• このエントリーをはてなブックマークに追加

カレー千衛兵さん のコメント

「AKB白熱論争」を読破!
興奮し過ぎて、通勤電車乗り過ごしかけたこともあった(笑)
特に、中森明夫さんのアイドル論は、名言ばかり飛び出す。
まるで「作詞家」のようだ!
「あとがき」に至っては、一つの歌のようではないかっ!

しかし私は、よしりんゾンビに噛まれた!?
『真夏のSounds good!』の「サンオイル背中に塗ってとぉ~♪」の所が
「恋人よ ぼくは旅立つぅぅぅ」にしか聴こえなくなった・・・。
これが、どうにも、頭にこびりついて離れない。

私は公共心無きゾンビ。
誰かにも、同じ目にあって欲しい(笑)
No.29
121ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第2号 2012.8.28発行 「小林よしのりライジング」  『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・ 小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。  毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、 AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?) 「今週のAKB48」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を 一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、『おぼっちゃまくん』が あなたの人生相談に真剣回答!「おぼっちゃまくん人生相談~言われた とおりに生きるぶぁい~」、読者との「Q&Aコーナー」、秘書による よしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。 (毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※なんと先週号「小林よしのりライジング・第1号」が、ニコニコの  ブロマガで初日購読者数第1位を獲得しました!  初日1位獲得と、前田敦子AKB48卒業を記念して、  「今週のAKB48」は超特別拡大版でお届けします!  前田敦子卒業を受けて、本格的に論ずる覚悟をして書いた長文です。  ぜひお楽しみ下さい! ※今週から新連載「今週の一品」がスタート!こちらのコーナーでは、  よしりんの愛用品を紹介していきます!  よしりんの意外な好みが明らかになるかも!? ※今週号は「ゴー宣」2本立てです! 【今週の目次】 1. ☆拡大版☆ 今週のAKB48・第3回  「前田敦子はアイドル天皇制の神話を創った」 2. ☆新連載☆ 今週の一品・1品目「セレブのスイーツ」 3. ゴーマニズム宣言・第2回「公共心なき者はゾンビである」 4. おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに生きるぶぁい~・第2悶 5. ゴーマニズム宣言・第3回「日米同盟で尖閣諸島は守れない」  6. よしりん漫画宝庫・第2回  「『最終フェイス』② 一筋縄ではいかない女性キャラたち」 7. Q&Aコーナー 8. 今週のよしりん・第2回「ヲタの鏡という道を歩み始めたよしりん」 9. 新刊&メディア情報(連載、インタビューなど) 10.読者から寄せられた感想・ご要望など 11.編集後記   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 1.  ☆拡大版☆ 今週のAKB48 「前田敦子はアイドル天皇制の神話を創った」          前田敦子のAKB48卒業にどんな意味があるのか?  AKB48の強力な磁場に巻き込まれて、お祭りを過剰に演出して 視聴率を稼ぐマスコミ報道のせいで、特にAKBに関心のない国民にとっては、 恐らくぴんと来ない人も多いと思う。  AKB48の人気は、CDの驚異的なミリオンセラー連発で、もはや若い女性や 子供たちにまで浸透しているから、国民的アイドルという看板はまったく 妥当なものである。  それでも往年の女優やアイドルの記憶にしがみつくノスタル爺の世代に とっては、「なんであんな子が?」となるのは仕方がないだろう。  山口百恵よりすごいのか?天地真理よりすごいのか?松田聖子より すごいのか?小泉今日子よりすごいのか?キャンディーズよりすごいのか? ピンクレディーよりすごいのか?  そう考える者は多いのだと思う。  卒業と言ったって、山口百恵みたいに芸能界からの引退ではないのに、 何でどのテレビ局もしつこいくらいに「前田敦子卒業」で視聴率稼ごうと するんだ?そう感じる人がいたって全然不思議ではない。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!