戦犯篇」か「総括篇」に入っている。この原稿を『コロナ論5』に使ってもいいし、漫画化して使ってもいい。
 この2年、どれだけアホらしいデマが氾濫したかを記録しておかねばならない。来年になってようやく指定感染症の5類になれば、テレビの感染速報がなくなってしまい、しかも「ワクチンの効果で終息した」というデマが横行してしまう。
 デマで始まりデマで終わる、マスクと外出規制の全体主義で始まり、ワクチンのファシズムで終わる。そして真相には誰も見向きもしなくなり、またコロナに替わるウィルスが侵入したら、またしてもインフォデミックが繰り返される。こんな馬鹿なことをやってていいのだろうか?
 コロナデマも、真のワクチンデマも、片っ端から記録しておくしかなかろう。

若者が会食中に騒いで感染を拡げ、医療崩壊の危機を招いている。
デマである。新型コロナウイルスはACE2受容体に吸着する。従ってメインルートは糞口感染であり、若者が会食中に騒いで飛沫を飛ばしたくらいで、大して感染は広がらない。しかも医療崩壊の危機を招いたのは5類感染症に落とさないから、ただそれだけ。二重のデマで若者に濡れ衣着せて、国家国民の活力を奪おうというのだから、この国の大人はもうダメだ。

小林よしのりが「老人は死んでもいい」と言っている。
悪意でわざと拡散したアンチ・デマである。わしは「寿命が来た老人が死ぬのは仕方がない」と言ったのだ。「インフルエンザは老人の最後の灯りを消す病気」と言われていたが、コロナも同じだと言ったまで。こんな当たり前のことが受け入れられない幼稚さに呆れるしかない。このデマは吉田豪、町山智浩らサヨクサブカル界隈で流行ったが、こんな幼稚な知性・感性で人物評やら映画評やらをやっていたのだということを、自らバラシてしまったわけだ。

気の緩みが感染を拡大させる。
一目瞭然のデマである。精神論を唱えるのは科学ではない。10月現在、みんな自粛に耐えきれなくなって、気が緩みまくって、街や行楽地に人出があふれている中で、デルタ株がピークアウトして、陽性者が激減している。その理由を説明できない「専門家」など、全員廃業すべきだろう。

インフルエンザとコロナの同時流行が懸念される。
完全に結果が出たデマである。「ツインデミック」は、ついに起こらなかった。だが、外れた予言は全て「なかったこと」にされる。

変異ウイルスによって指数関数的に重症者・死者が増える。
これもデマと証明されたデマである。デルタ変異では陽性者こそ増えたが(それでも「指数関数的」というほどではない)、重症者・死者の伸びはわずかだった。世界的に見れば、日本の新規陽性者数は「さざ波」だった。それでもマスコミは重症者・死者数をスルーして「感染者数激増!」と煽った。

スウェーデンのコロナ対策は失敗したと、国王が認めた。
情報操作のデマである。何が何でもスウェーデンが失敗したことにしたい世界中のマスコミが、国王の発言を歪曲したのだ。酷すぎるのは、立憲君主が、政府の個別の政策について、失敗だの成功だのとは言わないということすら知らない無知っぷりである。

スウェーデンもロックダウンに追い込まれた。
さらに酷いデマである。国王発言の件は、一応は基になる情報があり、それを歪曲したものだが、ロックダウンに至っては何の根拠もない。完全に事実無根のでっち上げだから、一層悪質である。驚いたことにウイルス学の権威とされる宮坂昌之氏が著書の中でこのデマを書いているのである。

政府のコロナ対応のまずさは「ガダルカナル戦」と同じ。
政府のコロナ対応のまずさは「インパール作戦」と同じ。
決まり文句のデマである。旧日本軍に関する知識など何もないのに、とにかく「旧日本軍と同じ失敗をしている!」とさえ言えばカッコがつくと思っている、薄っぺらいエセ知識人が必ず言う。

「野戦病院」を作らなければならない。
意味不明のデマである。5類に落とせばたちまちベッドは足りるのに、急ごしらえで設備も行き届かない「野戦病院」を作れって、どこまで転倒しまくったら気が済むのか。

ウイルスが弱毒化するのは何百年単位の話。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他227件のコメントを表示

「愛子さま皇太子への道」特設ページチーム 事務局です。

先日の道場で、高森先生から「選挙期間はチャンスだ」というお話がありました。
すでに動かれている方もいて、素直にすごいなと思います。

しかし、一歩を踏み出すのはなかなか勇気がいるものです。
各々、時間の制約もある中で、自主性だといっても簡単にはできません。
かといって、人を動員して政治家の事務所におしかけるのは「運動」になります。
(「運動」は全否定しません)

