• このエントリーをはてなブックマークに追加
「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」小林よしのりライジング Vol.446
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」小林よしのりライジング Vol.446

2022-09-06 16:20
  • 297
062be5005624c14055e9e46c6ce137d0dfe9fb95
第446号 2022.9.6発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…安倍晋三が殺害されて間もなく2カ月になる。世間では安倍晋三と統一協会の関係が明らかになるにつれ、追悼ムードというより、国葬反対で沸騰してしまっている。一方、世間一般の安倍に対する冷ややかな反応に比べて、「WiLL」「Hanada」の相変わらずの熱狂的な「安倍マンセー」ぶりは、まるで別世界だ。今まで「自虐史観」を批判してきたはずの自称保守派が、「自虐史観」を教義とする統一協会を擁護するのは何故なのか?そして、そもそもなぜ統一協会の教義に人々は騙されてきたのだろうか?マスコミも目を背ける不都合な真実を直視せよ!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…月刊「Hanada」と月刊「WiLL」の“安倍熱”がすごい。両誌とも9月号、10月号とつづけて安倍賛美と安倍擁護の特集を組み、「Hanada」のほうは、さらに『ありがとう そして サヨナラ 安倍晋三元総理』という別冊も発売。9月号では、どちらも「安倍は『反アベ』や朝日新聞に殺されたのだ!」という方向性で、左翼叩きに血道(ケツドウ)を上げていたが、10月号になると、統一協会問題があらわになり、前号での主張はすがすがしいほどキレイサッパリ吹き飛んで、今度は「統一協会、なにが悪いんじゃい!」へと大爆走である。なりふりかまわぬ統一協会擁護の裏にはどんな思惑があるのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…ワンオクのTakaとラルクのhyde、どっちがロック?これからも天皇制を維持して侵略国家と対峙できる?「思想信条が何であろうと市民であれば話を聞く」という米子市長の言い訳をどう見る?山上徹也に対して減刑を求める署名をどう思う?お笑い芸人・蛍原の「ホトオープン」は大丈夫なの!?公明党や創価学会が「統一協会」問題に何も言わないのは何故?先生はオウムの末端信者にも相応の責任を求めていたけど、統一協会の二世信者にも責任はある?統一協会と北朝鮮の関係はどうなっている?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第475回「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」
2. しゃべらせてクリ!・第402回「ぽっくん卒倒! みなしゃん運んでクリ、投げ出さんでクリ~!の巻【前編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第269回「めざすは統一協会の機関誌・迷走『Hanada』」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




d4f7125461a950d71f44f4b70c23369eff87bedd

第475回「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」

 安倍晋三が殺害されて間もなく2カ月になる。
 月刊誌「WiLL」「Hanada」は先月に引き続き今月号でも、大々的に安倍の写真を表紙に配した特大追悼号を組んだ。
 両誌とも表紙は同じ写真で、安倍の家族葬で飾られていた遺影を使っていて、必死に追悼ぶりを張り合っているようだ。

 世間じゃ安倍晋三と統一協会の関係が明らかになるにつれ、追悼ムードというより、国葬反対で沸騰してしまっている。
 安倍の国葬については、唯一賛成が反対を上回っていた読売新聞の世論調査でも、ついに逆転した(国葬実施を「評価しない」56%、「評価する」38%)。
 岸田首相は国葬を決めた理由のひとつに「安倍元首相に対する諸外国の弔意と敬意」を挙げ、先月31日の会見でも「諸外国から多数の参列希望が寄せられている。国として礼節をもって応える必要がある」と言っていた。
 ところが実際は、案内状の返事が8月中旬の締め切りを大幅に過ぎて9月になっても多くの国から届いておらず、外務省は困惑しているようだ。
 米国のバイデン大統領、フランスのマクロン大統領、そしてドイツのメルケル前首相も参列を見送ることが決まり、中でもG7で一番長く一緒だったメルケルまで来ないことは驚きの目で見られているという。
 この調子だと、「弔問外交」で安倍の権威付けを図った狙いも壮大な空振りになるのではないか。

