• このエントリーをはてなブックマークに追加

KAWAさん のコメント

「(秋篠宮家の教育方針は信用できないから)もう自分が悠仁さまを攫って来て育てたい」
この発言には唖然としてしまいました…。皇室を自分の所有物か何かとでも思っているのでしょうか。

本来ならこっちも論破祭りをしたいところではありますが、それよりもまずは竹田や八木秀次など、
カルト保守言論人をどんどん論破祭りで一掃するところからですかね…。
No.21
5ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第446号 2022.9.6発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…安倍晋三が殺害されて間もなく2カ月になる。世間では安倍晋三と統一協会の関係が明らかになるにつれ、追悼ムードというより、国葬反対で沸騰してしまっている。一方、世間一般の安倍に対する冷ややかな反応に比べて、「WiLL」「Hanada」の相変わらずの熱狂的な「安倍マンセー」ぶりは、まるで別世界だ。今まで「自虐史観」を批判してきたはずの自称保守派が、「自虐史観」を教義とする統一協会を擁護するのは何故なのか?そして、そもそもなぜ統一協会の教義に人々は騙されてきたのだろうか?マスコミも目を背ける不都合な真実を直視せよ! ※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…月刊「Hanada」と月刊「WiLL」の“安倍熱”がすごい。両誌とも9月号、10月号とつづけて安倍賛美と安倍擁護の特集を組み、「Hanada」のほうは、さらに『ありがとう そして サヨナラ 安倍晋三元総理』という別冊も発売。9月号では、どちらも「安倍は『反アベ』や朝日新聞に殺されたのだ!」という方向性で、左翼叩きに血道(ケツドウ)を上げていたが、10月号になると、統一協会問題があらわになり、前号での主張はすがすがしいほどキレイサッパリ吹き飛んで、今度は「統一協会、なにが悪いんじゃい!」へと大爆走である。なりふりかまわぬ統一協会擁護の裏にはどんな思惑があるのだろうか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…ワンオクのTakaとラルクのhyde、どっちがロック?これからも天皇制を維持して侵略国家と対峙できる?「思想信条が何であろうと市民であれば話を聞く」という米子市長の言い訳をどう見る?山上徹也に対して減刑を求める署名をどう思う?お笑い芸人・蛍原の「ホトオープン」は大丈夫なの!?公明党や創価学会が「統一協会」問題に何も言わないのは何故?先生はオウムの末端信者にも相応の責任を求めていたけど、統一協会の二世信者にも責任はある?統一協会と北朝鮮の関係はどうなっている?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第475回「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」 2. しゃべらせてクリ!・第402回「ぽっくん卒倒! みなしゃん運んでクリ、投げ出さんでクリ~!の巻【前編】」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第269回「めざすは統一協会の機関誌・迷走『Hanada』」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第475回「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」  安倍晋三が殺害されて間もなく2カ月になる。  月刊誌「WiLL」「Hanada」は先月に引き続き今月号でも、大々的に安倍の写真を表紙に配した特大追悼号を組んだ。  両誌とも表紙は同じ写真で、安倍の家族葬で飾られていた遺影を使っていて、必死に追悼ぶりを張り合っているようだ。  世間じゃ安倍晋三と統一協会の関係が明らかになるにつれ、追悼ムードというより、国葬反対で沸騰してしまっている。  安倍の国葬については、唯一賛成が反対を上回っていた読売新聞の世論調査でも、ついに逆転した(国葬実施を「評価しない」56%、「評価する」38%)。  岸田首相は国葬を決めた理由のひとつに 「安倍元首相に対する諸外国の弔意と敬意」 を挙げ、先月31日の会見でも 「諸外国から多数の参列希望が寄せられている。国として礼節をもって応える必要がある」 と言っていた。   ところが実際は、案内状の返事が8月中旬の締め切りを大幅に過ぎて9月になっても多くの国から届いておらず、外務省は困惑しているようだ。   米国のバイデン大統領、フランスのマクロン大統領、そしてドイツのメルケル前首相も参列を見送ることが決まり、中でもG7で一番長く一緒だったメルケルまで来ないことは驚きの目で見られているという。  この調子だと、「弔問外交」で安倍の権威付けを図った狙いも壮大な空振りになるのではないか。  国葬費用は2億5000万円と発表されていたが、これには警備費用が計上されていない。ある見積りでは警備費用に35億円はかかるといい、昭和天皇の大喪の礼の警備費用24億円、今上陛下の即位礼正殿の儀の際の28億5000万円を遥かに超えるのは確実だという。  この調子だと、オリンピックと同じでどこまで費用がふくらむかわかったものではない。昭和天皇の場合は葬儀と陵の造営までを含めて100億円だったそうだが、それを超えることだって起こりかねない。  左翼はあくまでも「国葬反対」でデモまでやったりしているが、安倍マンセー派は、どうせ「アベガー」の左翼が騒いでるだけと思っている。  わしとしては 「勝手に国葬していいから、暗殺の原因を徹底究明して、統一協会を排除しろ 」と言いたい。   暗殺の原因を徹底究明したら、浮上するのは安倍晋三本人だと判明するし、カルト団体が権力の中枢に入っているのは、国家の恥だとわしは主張している。これはあくまでも「保守」の追及の仕方であり、左翼と一線を画すことが出来る。  世間一般の安倍に対する冷ややかな反応に比べて、「WiLL」「Hanada」の相変わらずの熱狂的な「安倍マンセー」ぶりは、まるで別世界だ。  統一協会問題については、WiLL巻頭の櫻井よしこと門田隆将の対談で、櫻井が 「天宙平和連合 (UPF)なる統一教会の関連団体にビデオメッセ―ジを寄せただけで、「広告塔」扱いされています。」 と、安倍を擁護。 「統一教会の関連団体にビデオメッセ―ジを寄せただけで」 って!   そういうのを「広告塔」っていうんだよ!!  これに門田はさらに、UPFにはトランプ前米大統領、フランス、インド元首相らもメッセージを寄せていて、安倍だけではないと擁護。   そのギャラは日本の女性信者から収奪したカネだというのに!  ふたりとも、これで世間を論破できたつもりでいるところがすごい。櫻井は自分が統一協会系団体で講演していた関係があるから、何があっても「問題ない」ことにしなければならないのだろうが、保身のために必死で嘘をついているという様子もなく、むしろすっかりカルトの思考に染まっているようにも見える。  これが「Hanada」になるともっとすさまじくて、 「総力特集 統一教会批判は魔女狩りだ! 」というページを組み、 しかもその筆頭の記事の著者がなんと「世界日報特別取材班」だ!  いまや政治家は、過去に世界日報にインタビューが載っていただけでも「統一協会とつながりあり」と見なされて針のムシロに座らなければならないというのに、わざわざ 「世界日報特別取材班」 を、堂々と名乗らせて執筆させているのだから呆れる。  編集長の花田紀凱という人物は、どんなに人間的にモラルを欠いても商売人の嗅覚だけは鋭かったはずだが、ついにその鼻もカルトの毒にやられたらしい。  しかもそうまでして招いた世界日報による記事が言っていることが、 「世界日報は統一協会の機関紙ではない」 という、些細な問題に終始している。  前号の泉美木蘭さんの記事にあるとおり、厳密にいえば世界日報は統一協会の「機関紙」ではないが、 「統一協会系新聞」であることは間違いなく 、協会と一体であることに変わりはない。もちろん、泉美さんが前号で紹介した世界日報の闇の部分などには、一切触れてはいない。  花田は、こんなどうでもいい記事を載せることと引き換えに、 自ら月刊「Hanada」は「統一協会の友好雑誌」であると宣言したのである。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!