• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

magomeさん のコメント

感想を書く前に男系派に返答を先に書かせていただくことをこの場にてお許し願います。感想は後ほどに。

>>49 ナイトさん 前回のライジングのコメント欄での論争の続きはこちらで行おうと思いますがよろしいでしょうか?

>→回答になっていません。日本の独立を証明するためなら漢文で日本の状況をそのまま書けばいい

「つくる会」が自虐史観から脱却させるために作った扶桑社出版の平成13年版「新しい歴史教科書」をお読みになられたことはありませんか?その教科書でも書かれていますが、推古天皇が小野妹子を派遣して国書を送り、その内容に「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや」と対等を主張し、柵封体制からの脱却を示していることから、すでに日本の状況をそのまま書漢文で書いています。しかしながら、諸外国と対等の独立国として証明する場合、國号や現行の文化とともに独自の歴史観を持っていることを証明することも必須となります。それまでは支那では日本に対し、東夷伝や擬似倭人伝などの歴史しか伝わっていなかったことから改めて独自の歴史を知ってもらう為に漢文で書いたことが容易に想像が付きます。

→これを皇室に当てはめると、父方に皇統に属する男子がおり、その血統が息子によって継がれて

8人10代の女性天皇がいることから血統は息子だけによって受け継がれてもいなければ、母から皇位の継承を受けている天智天皇や元正天皇が史実において存在することから父方にも母方にも皇統に属する男子と女子がいて、その血統は息子と娘によって受け継がれている史実しか存在しません。

ところで、

>「父方の父」という言葉はありえませんので、3代目から父方・母方の系統が判別

という内容は日本書紀や古事記などの正式な史書、あるいは正式な辞書のどこに記されているのですか?ナイトさんがこの自ら述べた内容に対する問いにまったく答えられていないことに大変に残念に思います。もしかしたら、見逃している箇所があるかもしれませんのでもし、すでに述べているのでしたら引用をお願いします。

>北畠親房の「神皇正統記」に"世は周礼の註に父死して子立を世と云とあり"と書いてあります。よく「周礼」だけを切り取って男系継承をシナ男系主義だという人がいますが、これは周礼の註には、父子継承で「一世」と数えるという「世」という言葉を読者に説明しているのであってシナ男系主義とは関係ありません。

神皇正統記を実際にお読みになられましたか?実際には

「代と世は常の義差別なし。然れど凡その承運とまことの継体とを分別せん為に書き分けたり。但し字書にもそのいはれなきにもあらず。代は更の義也。世は周礼の註に父死して子立を世と云とあり」

と記されていることから、「代と世は承運とまことの継体とを分別するために書き分けられた。ただし、字書にもそのいわれはないでもない。代は更の義也。世は周礼の註には父が死んで、子が立ち上がることと伝えられている」

と周礼の註を参考に用いたにすぎず、周礼の註の世における内容をそのまま皇室の世に当てはめたということではありません。

ゴー宣道場でも紹介されている「女系に対する疑惑」のHPをお読みになられましたか?「神皇正統記編その2」でこの周礼の註における世の説明と神皇正統記における世について詳細に説明がなされています。

>そもそも、兄弟継承や子→母への継承もあるので今上陛下から一人の天皇も省かずに男系・女系で辿ることなんてできません。
>ただ歴代天皇は父方だけを辿っていくといずれかの天皇に辿りつき、最終的に神武天皇・天照大神に辿りつくというのが皇室の男系継承

なるほど、父方だけで辿っていっても今上陛下から一人の天皇も省かずに辿ることは不可能である一方で父方だけを辿っていくといずれかの天皇に辿りつき、最終的に神武天皇・天照大神に辿りつくというのが皇室の男系継承ならば蘇我入鹿、平将門、平清盛、源頼朝、赤松円心、北畠親房、佐々木道誉、新田義貞、足利尊氏、山名宗全、今川義元、武田信玄、上杉謙信、吉良義央(上野介)、近衛文麿も同じく父方だけを辿っていくといずれかの天皇に辿りつくことから、これらの皇室の男系継承に拘って男系に限定すれば現在の旧宮家よりも皇室との血縁が強い、これらの人々にも皇室の男系を継承していることから、これらの人々の子孫も宮家に復帰する資格があるということなのでしょうか?感想をお待ちしています。

ちなみに、皇室の女系を公認する方々は私を含め、誰一人として「神武天皇、天照大神まで辿る」という系図の読み方をしてもいなければ支援もしていません。男系派が系図辿り説を説明しているのでその疑問点を問いただしているのです。

>(いわゆる誓約)つまりそれぞれが単独では生まれなかった神です。だから自分は2人が協力して生んだ神と書いた

誓約を「いわゆる」と記していることから神話を自由自在に解釈できる代物と勘違いしていらっしゃるようですが、正史に一部である神話のウケヒ(誓約)について日本書紀や古事記のどこに「それぞれが単独では生まれなかった神です。だから自分は2人が協力して生んだ神」と記されているのですか?

