• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

諫議大夫さん のコメント

>>6  左翼様。
諫議大夫と申します。
小林よしのりライジングをご購読下さってありがとうございます。
貴方さまのコメント、とても興味深く読ませていただきました。
貴方さまのコメントがわたしの知的好奇心をとてもくすぐるような内容でしたので、少しばかり批評を加えながら考察したいと思います。

まず国家、それも独立国家は本来、国民一人ひとりが自分の土地(領土、国土)を守るという義務を負うものです。
それが近代国家としてのあり様なのです。
「一生懸命」という言葉はもともと「一所懸命」といって「一つの場所に命を懸ける」という意味で、それは江戸時代までは、自分が賜った土地を命を懸けて守り抜くといった武士道の精神であって、それが武士のスタンスであったのです。
明治になって近代化が必至になったときに、近代化に成功して日清・日露戦争に勝利する事が出来たのは、開国以来の不平等な状況に農民から武士までが憤慨して、300余りの藩にわかれていた国土を一新し、諸外国と対等に渡り合える近代国家として生まれ変わろうと、上から下までが一丸となってそんな日本を志向したからに他なりません。
その近代化の過程で徴兵制という制度もできたのです。
近代化で「国民」という概念ができたときに、いままで「土着の民」として領主から賜った土地を守るだけだった武士や農民が、今度は天皇を頭に頂く「国民」となったとき、自国土を命を懸けて守るのは自然で当然の流れだったわけです。
武士道という精神は明治になっても消えずに残ったのです。武士道と近代国家は日本では親和性の高いものだったのです。
それが敗戦になって、GHQの占領政策で武士道が徹底的に否定されたことによって、近代国家としての日本も消滅してしまいました。
その結果、国民が主体となって政治を動かす活力が奪われ、一握りの為政者・権力者に民衆が唯々諾々と従う衆愚政治が戦後70年間日本を支配してきたのです。
そして、日本国民は半永久的にアメリカの属領民として生きることを余儀なくされています。
この状態から脱却するためには、アメリカによって奪われた近代国家を取り戻すしかありません。もう一度、日本国民が
「自分の領土を自分で守る」意識を復活させる必要があるのです。
そういった日本が独立国家へと復活する過程として、自分の国土を自分で守るという意味での徴兵制度の復活はありなんじゃないかと思うのですが、貴方の意見はどうでしょうか?