そこで、立候補者の事務所に赴いて効果的に主張を伝えることを応援するページを設けました。

皇室のために少しでも頑張りたい!と考える個人を後押しするページです。
https://aiko-sama.com/archives/7531

★立候補者の事務所を訪問しよう!★
 ・いまだからできること
 ・立候補者に訴える意義
●立候補者訪問のポイント
 ・メッセージカードのポイント
●効果的に話を伝えよう!
 皇室の必要性
  【外交】
  【日本人らしさ】
  【社会の安定】
  【法体系】
  【スポーツの大会の重み】
  【女性の活躍】
 皇室の危機
  【次世代の候補者が1人しかいない】
  【天皇になれる範囲が史上最も狭い】
  【対策が無理筋】
  【バッシングから皇室を守る人がいない】
  【皇室は、バッシングばかりされる「やりがい」のない場になっている】
●【体験談】選挙演説で立候補者に会って話してみた!
●【体験談】議員事務所に行ってきました!


個の力を合わせ、1歩でも10歩でも100歩でも前進しましょう!


「愛子さま皇太子への道」特設ページ制作委員会

No.252 1ヶ月前

イタリア在住のミホさんが紹介してくれた、トリエステでのグリーンパス反対デモ。警察が放水に加え催涙弾も使っていますが、デモ隊リーダーの指導で力による反撃は一切していません。
https://youtu.be/fVbl063OZuI

No.253 1ヶ月前

 ☆通常投稿☆
★愛子さまブログ紹介★

みなさん、こんにちは。
「愛子さま 皇太子への道」ブログの紹介です。

◇ブログ紹介◇
●子供の運動会に参加し、愛子さまを想う(ふぇいさん)
・子供の通う運動会は実施でき、準備からかなり充実した様子だった
・愛子さまをはじめ学生に未だに「経験0」といういらぬ負担を強いている
https://aiko-sama.com/archives/7060

●イジメ大好き日本人(三味線さん)
・皇族イジメの犯人は、言論人、芸能人、学者、週刊誌、言論誌、テレビ、傍観して許している日本人
・自分の保身が第一だから、間違いなく同じコトを繰り返す
https://aiko-sama.com/archives/7374
※ふさわしくない表現は伏字にするなどの対応をして掲載しています


愛子さま 皇太子への道
https://aiko-sama.com/

ブログ投稿のご案内
https://aiko-sama.com/blog-bosyu

No.254 1ヶ月前

「コロナとワクチンの全貌」読みました。コロナは口糞感染でノロウイルスと同じ、という井上氏のお話が非常に興味深かったです。自分自身ノロウイルスに感染して以来、感染力は最強クラスのこの厄介なウイルスに対し、常々感染対策に意識を向けていたのですが、感染を防ぐ事は困難と言わざるを得ない、それほどにノロウイルスは強力です。

しかし、新型コロナはそこまでではなく、ノロウイルスと違いアルコールも有効、感染対策もノロウイルスと同じでよい、と言うなら、マスクも、人流制限も、全て不要という事になる。

これまでの感染対策へのもやもやが一気に解消されました。空気感染するならどう考えても感染者の数が少ないし、クラスターの発生ルートも、なぜ介護施設にクラスターが発生しやすいのか、口糞感染なら納得できる。

非常にわかりやすく、また主張内容も納得できる良書でした。

No.255 1ヶ月前

>>252
 私も、議員事務所へ行って参りました。

 L.kさんが書かれていた事を参考にして、メッセージカードと、高森先生のご著書を用意しました。
 メッセージカードの内容はシンプルに、自分の1番伝えたい事を書きました。簡易ハガキのタイプだったので、そこに7行ほど、丁寧に大きな字で。
 住所の面に、自分の住所と名前、電話番号とアドレスを書きました。

 日曜日に、1人の候補者の事務所へ行ってみたら、今は別の事務所へ常在しているとの張り紙があり、そこへ向かったのですが、道に迷い辿り着けませんでした。事務所へ電話をしてみると、秘書の方が出られました。訪問内容を伝えると、「選挙前だから忙しく、選挙後にしてくれ」の一点張りでした。
「選挙前に話しを聞いて頂く事に意味があるんだ」と、粘り、皇室の現状や危機を話したのですが、「それはアナタの考えであり、今は忙しいから」と訪問を断られました。

