• このエントリーをはてなブックマークに追加
「コロナデマ大行進・第2回」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「コロナデマ大行進・第2回」小林よしのりライジング号外

2021-10-12 14:10
  • 208
fbb3febc3c00f34f3d97e33123fbb11d63ca0b5d
号外 2021.10.12発行


【目次】
1. ゴーマニズム宣言・第438回「コロナデマ大行進・第2回」
2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第232回「現実と乖離してゆく不思議な免疫学」




231ec161f0088a24048e0165517b1ed1b3e5f970

第438回「コロナデマ大行進・第2回」

 先週に引き続き、コロナデマ大行進の第2回である。わしとしてはすでに『コロナ論5』の「戦犯篇」か「総括篇」に入っている。この原稿を『コロナ論5』に使ってもいいし、漫画化して使ってもいい。
 この2年、どれだけアホらしいデマが氾濫したかを記録しておかねばならない。来年になってようやく指定感染症の5類になれば、テレビの感染速報がなくなってしまい、しかも「ワクチンの効果で終息した」というデマが横行してしまう。
 デマで始まりデマで終わる、マスクと外出規制の全体主義で始まり、ワクチンのファシズムで終わる。そして真相には誰も見向きもしなくなり、またコロナに替わるウィルスが侵入したら、またしてもインフォデミックが繰り返される。こんな馬鹿なことをやってていいのだろうか?
 コロナデマも、真のワクチンデマも、片っ端から記録しておくしかなかろう。

若者が会食中に騒いで感染を拡げ、医療崩壊の危機を招いている。
デマである。新型コロナウイルスはACE2受容体に吸着する。従ってメインルートは糞口感染であり、若者が会食中に騒いで飛沫を飛ばしたくらいで、大して感染は広がらない。しかも医療崩壊の危機を招いたのは5類感染症に落とさないから、ただそれだけ。二重のデマで若者に濡れ衣着せて、国家国民の活力を奪おうというのだから、この国の大人はもうダメだ。

小林よしのりが「老人は死んでもいい」と言っている。
悪意でわざと拡散したアンチ・デマである。わしは「寿命が来た老人が死ぬのは仕方がない」と言ったのだ。「インフルエンザは老人の最後の灯りを消す病気」と言われていたが、コロナも同じだと言ったまで。こんな当たり前のことが受け入れられない幼稚さに呆れるしかない。このデマは吉田豪、町山智浩らサヨクサブカル界隈で流行ったが、こんな幼稚な知性・感性で人物評やら映画評やらをやっていたのだということを、自らバラシてしまったわけだ。

気の緩みが感染を拡大させる。
一目瞭然のデマである。精神論を唱えるのは科学ではない。10月現在、みんな自粛に耐えきれなくなって、気が緩みまくって、街や行楽地に人出があふれている中で、デルタ株がピークアウトして、陽性者が激減している。その理由を説明できない「専門家」など、全員廃業すべきだろう。

インフルエンザとコロナの同時流行が懸念される。
完全に結果が出たデマである。「ツインデミック」は、ついに起こらなかった。だが、外れた予言は全て「なかったこと」にされる。

変異ウイルスによって指数関数的に重症者・死者が増える。
これもデマと証明されたデマである。デルタ変異では陽性者こそ増えたが(それでも「指数関数的」というほどではない)、重症者・死者の伸びはわずかだった。世界的に見れば、日本の新規陽性者数は「さざ波」だった。それでもマスコミは重症者・死者数をスルーして「感染者数激増!」と煽った。

スウェーデンのコロナ対策は失敗したと、国王が認めた。
情報操作のデマである。何が何でもスウェーデンが失敗したことにしたい世界中のマスコミが、国王の発言を歪曲したのだ。酷すぎるのは、立憲君主が、政府の個別の政策について、失敗だの成功だのとは言わないということすら知らない無知っぷりである。

スウェーデンもロックダウンに追い込まれた。
さらに酷いデマである。国王発言の件は、一応は基になる情報があり、それを歪曲したものだが、ロックダウンに至っては何の根拠もない。完全に事実無根のでっち上げだから、一層悪質である。驚いたことにウイルス学の権威とされる宮坂昌之氏が著書の中でこのデマを書いているのである。

