• このエントリーをはてなブックマークに追加

hibankoさん のコメント

危険なツールと危険なソーリが作り出す不安な時代に、誰がわざわざ子育てなんていうリスクを負いたがるのでしょう。家電量販店のサービスみたいに、子育ての特典をわかりやすく明確化してほしい。と言いつつ我が家は第二子が年末に産まれます(^_^;)
No.61
90ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第131号 2015.5.5発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、小林よしのりに関するWikipediaページを徹底添削「よしりんウィキ直し!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…千葉県で18歳の少女が監禁され、殺害される事件が発生した。主犯格は被害者と高校の同級生だった18歳の少女で、20歳の男2人と16歳の少年1人が実行犯として逮捕されている。加害少女が犯行前日、友人女性とLINE上で交わした驚愕のやりとりとは!?共同体の崩壊と、ネットの危険性が結合して生まれた“インスタント・カルト”の 実態!果たして「ネットやSNSが悪いのではない」という言説は本当か? ※「ザ・神様!」…今号からは特別編・もくれん風『中国びっくり取材紀行』をお届け!出発前から波乱含みの展開!木蘭さんが現地で直に見た“中国の今”とは?必読です!! ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!今後、アメリカ主導の戦争で自衛官が戦死した場合、本当に靖国神社に祀るべき?バーで隣同士になった女性とイイ雰囲気に…相手の気持ちを確認する上手な方法を教えて!NMB48みおりんもいずれレモンキャラを卒業する時が来る?男って67歳で終わるの?映画『ゴッドファーザー』は好き?ハル・ノートを受け入れ対米開戦を避けていたら、どんな結果になっていたと思う?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第127回「LINE、SNSで造られるインスタント・カルト」 2. しゃべらせてクリ!・第91回「ピギャース! ぽっくんなりきりゴジラぶぁい!の巻〈後編〉」 3. もくれんの「ザ・神様!」・第56回「もくれんの『中国びっくり取材紀行』・その1」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 第127回「LINE、SNSで造られるインスタント・カルト」  千葉県で18歳の少女が監禁され、殺害される事件が発生した。  主犯格は被害者と高校の同級生だった18歳の少女で、20歳の男2人と16歳の少年1人が実行犯として逮捕されている。  被害少女は口に靴下を詰め込まれ、顔に粘着テープを何重にも巻かれ、両手は結束バンドで縛られていた。男たちに暴行され、主犯少女にタバコの火で皮膚をえぐられた挙句、深さ1.5メートルの穴に正座状の姿勢で入れられ、生きたまま埋められるという惨状だった。  被害者と加害主犯格の双方が未成年という点では、2月に起きた川崎市の中学1年生、上村遼太君の殺害事件を思い起こさせる。  だが今回の事件は、その残酷性に対して憤りは感じるのだが、上村君と違って、殺された少女にはどうにも同情の念が湧きにくい。世論の反応もほぼ同様らしく、川崎の事件に比べれば関心はかなり低いようだ。  何しろ被害少女は18歳にしてホスト遊びに狂い、そのお金を稼ぐために風俗業を転々としていたのだ。  少女は毎日のようにホストクラブに通っては、毎回5万円ほど使っていたという。ツケは数10万単位でたまり、他にも金銭トラブルを抱えていたようだが、それでも入れあげたホストのためには1回100万円もする「シャンパンタワー」(シャンパングラスをうずたかく積み上げてシャンパンを注ぐ)までやっていた。  風俗店では、新入りの方が目新しさを求める客がついて儲かるので、被害少女は新入りで稼いではすぐに無断で店を辞め、別の店に入るということを繰り返していたらしい。  18歳で風俗業に就くには写真入り身分証明書(運転免許証など)が必須だが、被害少女はそれを持っておらず、そういう場合は学校の卒アル(卒業アルバム)を代わりに提出するのが業界の常識だという。  ところが被害少女は無断で辞めるため卒アルが返却されず、次の店に行く時は同級生に卒アルを借りて提出ということを繰り返し、何人もの同級生から卒アルを借りて、そのまま返さなかった。  それで、加害少女はそのことに激昂し、犯行に及んだという、にわかには信じられないような動機も一部で報道された。  だが最近では、ホストの男性をめぐるトラブルが動機につながった可能性も報じられている。そっちの方が確かに納得はいくが、この際、動機についてもそれほど関心が湧かない。  今回の事件で、わしが最も関心を持ったのは、主犯少女らの人間関係である。  実行犯3人のうち1人は被害少女とは全く面識がなく、他の2人も報道によって差があるが、大した面識はなかったようだ。また、実行犯のうち16歳の少年は20歳の男二人とは初対面だったらしい。  18歳の少女を中心にして、 大して知らない者同士が、大して知らない人間を殺すために協力するという、理解不能な共同体ができていたのである。  ここで川崎の事件が連想される。上村君を殺害したグループの中には、上村君をほとんど知らない者もいた。主犯の少年を中心に、 LINEで形成された関係性の希薄な共同体が存在したことが、事件の背景にあったのだ。  今回の事件では「報道ステーション」等で加害少女のLINEのやりとりが報じられたが、その内容にわしは戦慄を覚えた。  犯行前日、加害少女はこんなやりとりをしている。 (LINE相手) 「どーなった?」 (加害少女) 「明日やる!わら」 (LINE相手) 「どーやって つれさんの?」 (加害少女) 「店に行く!」 (LINE相手) 「店終わりにってこと?」 (加害少女) 「そうそう!!」   ……人ひとり拉致監禁して惨殺しようという話を、こんな調子でやっているのだ!  そして犯行当日。 
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!