>天照大神→天忍穂耳命が女系なら、天忍穂耳命の父親は誰ですか?

それは日本書紀、または古事記などの正式な史書、または辞書において「日本神話において、女系、男系を断定するには父母の存在が必須」と正式に記されているということを証明してくれればお答えいたします。根拠を説明しきれていない個人的解釈は論争の本題、副題となりえませんので。

→皇室と家は違います

だからこそ、皇室に「姓」は存在しないのです。お分かりいただけましたか?ところで、私はナイトさんの言う「女性皇族が皇室の残ったまま男性と結婚すると易姓革命が起る」という主張に対し天皇陛下および皇太子を含む皇族が男女問わず御結婚されるときには皇族方が二人も参加される皇室会議によって承認されなければ御結婚が許されないことから、「皇室の婿入り、嫁入りによる易姓革命」を述べている時点で皇室を「婿入り、嫁入りによる易姓革命を起こさせそうな輩」と中傷し、罵倒しているということにお気付きになられませんか?ちなみに皇室会議に出席される皇族方をお決めになられるのはほかでもない天皇陛下であります。という問いに対してナイトさんはいまだに沈黙を続けていますが、もしかして、「皇室の婿入り、嫁入りによる易姓革命」という主張が皇室をと中傷し、罵倒しているということにお気付きになられたということでよろしいでしょうか?

>教えていただいた検索方法で見てみましたが、他にも天皇制廃止を叫んでいる人がいるならともかく、他のコメントが真っ当なコメントで、天皇制廃止を叫んでいるのはこの人一人ですね。

コメントに書いた人だけが書物の読者全てとは限りませんし、問題は男系派の主張を自称保守だけではなく「天皇制打倒」をほざき、共産主義革命をめざす左翼も支援しているということなんです。

実は、この一件を紹介したのはほかにも左翼が男系派の主張を支援しているという証拠が所々に見られるからなのです。

まず、2012年1月9日の共同通信の記事では電話調査では女性宮家創設について問い合わせた所、自民党支持層、民主党支持層が、それぞれ72・4%、60・4%が創設に賛成、無党派も65・7%が創設に賛成である一方、共産党支持層だけが反対が44・0%と賛成派を上回る回答がなされました。共産党支持層の大半が皇室と崇拝する保守であり、自民党は逆だったのでしょうか?

さらに週刊金曜日の2013年度の市民運動案内板、4月17日~5月13日で男系派の竹田恒泰氏が4月23日(月)付けで「女系天皇、女性皇族 これでいいのか、日本の皇室」という皇統男系を主張、講義する講演会が記されていることから天皇制打倒をほざく、左翼が男系派の主張を支持していることがもはや明確です。天皇制打倒を叫ぶ、週刊金曜日や共産党支持層などの左翼が転向もしていないのになぜに男系派の主張を支持しているのでしょう?これまでも数々の男系派にこの内容を述べましたが、皆、感想すら延べずに二度と、この情報に触れようとしませんでした。ナイトさんでしたら、この情報に向き合って回答を述べてくれることを期待していまここに記させていただきます。

なお、私が以前に「shogun communist2」での検索を進めたのも実は、このカスタマーレビューに書き込んでいた輩は現在では削除されているコメントがありまして、その中には、男系派を主張する評論家と同じ内容ばかりか驚くべき内容を述べているのです。こればかりは魚拓にしかとっていないので内容をリンクを貼らせていただきますことをご了承願います。

http://megalodon.jp/2014-0222-1027-23/www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/AGLBELK6UUSL/ref=cm_pdp_rev_all?ie=UTF8&sort_by=MostRecentReview

「天皇論」および「昭和天皇論」におけるカスタマーレビューの内容を読むことをお勧めします。なお、このほかにも「自称保守 ネトウヨ 極左」でグーグルで検索されることをお勧めします。ゴー宣道場のブログでもこの男系派を支援する極左活動家について小林師範や時浦師範代が追及していますので。

→自分は旧宮家そのものの事を言ったつもりです。例えば旧東久邇家の子孫含めて復帰の意味

宮家というのは

大辞林 第三版 みやけ【宮家】宮号を賜った皇族の家。

のことであり、皇籍を離脱して宮号を賜っていない家に生まれた人は例え父親、母親が過去に宮家で生まれ育った過去があっても、その子供は生まれた時点で一度も家が宮号を賜っていないことから皇籍離脱後に生まれた人は旧宮家ではありません。

