• このエントリーをはてなブックマークに追加

kameさん のコメント

小林先生へ

号外から今週号については、かなり、心乱れました。
自分も胃癌をやってから、胃の調子が完全におかしくなり、消化がうまくできないからか、
腸もおかしくなり、3年経った今でも毎日下痢です(汚い話ですいません)。
下痢というのは大変です。こういった症状は本当に大変です。

まず、夕食を食べると・・・
①満腹感で幸せなのは最初の数十分だけ
②やがて下腹部の圧迫感が始まり、苦しくなります
③下腹部の腹痛が始まり、まともに座っていられなくなります
④その間、イライラし、心が不安定になります
⑤数時間後、寝る間際にトイレに籠ります

かなり、苦しい毎日です。仕事にはなんとか復帰していますが、
以前のような仕事は出来なくなりました。
会社は見るに見かねて、また、理解もあり、自宅勤務としてくれました。
実は出社する時には食事はしません。食べれば、絶対に出るからです。
ですから、食べないで仕事をすると、貧血などで倒れたりしていました。
また、トイレに入ると、一時間は出てこれないばかりか、シャワートイレがないと
大変なことになります。

私のような病歴の人間でも、このような悲惨な状況ですから、安倍総裁の
潰瘍性大腸炎、機能性胃腸障害などの病名を聞くと、本当に国を任せられるか、
と思います。それは自分の今の状況を重ねて考えても、絶対に無理です。
気合いでなんとかなるものではありません。

一方で、私はこの3年、「健康ではない自分」という現実を受け入れる3年でもありました。

私は手術をする前は、従業員の半分を部下に持ち、一日平均睡眠時間2-3時間、
土日も仕事、という生活をしていました。それは健康だったからです。
健康だった時には気力もみなぎって、ギラギラしていました。
食べる時間はともかく、量はしっかり、お酒も人よりも飲み、何でも一番でした。
負ける気もしませんでした。同僚からは一緒に経営陣になって、将来は社長に、と
期待され、自分も目指していました。
しかし、健康でなければ、社員の生活を守ったり、守る前に経営の判断ができません。
本で得た知識はあっても、現場にいなければ部下はついてきません。

復帰した私は、そのギャップに驚きました。
食べられないので、動けません。行動できません。
無理をすると倒れます。人間は、食べないと生きていけません。
しかし、内臓がダメになると、食べても、消化できないと、生きる力に変換できません。

こういう人間は復帰を望んでも、時間がかかりますし、以前と同等になるのは
かなりの努力が必要です。もちろん、再発の恐れもあります。

今でも正直言うと、「健康ではない自分」という現実を受け入れるのが
悔しく、無理をしたいシーンもたくさんあります。
ですから、安倍総裁の気持ちもなんとなく理解できます。
そういう意味で、小林先生の安倍総裁への発言には抵抗がありました。

しかし・・・国難に立ち向かうには、健康が第一です。
健康でなければ正しい判断もできません。

そして本日のブログ
「安倍晋三の政策は、
わしの考えとは合わない。

それはいくらでも議論しよう。

しかしその前に、
国民の命と、
安倍晋三の命を
救わねばならない。」

という部分を読んでようやく納得できました。
先生は病気の人間に国を託すのもまずいが、
安倍さんの命についても言及されました。
これには思わず涙が出ました。

ネトウヨたちはこれを読んでなんと思うか。
思わず長文を投稿してしまいました。
しかし、「健康ではない自分」を受け入れた自らの体験から言えます。
小林先生の主張は一見冷酷に見えるが、国の行き先を論じるには最も正しいと。
No.37
120ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第7号 2012.10.2発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・ 小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、 AKB48ブームから現代社会を掘り下げる(本当は新参ヲタの応援記!?) 「今週のAKB48」、よしりんの愛用品を紹介していく「今週の一品」、 漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと 紹介する「よしりん漫画宝庫」、『おぼっちゃまくん』があなたの 人生相談に真剣回答!「おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに 生きるぶぁい~」、読者との「Q&Aコーナー」、秘書による よしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。 (毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「安倍総裁の病気を批判するのは下品!」「病気に対する差別を生む!」  「同じ難病を抱えた人々の励ましになる!」今週号の「ゴー宣」は  『号外「“アサコール”に国を託せるか?ー安倍晋三の陥穽ー』に  寄せられた批判に、徹底反論! ※「今週のAKB48」はAKB48の楽曲の魅力について熱く評論! ※「おぼっちゃまくん人生相談」では、これ以上ない「下衆(ゲス)」な  質問に再びあの人が登場! 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第8回「政治家の『美学』に国を委ねるな!」 2. 今週の一品・6品目「錆びたギター」 3. 今週のAKB48・第8回「男心を歌う少女たち」 4. おぼっちゃまくん人生相談~言われたとおりに生きるぶぁい~第8悶 5. よしりん漫画宝庫・第7回「『異能戦士』①『異能力』とは何か!?」 6. Q&Aコーナー 7. 今週のよしりん・第7回「自主規制との闘いと『ネット』の可能性」 8. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 9. 読者から寄せられた感想・ご要望など 10. 編集後記 第8回「政治家の『美学』に国を委ねるな!」   『小林よしのりライジング』 の号外のコメントに、面白い意見を見つけた。 森本防衛相も深刻な健康不安があり、その事実を隠ぺいしながら「美学」で 大臣を続けているというのだ。事実関係は調べて見なければわからないが 信憑性のある報告である。   わしが注目するのは、国家・国民の命運を預かる大臣や総理という地位を 「美学」 でやってる者がいるという指摘だ。 これは正鵠を得ていて、実際 そのような政治家が日本にはやけに多い気がする。  最近、幻冬舎から出ている『約束の日』という安倍晋三試論の広告を 新聞で見かけたが、安倍を三島由紀夫になぞらえながら、センチメンタル な「美学」を強調した見出しに嫌悪感を覚えた。   どんなに「美学」を説かれても、難病を抱えた 総理総裁に、国民の命を託せるわけがない。  心身の壮健さは政治家の資格である。  クスリに頼って辛うじて健康を維持しているのに「画期的な新薬で難病 を克服した」などと嘘を言って総理の座に就いてもらっちゃ、国民として は大迷惑だと言いたい。  安倍晋三が抱える 「潰瘍性大腸炎」 という病は、厚生省が難病指定して いる。ストレスを溜めずに用心深く闘うしかない。  一般人と政治家は背負うものの重大さが違う。「美学」で国民を道連れ にされては敵わないではないか。  同じ号外の読者コメントの中に、感動的な報告があった。  あまりにも公私のバランスが取れた見事な意見で、わしはつくづく感心 した。ハンドルネームNaoaki氏の文章を紹介して、わしの考えを整理して おきたい。  
小林よしのりライジング
常識を見失い、堕落し劣化した日本の言論状況に闘いを挑む!『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりのブログマガジン。小林よしのりが注目する時事問題を通じて、誰も考えつかない視点から物事の本質に斬り込む「ゴーマニズム宣言」と作家・泉美木蘭さんが圧倒的な分析力と調査能力を駆使する「泉美木蘭のトンデモ見聞録」で、マスメディアが決して報じない真実が見えてくる! さらには『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる大喜利企画「しゃべらせてクリ!」、硬軟問わず疑問・質問に答える「Q&Aコーナー」と読者参加企画も充実。毎週読み応え十分でお届けします!