• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

10連勝中のInvicta王者!! UFCに背を向ける女版ドン・フライを見よ!■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

10連勝中のInvicta王者!! UFCに背を向ける女版ドン・フライを見よ!■MMA Unleashed

2017-04-01 19:11

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマは……



    10連勝中のInvictaチャンピオン、トンヤ・エビンジャーがいまだにUFCに行こうとしない理由


    現地時間2017年3月25日に開催されたInvicta 22のメインイベントでは、バンタム級チャンピオンのトンヤ・エビンジャー(MMA戦績19勝5敗1ノーコンテスト)が挑戦者のヤナ・クニツカヤを第2ラウンド、リアネイキッド・チョークでフィニッシュし、ベルトを防衛した。これでエビンジャーは連勝記録を10(ノーコンテスト1試合を含む)に伸ばし、Invictaのタイトルを4回連続で防衛した。

    両者は前回、2016年11月のInvicta 20でも対戦している。その試合では、クニツカヤが下からのアームバーを狙い、エビンジャーがクニツカヤの顔面を踏みつける格好で防御していたところ、レフリーのマイク・イングランドがエビンジャーに対して、相手の顔を踏むのは反則だからやめなさいと指示。エビンジャーがこれに従い体勢を変えたところ、アームバーががっちりと極まってしまい、エビンジャーがタップアウトしたのだった。しかし試合後に、レフリーの指示が不正確だったとしてエビンジャーが提訴(ストンピングは反則だが踏んでいるだけなら反則ではない)。これを受けたミズーリ州のアスレティック・コミッションが、エビンジャーの訴えを認め、試合はノーコンテスト裁定となり、エビンジャーのベルト防衛が発表されたのだった。提訴でレフリーのミスが認められることは非常に珍しいケースである。


    この続きと、フミ斎藤や金原弘光が語る『1984年のUWF』、シャーク土屋・後編、KINGレイナ、鈴木みのると全日本イズム、「チキン諏訪魔騒動」とは何か……など20本以上の記事がまとめて読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。