政府のコロナ対応のまずさは「ガダルカナル戦」と同じ。
政府のコロナ対応のまずさは「インパール作戦」と同じ。
決まり文句のデマである。旧日本軍に関する知識など何もないのに、とにかく「旧日本軍と同じ失敗をしている!」とさえ言えばカッコがつくと思っている、薄っぺらいエセ知識人が必ず言う。

「野戦病院」を作らなければならない。
意味不明のデマである。5類に落とせばたちまちベッドは足りるのに、急ごしらえで設備も行き届かない「野戦病院」を作れって、どこまで転倒しまくったら気が済むのか。

ウイルスが弱毒化するのは何百年単位の話。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2021-10-12 14:15
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

コメント コメントを書く
他198件のコメントを表示

>>216
個人事業主は給付金10万以外に、100万円の事業補助金を貰っているから!
個人事業主なんてマルマル貯蓄でしょ!笑笑

No.217 11時間前

>>211
護国さま、こんばんは。

 私も、「10万円一律給付」の効果には疑問を持っております。が、これは「額が少な過ぎる」のと「1回こっきり」だったのがマズかったと思っております。
 アメリカが充分過ぎるほどの給付を行い、新自由主義経済に見切りを付け、コロナショックから見事に経済的に回復したのとは対照的です。バイデン大統領は新コロに関しては滅茶苦茶ですが、経済に関してはなかなかのやり手です。

 今の日本に必要なのは、『バラマキ』だと感じます。給付金は人道的な配慮からの視点で語られがちですが、『経済の起爆剤』としての役割が大いに期待出来ます。
 我が国は、20年以上も「緊縮財政路線」を敷いて大失敗しました。世界的な好景気に取り残され、一人負けの状態で、国力も相当落ちてしまったと国民の一人として実感しております。
 今が舵を切る最後のチャンスではないかと思います。積極財政派の理論的な部分に関しては、道場でもおなじみの京大の藤井聡教授が唱えておられますので、割愛させて頂きます。

 ただ、今の日本のシステムのままで積極財政に舵を切ると、超富裕層がブクブクと焼け太るだけで終わりになりかねないとの危惧はあります。
 日本の社会構造そのものを見直さない限り、緊縮財政路線を続けるにせよ積極財政路線に舵を切るにせよ、どんな景気刺激策も通用しなくなって来ているのではないかと思います。

No.218 11時間前

>>211


いえ、デフレ不況を脱却するためにはですが、お金を配るのは有効な手法ではあります。
やり方は重要ですが。(コレについては後述します)

> それを行う‘‘前と後‘‘でこの国の本質的な価値に変化があるのか?

これは非常に良い指摘です。
と同時に、お金というシステムの管理者サイド(通貨発行者)からの視点が欠けている考え方でもあります。
そもそも、お金を発行する側にとっては、お金に価値はありません。だから当然、お金を配ること「そのもの」はなんの価値もないのです。

我々一般人にとっては、お金は原資です。お金を作ってくる、といっても本当に作る事はできず、他所から調達することになります。
それに対して、お金をゼロから作る側(政府や日本銀行)にとっては、お金とは経済を安定的に回すためのツール、道具なのです。道具だからそれ自体に価値があるわけではなく、経済の状況を見て・経済が適切に回るように・総量を増やしたり減らしたりすれば良いのです。

じゃあデフレの時はどうすればいいのか?
社会全体で経済が停滞している状況とは、つまり人々のお金を使う量が減っている状態です。
先程お金を配るのは有効と書きましたが、それには条件があります。
税金からではなく新しく作ったお金を配ることです。
税金から配っちゃったら、結局税金を取られた人はその分お金を使えなくなりますから、意味がありません。

具体的にどうやって新しく作ったお金を使うのか?
日本の場合は2ステップの処理が必要になります。
・まず、日本銀行が新しいお金を作り、そのお金で市中銀行から日本国債を買い集めます。(量的緩和)
そうすると市中銀行からは日本国債が根こそぎ無くなり、銀行市場は「国の借金不足」の状態になります。
第二次安倍政権ではコレを行いました。しかし彼らは肝心の、次のステップを充分に行いませんでした。
・市場が国の借金不足になった状態から、それを解消するかのように政府が新規国債を発行します。コレによって政府は新しく作られたお金を手に入れ、市場の国債不足は解消されます。
なお日本銀行が持つ日本国債ですが、これは永遠に借り換えが出来るので実質無いものも同然です。

