• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.114「ダイエット継続中。痩せる事は緊張する事である。ウエインショーターを見ろ+」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.114「ダイエット継続中。痩せる事は緊張する事である。ウエインショーターを見ろ+」

2016-09-03 11:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     この日は、整体に行った。当連載の読者の方々ならば、写真を一見してお解りに成るだろう。片山洋二郎先生は、私の体に触るなり「うーん。いつも菊地さんは興奮状態だけど、今日は特別ですね」と言った。事情を説明すると「いやあそれは大往生でしょう。うははははははは」と豪快に笑い、私が興奮を鎮め、正しく集中出来る様、自宅で出来る施術をいくつか教えて下さった。 

     

     古い話しだが、アメリカ人が「牛丼(ビーフボウル)はダイエット食である」と認識していたと思うのだが、本物のバカ、失礼、本物の肥満大国の国民の考える事だなあと思う。私は現在、炭水化物抜きダイエットという、湯山玲子氏がダイエットジプシー生活の果てに辿り着いた最後の楽園に、何十年も前から住んでいるが、不謹慎ながら、ダイエットに一番良いのは、セックスと血族の死亡であろう。つまり、血族が全ご健在でノーセックスの人は肥り易い。代謝が上がらないからだ。  

     私は父親が亡くなったとき、体重が、一切何もしないし、食生活も何も変えないのに、自然に20キロ痩せた。「デギュスタシオン・ア・ジャズ」のジャケットの頃である。表はまだ良い、裏ジャケと中ジャケは酷い。 

     

     この段階の世代ではまだ母は死んでいないが、炭水化物は抜いて、ホワイトミートだけで暮らす事は続いていて、この日は、特に素晴らしいとも思えないのだが、「今井屋」に行った。新宿に焼き鳥を食いに来る方には「晴京」をお勧めする。「今井屋」には行かなくて良い。行こうと言われたら「今(は)、嫌」と言えば良い。駄洒落を言ってみても心は動かない。そんな時の今井屋の焼き鳥は絶品である。


    41ce468e37ad5e93cf92756426534c5c8850e569

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。