もう一つ。

貴方は「防衛戦争というのはスポーツをするように、他所の国に戦場を用意し、その中でドンパチさせる」とおっしゃいますが、そもそも戦場を用意するという考え方が、設計主義的な考え方であって、それは防衛戦争というものではなくて侵略戦争というものでしょう。
防衛戦争というのは、「戦場を用意する」なんて呑気なことは言っておられません。確実に自国が戦場になるのです。
確実に相手国が自国に攻め込むのですよ。
話し合いで解決できないから「戦争」なのです。
政治家の力不足と言いますが、政治家を選ぶのは国民です。
政治は政治家のためのものではありません。国民のものです。
先も言いましたように、国民が衆愚になっている以上、一握りの為政者に日本の運命が握られているのが今の実情です。
これを打破したかったら、選挙で安倍を引きずり降ろし、アメリカに頼らず自分の国土を自分で守る最善の方法を選択しなければなりません。
その為にどうすればいいか、思考するのがこういう場であると、わたしは思います。
少なくとも思考を停止して徴兵制そのものを忌避する限り、永久にアメリカの奴隷の鎖から抜け出せないと、わたしは思うのです。
No.30
51ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第147号 2015.9.8発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…安保法制の議論が進む中で、「徴兵制」についても憲法解釈の変更によって可能となるのではないか?という議論が起きた。それに対して安倍政権や自称保守派は「徴兵制は憲法の『意に反する苦役』にあたるからあり得ない」「兵器がハイテク化した現代戦で徴兵制はありえない」と言っている。では、末端の自衛官である「任期制隊員(自衛官候補生)」の採用試験の実態はどうなっているのか?徴兵制は「苦役」なのか?安倍政権や自称保守派ら“極左”の意見ではなく、ルソーの「社会契約論」に従った“真っ当な真ん中の意見”に学べ!! ※「ザ・神様!」…怖ろしいまでの冷徹さと知略によって西の荒くれ者たちを討伐し、大和へと帰還したヤマトタケル。父である景行天皇から、より一層かわいがられる自分の姿を思い浮かべ、誇らしさと喜びを胸に、瞳をきらきらと輝かせながら西国征伐の模様を報告するが…!? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!白髪を染めようとは思わない?山口組が分裂!日本の治安は悪くなる?白ご飯の次に好きな○○ご飯は何?娘からの際どい質問に母の私はどう答えるべき?塚本晋也監督の映画『野火』の感想を聞かせて!…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第143回「徴兵制は『苦役』ではない!」 2. しゃべらせてクリ!・第107回「へふふ~~~ん…至福の耳かきタイムぶぁ~い!の巻〈後編〉」 3. もくれんの「ザ・神様!」・第64回「ヤマトタケル物語・その5」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 読者から寄せられた感想・ご要望など 7. 編集後記 第143回「徴兵制は『苦役』ではない!」  朝日新聞(9月2日)のオピニオン特集「耕論」欄にわしのインタビュー記事が載った。  同欄のテーマは「誰かが兵士になる」。リードに書かれた趣旨は 「自衛隊の活動範囲が世界に広がる安保関連法案。安保を一線で担う自衛隊員の処遇や人材確保、そして政府が復活を否定する『徴兵制』について、様々な立場から論じてもらおう」 というもので、わしの他には元陸将・廣瀬誠、中京大学教授・大内裕和両氏の意見が載っている。  わしの記事は「国民の『自主防衛』が原則」という見出しで、「 徴兵制は苦役ではない、国防は崇高な職務である 」という「ど真ん中」の意見を述べている。  この意見については後で詳述するが、とにかくこれを朝日新聞が載せたのは凄いことだ。抗議がいっぱい来たのではないかと思うが、教養のある読者がいれば、むしろ賛成してくれるだろう。  のちに「AERA」の編集者に聞いたのだが、やはり反響が大きかったらしい。  朝日新聞の記者や読者には、もともとインテリが多い。確かにイデオロギーに凝り固まってしまった者もいるのだが、ポジショントークに堕さぬことさえ決意してくれれば、朝日新聞寄りのリベラル・インテリの方が期待できるかもしれない。  なにしろ読売・産経の自称保守には、もともとインテリがいない。無教養な上に「従米真理教」「安倍真理教」と化してしまっているのだから、全く期待のしようがないのだ。  ところで、同欄に載った元陸将・廣瀬誠氏の意見の中に、こんな発言があった。 「自衛隊が徴兵制を考えている」などと言われますが、現代戦の特徴から見て考えられません。総力戦の時代と異なり、兵器が近代化し、システムが高度化した今は、これらを使いこなせる訓練を積んだプロの兵士こそ必要です。  安倍首相や読売・産経系の従米保守が言う主張そのままで、この意見が朝日に載るのも異例だと思うが、とにかく様々な意見を聞くというのがこの欄の目的なのだろう。  以前なら、自衛隊の側が政府や自称保守論壇の主張に追従して言っているのかと思ったはずだが、どうやらそうでもないらしい。  何しろ、4月に安倍晋三が米国議会で安保法案を今夏までに成立させると約束するより以前、 昨年12月の時点で自衛隊の河野統幕長が訪米し、米軍・国防総省の幹部と会談し、夏までに安保法制は成立すると確約していたのだ。  つまりとっくに文民統制は崩れていて、自衛隊トップが米軍の希望通りに軍事を動かし、政府はそれに追従していただけなのだ。  戦前は軍部の暴走を政府が追認するしかなかったのだが、現在も自衛隊の暴走を政府が追認しているだけ、というより、戦前よりもっと酷い。自衛隊にも、政府にも、まったく主体性がなくて、両者ともに米軍に従属するだけになっているのだから。   自衛隊が暴走して米軍に従い、政府が喜んで自衛隊の暴走を追認するという、恐るべき属国状態になっているのである!  こんな状態なので、「兵器がハイテク化した現代戦で徴兵制はありえない」というよく聞く主張も、もしかしたら自衛隊が先に言い出し、政府や自称保守が追従しているのかもしれない。  しかし、本当に現代戦では「高度化したシステム」を使いこなせる専門職だけが必要で、今や第二次世界大戦のような、あるいはベトナム戦争のような、末端の歩兵などは必要ないのだろうか?  だとしたら、もう自衛官を広く募集・勧誘することに意味はない。   ハイテク兵器を使いこなせない、偏差値の低い者を集めたって意味がなく、人材を確保するには、優秀な人物をヘッドハンティングするしかないはずだ。  ところが、今でも防衛省・自衛隊は「自衛官募集ホームページ」を作って盛んに募集をかけている。しかもそのページのトップに「リクルート隊長」として出ているのは「壇蜜」だ! さらに地方では、「萌えキャラ」を使って広報しているところも数多い。 http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/  現実に自衛隊は、壇蜜や萌えキャラに釣られて応募して来るような人材でも欲しがっているではないか!  では自衛官になるには、最低どの程度の学力が必要なのか?  本当にハイテク兵器を使いこなせる高学歴の者しか採用しないのか?  末端の自衛官である「 任期制隊員(自衛官候補生) 」の採用試験について調べてみた。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!