この辺りについて、以前進撃さんのところで記事を投稿したことがあります。宜しければご参照ください。
https://shin-geki.com/2021/04/23/ど素人が考える、合成の誤謬から抜け出すための/

No.219 11時間前

>>211
>>219を少し補足しますと、別に何でもかんでもお金さえ刷れば解決する、と言ってるわけではありません。
ただ、デフレというのはお金というシステムの不具合のようなものですから、お金の総量を増やすことで解決するわけです。
お金の巡りが悪くなってる状況を改善するのには有効って話で、要は出血多量で血の巡りが悪くなった人に輸血するようなもんです。
血さえ増やせばどんな問題でも解決するのか!と言われたらそれは違うと答えますが、出血多量で貧血になってるなら輸血すべきです。
その際、足から血を抜いて腕に注入するような真似したら何の意味もありませんわな。税金で賄うってのはそういうことです。

No.220 10時間前

イタリア全土でのグリーンパス反対デモの様子が紹介されています。
https://youtu.be/YHlCYeyptNw

No.221 10時間前

デマだらけの医者にくらべ、長尾和宏先生は、10月から自分は反ワクチンになった!と動画で宣言されてましたね。自分のクリニックでも、高齢者に沢山打ってきたけど、副反応で重症化とか死んだ患者はいないそう。でも、職域などで酷い副反応で悩んで、行き場がなく辿り着いた若い患者を診るようになって、考えが変わったと。打って死ぬかもしれないワクチンなど、打たん方がええと。今すぐ辞めるべきと。「デマです」の医者たちは、絶対に自分の考えを変えない。その人たちに比べ、立派な人だな、と思いました。
今日の動画のメッセージは、ワクチンイズオーバー、もうワクチン終わり。ワクチンの事は忘れましょう。老人を守ったかもしれない事で十分役割を果たしたと。獲得免疫でなんとかしようとかいうフェーズではない。自然免疫を鍛えて、インフルとか他のウイルスにも備えなきゃいけないと。うん、当たり前のことをしか言ってないなぁ。でも、当たり前の事を人前で言える医者がいないから、この人は好きだ。

No.222 8時間前

昨日ののモーニングショー、
コロナについては「新型コロナ第6波対策政府の取り組み」
玉川氏 検査の徹底を!以外は、一貫して覇気がない。
石原、山口両氏のコメントもグダグダ、可もなく不可もなく無難なコメント。

岸田「go to 週末利用を避け平日利用を促す」「中小零細の宿泊施設の利用を誘導」
山際経済再生大臣「今の状況が続けば、早ければ11月には、なんの制限もなく様々な生活ができる」

「政府の取り組み」
◯感染拡大時強い行動制限」
◯自宅宿泊療養者を医療機関が観察診療
◯中和抗体薬の確保、経口薬の年内実用化
◯幽霊病床の実態把握

幽霊病床については、パネル上、
日本医療福祉大学 松本哲也教授
自治体が病院に無理を言った面もあるのではないか。
病床を確保しても人手が足りないから動かせない。
(松本氏、トンデモ見聞録ちゃんと読んでるー?)

これからの2ヶ月が大事。ワクチン接種をさらに進め、病床確保だけではなく、人材人材育成をしなければならない。

石原氏
今までと違って、なんとなく感覚として元の生活に戻れるんじゃないかという感じがある。とは言っても、アルコール、衝立、マスク、バスツアーでの黙食など、あたりまえの景色になっていくんじゃないんですか。(要約)

山口氏 中長期的な対策がなんとかかんとか。(コメントの価値なし)

玉川氏
経口薬は、軽症、無症状の段階で発見し、重症化させないことが大事、
本来であれば備えであれば、税金の使い方は、PCRを増やしてちゃんと検査できるようにしていくことが大事、そこを徹底してほしい。そこにお金を使うんであれば、Go To の方は、別に感染が抑えられれば勝手に行きますから。
コロナの前勝手に行ってましたからね、みんな。

デトロイトトーマスの調査と分析によると、3万以上宿は45%、それ以下のところは15%しかなかった、つまり、高級旅館ばかりお金がいったと。逆にいえばね、余裕のある人が、高級旅館に安く行けたというふうな傾向があるみたいなので、それでは中小の助けにはならないわけで、どうしてもやるならその辺を徹底してやってほしい。

石原氏
「感染拡大の強い行動制限」と言ったって、同じである必要性はなくてね、検査との組み合わせとか、平時こそ検査を動かしてどんどん実施して行くことができるんじゃないですか。これを一貫して検査をやらないってずーっと、去年の4月から言ってて、政府は変えないんだね、これはなんなんですかね!?