旧も

大辞林 第三版 きゅう【旧】むかし。以前。元。 「 -に復する」

であることから生まれてから一度も家が宮号を賜っていないので旧宮家ではなく、旧宮家系の国民男子、または女子というわけです。よって、旧宮家は現在65歳以上の老人であり、この老人を皇室に招き入れる意味を説明しなければ話は進みません。

>産まれは臣下でもその後皇籍に復帰したのは醍醐天皇やその皇兄弟

彼らは賜姓皇族という身分に降下したのであって、皇籍離脱して平民になった旧宮家とは身分も立場も、そして時代もまったく違います。

>ちなみに皇統に属さない女子が皇室に入るのは数多く例がありますが、

皇室に入る人は全て皇統に属するのであって皇統に属さないということは皇室に入っていない人のことであり、この皇統に属さない人には旧宮家と旧宮家系国民男子も含まれていることもこの場で述べておきましょう。

おそらく、小林よしのりライジング Vol.93 で 

>民間から皇室に嫁入りする前例は歴史上何回もあります。何も現在の皇后陛下が初ではありません。

という主張に対し、

しんやさんの 

皇別氏族(葛城、蘇我、紀、橘、源、平など)、神別氏族(大伴、物部、中臣・藤原など)以外でですか?大変興味深いので、「何回もある」うちの例を2、3挙げていただけるとありがたいです。

という問いに答えられなかったから変えているのでしょうが、私もしんやさんと同じ疑問を持っていますので、美智子皇后以前に民間から民間から皇室に嫁入りする前例は歴史上何回もあるという証拠を紹介させていただけませんでしょうか?これまでの男系派はご自身の主張に対して責任を取らずに、答えられないとぱったり来なくなってしまったのですが、ナイトさんでしたら、自らの主張に責任を持ち、これらの問いに責任を持って答えていただくことを期待して、この場で述べさせていただきます。

ナイトさんはこれまでの無責任な男系派と違い、その姿勢から将来は朋友と呼べる中になるのではないのかと期待し、これらの問いに真直に答えていただけることを期待して、ここで述べさせていただきました。