 国葬費用は2億5000万円と発表されていたが、これには警備費用が計上されていない。ある見積りでは警備費用に35億円はかかるといい、昭和天皇の大喪の礼の警備費用24億円、今上陛下の即位礼正殿の儀の際の28億5000万円を遥かに超えるのは確実だという。
 この調子だと、オリンピックと同じでどこまで費用がふくらむかわかったものではない。昭和天皇の場合は葬儀と陵の造営までを含めて100億円だったそうだが、それを超えることだって起こりかねない。
 左翼はあくまでも「国葬反対」でデモまでやったりしているが、安倍マンセー派は、どうせ「アベガー」の左翼が騒いでるだけと思っている。
 わしとしては「勝手に国葬していいから、暗殺の原因を徹底究明して、統一協会を排除しろ」と言いたい。
 暗殺の原因を徹底究明したら、浮上するのは安倍晋三本人だと判明するし、カルト団体が権力の中枢に入っているのは、国家の恥だとわしは主張している。これはあくまでも「保守」の追及の仕方であり、左翼と一線を画すことが出来る。

 世間一般の安倍に対する冷ややかな反応に比べて、「WiLL」「Hanada」の相変わらずの熱狂的な「安倍マンセー」ぶりは、まるで別世界だ。
 統一協会問題については、WiLL巻頭の櫻井よしこと門田隆将の対談で、櫻井が
「天宙平和連合 (UPF)なる統一教会の関連団体にビデオメッセ―ジを寄せただけで、「広告塔」扱いされています。」
と、安倍を擁護。
「統一教会の関連団体にビデオメッセ―ジを寄せただけで」って!
 そういうのを「広告塔」っていうんだよ!!
 これに門田はさらに、UPFにはトランプ前米大統領、フランス、インド元首相らもメッセージを寄せていて、安倍だけではないと擁護。
 そのギャラは日本の女性信者から収奪したカネだというのに!
 ふたりとも、これで世間を論破できたつもりでいるところがすごい。櫻井は自分が統一協会系団体で講演していた関係があるから、何があっても「問題ない」ことにしなければならないのだろうが、保身のために必死で嘘をついているという様子もなく、むしろすっかりカルトの思考に染まっているようにも見える。

 これが「Hanada」になるともっとすさまじくて、「総力特集 統一教会批判は魔女狩りだ!」というページを組み、しかもその筆頭の記事の著者がなんと「世界日報特別取材班」だ!
 いまや政治家は、過去に世界日報にインタビューが載っていただけでも「統一協会とつながりあり」と見なされて針のムシロに座らなければならないというのに、わざわざ「世界日報特別取材班」を、堂々と名乗らせて執筆させているのだから呆れる。
 編集長の花田紀凱という人物は、どんなに人間的にモラルを欠いても商売人の嗅覚だけは鋭かったはずだが、ついにその鼻もカルトの毒にやられたらしい。
 しかもそうまでして招いた世界日報による記事が言っていることが、「世界日報は統一協会の機関紙ではない」という、些細な問題に終始している。
 前号の泉美木蘭さんの記事にあるとおり、厳密にいえば世界日報は統一協会の「機関紙」ではないが、「統一協会系新聞」であることは間違いなく、協会と一体であることに変わりはない。もちろん、泉美さんが前号で紹介した世界日報の闇の部分などには、一切触れてはいない。
 花田は、こんなどうでもいい記事を載せることと引き換えに、自ら月刊「Hanada」は「統一協会の友好雑誌」であると宣言したのである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他284件のコメントを表示

>>319
大人びた(笑)表現なら、「皇室の名を借りて、自らの満たされない充実感と賛辞、名誉を得ようとする行為」を止めろ……です。 
 

No.320 2ヶ月前

ちぇぶさんのブログ、青山繁晴ですが、2016参院選でわたしはこの人に一票入れてしまいました。後悔しています。

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_3035/

2017年の記事(リテラ)ですが、当時森友問題が発覚後、自分も森友を大応援していたくせに知らんぷりしてたのを見て、あぁ、失敗した!と頭を抱えたことを思い出します。
選挙演説(YouTubeに上がってるのを見てしまった)やレギュラー番組(関西テレビ夕方・スーパーニュースアンカー)での愛国発言を信用していました。メタンハイドレード政策とか、子どもを守るとか国を守るとか。男系が伝統とか言ってた覚えはないんですが。
よしりんや中川淳一郎さんみたいな個のある言論人だと間違った判断をしてしまいました……申し訳ありません

当時の選挙演説がYouTubeで見れますが、わたしのように錯覚した人たちが沢山いたようです

https://youtu.be/70b4tYrYXpw

これは全部芝居でウソなのか?