玉川氏
安倍元総理も菅総理も、検査を増やすって言ったんですけども、いう事を聞かなかったんですよ、だから。

石原氏
ずーっと変わんないじゃないですか、変えないんですか!?

玉川氏
なんか役人が抵抗してるんですよここは。なんなんですか?医系技官だと思うけどね。

石原氏(玉川か?)
あれだけ諸外国で出てるじゃないですか。

羽鳥氏
シンガポール増やしてますもんね。

玉川氏
いまだに世界の140位以下ですからね、検査の能力が。こんなのないでしょ、先進国で!

パネル担当者 (勿論覇気がない)
このままいけば来月にも制限なしの生活ができるかもしれませんけれども、一人一人の感染対策が必要になってきますね。

羽鳥氏
引き続き大事です。マスクしっかり大事だと思います。

パネル担当者
第6波の備えも急務となっています。

まとめられず長くなり、申し訳ありません!
今更煽りようがなく、煽ってきた手前バツが悪く、なんとなくこのまま終わりそうですね、でも「検査だけはちゃんと!」そこだけ勇ましかった。

No.224 4時間前

定額の現金給付には、富の再分配の効果があります。
給付は税の還付みたいなもので、税金を多く払う富裕層は還付率が低く、貧困層は100%以上の還付になります。
企業に消費税を還付しているのだから、国民にもするべきだ!
むしろ国民にこそ税金を使え!笑笑

No.225 3時間前

>>209

よく耐えましたね。さすがです。運転手の行動、信じられません。
マスク強制圧力には、ウンザリを通り越して憤懣やるかたないです。
本当は、店内でも車内でも絶対に!マスクをつけたくない!
でも、このバスの運転手のように、マスクは「絶対正義」と信じて「激昂する」人がいるから手に負えない。
どーすりゃいいんだ!
仕事中ずっとマスクで接客していたら、「不潔なパンツ」というフレーズが浮かんできた。下品で恐れ入ります。

No.226 23分前

 ☆衆院選公示☆
★愛子さまブログ紹介★

みなさん、おはようございます。
「愛子さま 皇太子への道」ブログ&以前の投稿へのコメント(抜粋)の紹介です。

◇ブログ紹介◇
●1月の大雪被害に遭ったぶどうの出荷のお話より愛子さまを想う(秋田のタカさん)
天皇皇后両陛下が災害の際にお見舞いされたり、メッセージを発していただいていることや、黙禱される愛子さまのことを紹介しています。
このような環境で育つことは一般国民ではあまりないことであり、愛子さまが次世代の天皇にふさわしいと言えますね。
https://aiko-sama.com/archives/7322

◇コメント紹介◇
知事の発言から、眞子さま、小室さん親子バッシングを考える(群馬のTさん)へのコメント https://aiko-sama.com/archives/7305  
●山本一太氏と言えば、よく「朝生」に出ていた自民党内ポチ保守論客でした。群馬県知事となった今も県民の世論には逆らわず、県民の怒りが小室母子や秋篠宮家に向いていたら、それも放置ってわけですね。(京都のSさん)
●誰にも訴えれない孤独を想像すると胸が痛みます。せめて国民が支えなけれればならないと改めて思いました。(愛知のTさん)
●やはり信念を持っているかは大切であり、それは数とは直接関係ないと、改めて思う次第でございます。(基礎医学研究者さん)
●眞子さま、小室さん、ご結婚、本当に、おめでとうございます☆☆☆ お二人の幸せを願い、祈っています。(ただしさん)
●国民が共にお祝いできないこと、大変心苦しいです。(ダダさん)

愛子さま 皇太子への道
https://aiko-sama.com/

ブログ投稿のご案内
https://aiko-sama.com/blog-bosyu

No.227 9分前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。