• このエントリーをはてなブックマークに追加

Ryu.Cさん のコメント

>>5 カレー千衛兵さん

こんにチワワ!
3年以上前のことになります。
従妹の娘が二週間ほどの入院生活を余儀なくすることになったのですが、
当時従妹は、乳飲み子含め、4人の子供を一人で育てておりました。
そこで自分に白羽の矢が立ち、関東から東北まで赴き、付き添いをすることになったのです。

しかし子供のこと。
ベッドの上で歩くこともままならず、退屈を持て余していました。
そこで、どうせなら有意義な入院生活を送って欲しいと『おぼっちゃまくん』を全巻、買い与えたのです。
退院までに読めるかな?と。

‥予想とは裏腹に、3日かからず、読破してしまいました。
小学校に上がる前、保育園を卒園したばかりの子供が。

そして、読み終えたあと、彼女の言った一言です。

「なっちゃん、大きくなったらおぼっちゃまくんのパチンコやりたいな☆」



現在、なっちゃんは小学4年生になりました。
クラスでは、成績が一番でしゅとよv
No.39
124ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第3号 2012.9.4発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・ 小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、 AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?) 「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、 漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと 紹介する「よしりん漫画宝庫」、『おぼっちゃまくん』があなたの 人生相談に真剣回答!「おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに 生きるぶぁい~」、読者との「Q&Aコーナー」、秘書による よしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。 (毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※AKB48のことなら、いくらでも語れる!よしりん、先週号に引き続き  「今週のAKB48」も長文の熱い論文を書いてしまいました!今週は  K-POPとの比較、そしてグローバリズムについて語っています! ※世間から、まるでネトウヨの「生みの親」「教祖」のように  言われている、よしりん。今週の「ゴーマニズム宣言」は、  この不名誉極まりないレッテルに大反論! 【今週の目次】 1. 今週のAKB48・第4回  「AKB48とK-POP、オリジナルとグローバリズム」 2. 今週の一品・2品目「わしの朝食」 3. おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに生きるぶぁい~第3悶 4. ゴーマニズム宣言・第4回  「小林よしのりはネトウヨの生みの親か!?」 5. よしりん漫画宝庫・第3回「『最終フェイス』③『美しい』の闘争」 6. Q&Aコーナー 7. 今週のよしりん・第3回「邪悪さをなくしたホワイトよしりん」 8. 新刊&メディア情報(連載、インタビューなど) 9. 読者から寄せられた感想・ご要望など 10. 編集後記 第4回 「AKB48とK-POP、オリジナルとグローバリズム」  中森明夫氏がMXテレビに出てAKB48論を語っていたので見たのだが、 韓国人のパネラーがAKBはアマチュアで、K-POPはプロだと言っていた。  韓国人はK-POPはヨーロッパでも受容されていると言っていたが、 ロシア人がそんなはずはないと否定していた。ロシア人に同意。 韓国の国策としての大宣伝で一部にファンができても、K-POPが欧米に 受容・定着することはないとわしは見ている。   単純に言えば、白人がアジア人をアイドルにするはずがないということ。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!