今の時点から見ると、ウソだったということなのでしょう

No.321 2ヶ月前

>>321
ああ!この青山繁晴、もともと愛国の人じゃないです!
昔、SAPIOだったか何かのオピニオン誌で、小林よしのり先生の「戦争論」と全く異なる戦争観・歴史観を語ってるのを、私、偶然読んで、それ以来青山繁晴が何を言ってもたとえ愛国めいたことを言っても警戒していたんです。
青山繁晴はとても愛国の人とは思えないです。昔も今も。後出しに思えるかもしれませんが。もっと早くライジングに入会して言うべきだったかなと反省しています。

No.323 2ヶ月前

324番、配信ありがとうございます。
読むのが楽しみでワクワクします。



まだ配信されないので、練習してみました。

No.324 2ヶ月前

こんばんは。
ライジング配信ありがとうございますvv

ゴーマニズム宣言・第475回「なぜ統一協会の教義に嵌るのか?」拝読しました。
安倍氏の国葬にG7の首脳クラスがカナダのトルドー首相以外来ないのは、原因は国葬が行われるのが今月の27日であるためです。
20日から国葬の前日である26日まで、ニューヨークで国連総会が開催される。
岸田首相はこのことを全く考慮してなかったようです。
忠告してくれる人もいなかったのでしょう。

安倍氏の国葬は、安倍氏いかに旧統一協会とズブズブだったかを、安倍氏が自分の政治家生命のために、日本国を、皇室を、日本国民を旧統一協会に売り渡していたことを知らしめる絶好の機会です。
自称保守に突きつけ続けましょう。
旧統一協会が日本人信者にだけ過剰な献金を強い、それによって信者の家庭が崩壊していったことを。
安倍氏銃撃事件は、事件を起こした山上容疑者のように旧統一協会のせいで人生を狂わされた人たちの悲しみ、苦しみを権力でねじ伏せてきたことで起きてしまったことを。
旧統一協会と自民党が今後も蜜月状態を続けるのならば、自民党に未来はないことを。

いつまでも日本は、旧統一協会の金づるになるために自虐史観浸ってあげているほど愚かではないことを、気づいた国民が知らしめていきましょう。


木蘭さんのトンデモ見聞録・第269回「めざすは統一協会の機関誌・迷走『Hanada』」拝読しました。

「Will」「Hanada」の表紙を飾る安倍氏の満面の笑みからは、両誌の安倍マンセーぶりが強く伝わってきます。
「Will」「Hanada」が安倍氏を擁護すればするほど、旧統一協会を擁護すればするほど、うさん臭さは増していく一方。

旧統一協会が日本人信者にだけ過剰な献金を強い、そのせいで数多くの日本の家庭が崩壊し、山上容疑者を含めたたくさんの人たちの人生を狂わされた事実は消えません。それに旧統一協会と自民党が一体化することで、旧統一協会にお墨付きを与えたということも。
それに対して非難を受けるのは当然のことです。
庇う方がおかしいのです。

安倍マンセーは自分の食い扶持確保のための安倍擁護、旧統一協会擁護に必死。
自分の食い扶持さえ確保できれば、安倍氏のことも、旧統一協会のことも、どうでもよいのしょう。

No.325 2ヶ月前

 トンデモ見聞録「めざすは統一協会の機関紙・迷走『Hanada』」を読みました。HanadaとWiLLの表紙の安倍の顔…まさに気持ち悪いのオンパレード。

 こんな雑誌の表紙に名前が載りたくないです。小川が本当に壮大な視点から歴史を見るような男なら、そう思うはず。

 世界日報の関係者からの寄稿に、大きくページを使い載せてしまうHanadaは、生き残るために必死すぎて、時代も世間も見られなくなっているのでしょうね。
 文鮮明“師”と書いてしまうバカさ加減、それを校閲で気付けないアホさ加減、そもそも機関紙でいいと思っていそうな文鮮明の麻原彰晃に匹敵しそうなトチ狂いっぷり、笑ってしまうレベルです。
 文鮮明、安倍晋三、麻原彰晃、頭の悪い人間の方が、悪の組織のリーダーにはおあつらえ向きの魅力があるのかな(悪の組織て)。