 昨日が休みだったので、他の候補者の事務所へ行って参りました。
 昨日から選挙活動、街頭演説が本格的に始まったみたいで、大勢の方が準備に追われている様子でした。
 一人目の候補者の事務所は、入口も開け放してあって、逆に凄く入りやすく感じました。
 本人は選挙活動に回られているとの事で、お手伝いを代表されている方(秘書かな)が呼ばれて奥から出てきて下さり、対応して下さいました。60代か70代位の女性の方でした。

 緊張していましたが、ありのままの自分で話そうとしました。冷静にと、情熱は込めてを、意識しました。
 話しをするほど、何となくですが、手応えを感じました。
 本人は、夜8時過ぎに帰られるとの事で、私の生活サイクルも考えて、日曜日に出来るなら電話を下さる事になりました。
 ご本も、喜んで受け取ってもらえ、メッセージカードは「ナイス!」と言われました。

 5分位以上10分以内位、入口の所で話し、帰ろうと事務所を出た時、「お茶でも。お茶でもどうですか?」と呼ばれたのですが、「あ、いえ。」と頭を下げ出てきてしまいました。
 これ、大失敗でしたね…。ここでお茶を頂いてさらに話しをしなければ!

 もう一人、候補者の事務所へ行きました。
 事務所の入口は閉まっていたのですが、中では数人の方が忙しそうに動いていました。
 挨拶すると、代表のような方が出てきて対応をして下さいました。
 初老の男性でした。
 やはり本人は、選挙活動に回られているとの事で、帰りは夜8時過ぎになるとの事でした。

 次は、夜8時過ぎに他の候補者の所へ行った方がいいのかな、と思いました。

 初老の方と話して、最初は蛋白な感じの反応だったのですが、やはり冷静ながらも気持ちも込めて話しをすると、グッと聞いてくれた感じがしました。
 こちらも、ご本とメッセージカードと渡して、お願いをし、帰りました。滞在時間は5分ほど。

 思った事は、やはり、冷静に、落ち着いて、でも気持ちを込めて話すと、聞いて貰える気がする事。
 簡潔なメッセージカードは、とても効果がある気がする事。

 ご本は、「もし宜しければ、読んで頂きたいと思いまして」と、言葉を添えてお渡し致しました。

 また、行けたらと思っています。

 

No.256 1ヶ月前

>>No.255

口糞感染ではなく、糞口感染、でした。
訂正します。

No.257 1ヶ月前

>>256
「眞子さまのご病気のこともあり、今は、世間からすごく注目されています。」
「選挙のアピールにも、充分使えると思うんです。」
「選挙後に、国会で議論が始まる事も決まっています。」
「悠仁さまの所へも、誰も嫁ぐ人が居なるなると思うし、皇統は断裂してしまいます。」
「皇室が、なくなってしまいます。」
「皇室の女性の生きにくさを何とかしたい。眞子さまでご病気になられた方は3人目です。」
「皇室の女性の生きにくさは、女性の生きにくさに繋がっていると思うんです。」

 このような事を話しました。話しながら頭に浮かんできた順に、話しました。冷静に、でも気持ちを込めて。

 行く前に電話をする事は、かえって、良くないんじゃないかと思いました。
 断られる可能性が高まることと、あとアポ無しで訪問(突撃)すること自体に、気持ちが少しでも伝わるのかなと思いました。

No.258 1ヶ月前

>>258
 今、選挙期間なのもあって、アポ無し訪問は、割と普通の事みたいでした。お花を持って来られた方が、居られました。怪訝な顔はされないんだなと感じました。一人、ん?という顔をしたオヤジさんが居ましたが、あとの9割の方々は普通で、忙しそうに自分のやることをやっている感じでした。

 以上、3連投、失礼致しました。
「○ペコッ

No.259 1ヶ月前

怒りしか湧かないような内容であるのに、読んでいくと自然と笑いが込み上げてくる。プロの仕事は凄いなあ。

No.260 1ヶ月前

今更ながら感想を。
よくここまでデマを言い続けられるなと感心しきりです。
そしてそんなデマを信じる人が多数いることに、
人間は真実は求めてないと益々確信が深まりました。

宮坂氏のレインコート発言は目にしていましたが、
それに対して安物と高級ブランドの例えで反論してることに
呆れました。こんな人が免疫学の権威とされていることに、
一体何を基準に権威とされているのか不思議でなりません。

No.261 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。