ナイトさんの問いに見逃しなどによって答えていない場合はご指摘していただければ幸いです。
No.60
62ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第99号 2014.9.2発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、小林よしのりに関するWikipediaページを徹底添削「よしりんウィキ直し!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…札幌市議会議員の金子氏がツイッターに「アイヌ民族なんて、いまはもういない」「利権を行使しまくっているこの不合理」などと書き込み非難を浴びている。「アイヌ」の議論は封殺されタブーになりつつあるが、果たして本当に「アイヌ民族」はいるのか?「アイヌ利権」はないのか?小林よしのりはアイヌ差別を助長したのか?慰安婦問題と同じ轍を踏み、悪化の一途をたどるアイヌ問題の実態を直視せよ! ※「ザ・神様!」…新婚初夜明けに、いきなりの修羅場に見舞われた天孫ニニギノミコト。予想外にエキセントリックだったコノハナノサクヤビメは、なんと「一回だけ」のまぐわいで三人の息子を妊娠!燃えさかる火のなかで生まれた三人の息子たちにも「一回だけ」に纏わる事件が迫っていた!? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!高齢になっても柔軟な思考でいるためには何が必要?描き下ろし中のゴー宣スペシャル、現在の作成状況はどれくらい?アイスバケツチャレンジについてどう思う?国家公務員OBの天下りは必要悪?ギャグシーンのツッコミで男が女を殴るシーンに素直に笑えなかった…これは男尊女卑的感覚?映画『喰女クイメ』は観た?ズバリ、愛は地球を救いますか?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第99回「慰安婦問題と同じ道をたどる『アイヌ民族』問題」 2. しゃべらせてクリ!・第59回「夏休み明けで電池切れぶぁ~い!の巻〈前篇〉」 3. もくれんの「ザ・神様!」・第40回「『一回だけお願い』に要注意! ~海佐知&山佐知 その1~」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 第99回「慰安婦問題と同じ道をたどるアイヌ問題」  札幌市議会議員の金子快之(やすゆき)氏がツイッターに「 アイヌ民族なんて、いまはもういない 」「 利権を行使しまくっているこの不合理 」などと書き込み、これが「ヘイトスピーチだ」と非難を浴びている。 「アイヌ民族は出て行け」とか、「汚いアイヌめ」とか、差別的な罵詈雑言を浴びせればヘイトスピーチだろうが、アイヌがいるかいないかは議論の問題である。ヘイトスピーチとは何の関係もない。  金子氏が所属する自民党・市民会議は、当初は発言を問題視しない方針だったが、非難が収まらないのを見て日和り、金子氏に会派離脱を勧告、受け入れない場合は除名処分にするとしている。さらに、菅官房長官も政府として遺憾の意を表明している。   かつて慰安婦問題も、こんな風にタブーだったのだ。左翼運動家や韓国から猛抗議が来たら、議論は封殺されるのが常識だった。懐かしいタブーな空気ではないか。  金子議員のホームページを見てみると、「札幌市は韓国・大田市との姉妹都市提携を破棄し、一切の交流を止めるべき」とか、集団的自衛権行使に賛成した上で「(反対派は)よほど日本を中国に売り渡したいのでしょうか」とか、オスプレイ歓迎とか、海外への原発輸出賛成とか、安倍首相の靖国参拝を支持し、「失望した」と言ったアメリカに失望したとか、とにかく見事なほどに自称保守の紋切り主張がワンセット揃っている。  金子議員個人には全然共感を感じないので、あえて火中の栗は拾わぬが、しかしこの件によって「アイヌ」の議論が封殺されることは問題がある。 「アイヌ民族なんて、いまはもういない」というのは学術上も証明されている事実であり 、わしが本格的に論じ始めたら、まともな反論はできるはずがない。  わしは6年前、平成20年(2008)秋号の「わしズム」で『 日本国民としてのアイヌ 』という大特集を組んだ。  当時、国会で「 アイヌ民族を先住民族とすることを求める国会決議 」が全会一致で可決され、その後、中山成彬国交省(当時)が「日本は非常に内向きな単一民族」などと発言したことで辞任に追い込まれる事件もあり、アイヌ問題についての関心が湧いたのである。  なにしろそれまでわしはアイヌといえば、ヒゲをたくわえた男や民族衣装をつけた女が『イヨマンテの夜』の歌に合わせて「熊送り」の儀式をしているイメージしか浮かばないという有り様だった。  実は『イヨマンテの夜』は古関裕而作曲によるラジオドラマの劇中音楽に後から歌詞を加えたもので、アイヌの民族音楽とは何の関係もなく、その曲想は同じ作曲者の『モスラの歌』と共通しているなんてことは、当時は全く知らなかった。  ともかく北海道には今でもアイヌの暮らしをしている人がいるのかどうかもわからない。おそらくほとんどの日本国民が、アイヌの実態について知らないに違いない。それを知らせる役割を果たしたいとわしは思った。 「アイヌはいる。会いたい。知りたい」とわしは純朴に思っていただけだ。  当初は特集のタイトルを『 偉大なれ、アイヌ 』と予定し、最大のアイヌ団体である 北海道アイヌ協会(当時・北海道ウタリ協会) に取材を申し込んだ。  協会からは取材のOKが出て、わしは取材の前に読むよう指定された本も律儀に読み、さらに独自に多くの文献を集めて猛勉強を始めた。   ところがアイヌ協会は、突然取材拒否を通達してきた。 「小林よしのり及び『わしズム』への不信感」 がその理由だった。   アイヌ協会は以前には北海道庁の内部に置かれており、関連の財団法人を通じて国と道から年間合計6億円の補助金が投入される、半分公的な団体である。 それが取材拒否とは到底納得のいかないことだった。  わしはアイヌ差別には断固反対するが、だからといってアイヌ協会の説明を鵜呑みにするつもりはない。取材には白紙の状態で臨み、途中で湧いた疑問は率直に質し、自分自身で理解したアイヌの実態を描くつもりだった。  ところがアイヌ協会にとっては、そういう取材者が一番都合悪かったのだ。 アイヌ協会の主張をそのままプロパガンダしてくれる取材者しか受け入れたくなかったのだ。  なぜなら、彼らにとっては本当のアイヌの実態を知られることこそが、一番まずいことだったのだから。   アイヌ出身の言語学者で、アイヌ文化研究の第一人者だった 知里真志保 は、今から59年も前、昭和30年(1955)の時点でこう断言している。 「 民族としてのアイヌはすでに滅びたといってよく、厳密にいうならば、彼らはもはやアイヌではなく、せいぜいアイヌ系日本人とでも称すべきものである 」  滅びたといっても、決して民族浄化されたわけではない。  もともと北海道島では縄文時代の太古より 和人 と 千島系 、 樺太系 、 大陸系 など様々な人々が混住、混血を繰り返し、文化的にも混交して盛衰を繰り返していた。 「アイヌ」はその中から鎌倉時代という比較的新しい時代に成立したものであり、歴史的に別民族ではなく、日本民族の一分派であった。   しかもアイヌは3大系統7分派に分立しており、アイヌが自ら一社会集団を形成したことは一度もなく、時代の流れとともに日本国民の中に吸収、同化されていったのである。  古代から混血を繰り返してきたため、ただでさえアイヌに「純粋な血統」は存在しない。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!