 小川榮太郎へのツッコミが、とってもとっても面白かったです。完璧に、尻の穴のシワの数まで見抜かれている…木蘭先生、ゴメンなさい…小物A太郎。
 A太郎もセコい、A倍もセコい、セコいモン同士は親和性が高いのでしょう。
 レイプ魔も養護していたA太郎、男尊女卑の保守男系村と統一協会、見事に全部繋がってしまうことが、笑えてしまいます。
 こういう輩って必ず、批判したい相手に対して、自分がやらかす悪事はこうだと白状するかのように擦り付けようとしますね。

 小川の本も、HanadaやWillや竹田の本や統一協会の本と同じく、その大半は全部読まれることもなく捨てられるのかと思うと、紙やインクが可哀想になります。

No.326 2ヶ月前

 ゴー宣「なぜ統一協会の教義に嵌まるのか?」を読みました。
 物凄い分析でした。全く、その通りですね。
 真実から1ミクロン足りとも目を逸らさない、まさに小林先生ならではの、小林先生の真骨頂かと存じます。

 ここを蔑ろにしていたら、あやふやなままにして進んで行ったら、またおんなじことが起きる、それが分かっておられるからこそ、ハッキリとさせなければいけないです。
 捻れに捻れて、捻れ上がったまま、変な所と変な所がくっついて可笑しな形になり、偶然バランスがとれる形になったから立っていられる、それが今の状況かと思います。

 小林先生の書いておられた、「保守」の追及の仕方を読み、トコトン戦略化であり、勝つための戦いをされる方なのだと改めまして思いました。
 破格の無駄遣いになりそうですが、逆に、そのことで、安倍晋三の真の評価が見える化出来てしまう。
 また、暗殺の原因を徹底究明することこそが、安倍と統一協会との癒着を白日の下に晒すことに繋がり、結果、統一協会を追い出すことに1番効果的となる。

 安倍が赤っ恥をかく国葬が楽しみになると同時に、その後も論破祭りの手を緩めないと決意を新たに致しました。

No.327 2ヶ月前

>>323
酔いどれカエル坊主さま

おお!そうだったのですね!

青山は関西では元共同通信記者で沢山コネがあり情報通で、おまけに愛国者…というキャラ作りに大成功していた人物。
当時本当に左翼以外の意見をテレビで言う人がいませんでした。
橋下徹も政治家になる前、「そこまで言って委員会」にレギュラー出演していて従軍慰安婦は嘘だと発言していましたが、その内容でよしりんの戦争論読んでるなと思っていました。自信満々に。よしりんが間違わないと信用してるんだと感じてました。

テレビの威力は凄い。

おどれらや道場を月一テレビでやるだけで、自虐史観を叩き込まれてきた日本人の意識を呼び覚ませると思うんですが。
なんでそんな番組が無いのでしょうね。
ものすごい視聴率になるのに。

No.328 2ヶ月前

>>328
すずらん様、
>>323 の一つ前、NO.322では、青山についてもっと込み入った事を書いていたのですが、裏づけが取れなかったので、それより確実な「よしりん先生の戦争論とは違う歴史観、戦争観」に修正しました。
戦争論が出版された当時の「知識人」は、旧日本軍のことを無条件で悪し様に罵ったり、(90年代の)構造改革に乗り遅れるのは「戦前の体質と一緒だ」、とか、「早く(韓国とかの)アジアに謝罪して、パラダイムシフトの転換をしろ」だの、薄っぺらい言説を展開していたものでした。
青山もおそらく上記の薄っぺらい発言をしていたと思うのですが、20年以上前なので定かな記憶はありません。
ただ、私がその20年前に聞いた青山の発言は、今の愛国ごっこ遊び発言とは全く逆のことを言っていた、少なくともよしりん先生の戦争観とは異なることを言っていたと記憶しております。

No.329 2ヶ月前

>>329
酔いどれカエル坊主さま

それは、テレビで見てきたのや、2016参院選の選挙演説と全く違います。
わたしは当時演説を聞いて泣いてしまいましたから…
メタンハイドレードはどうなってん??

選挙で間違わないためにも、ライジングやファンサイトで勉強していこうと思います。

返信ありがとうございました(^_^)/

No.330 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。