• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>特別編「ガルーダが左手に舞い降りるまで」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>特別編「ガルーダが左手に舞い降りるまで」

2016-09-12 18:00
  • 1

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

*このコンテンツには、若干ですが刺激の強い写真が入っています。ご注意ください。

 

 私は幼少期から刺青を入れたいと思っていた。痛いというリスクはなんともなかった。SMは嗜まないが、痛いのも、痛がらせるのも好きだ。しかし、長い間我が国では、刺青を入れた者を、プール、サウナ、温泉から締め出すという、後述する「刺青の悪用、という文化の流れ」の遺産に依拠した差別行為がまかり通っており、プール、サウナ、温泉をこよなく愛する身として、大変な抑圧感とともに40年以上諦めてきた。どのくらいの抑圧かといえば、よく「泣く泣く諦める」と言うが、実際に涙が流れないだけで、心理的には泣いているに等しいほど。と書けば少しは御理解頂けるかもしれない。 

 主に海外からの観光客の力によって、こうした差別はここ10数年かけて急激に減り、いつになるかはわからねども、やがて完全解禁の方向に向かっていくだろう。私が歌舞伎町を出て、母を亡くすまでの数年間には、特に急速に進んだ。 

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。