• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

大仁田厚のT-2000加入と、こんにゃくドラゴン誕生■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大仁田厚のT-2000加入と、こんにゃくドラゴン誕生■ズンドコ・トラブル興行研究会<漁師JJ・編>

2017-05-18 11:36
    「ズンドコ・トラブル興行研究会」!! プロレス格闘技のウラに精通する書き手たちがマット界を騒がせたズンドコな事件を振り返ります! 今回はプロレスブログ「多重ロマンチック」の漁師JJさん。今回のテーマは「大仁田厚のT-2000加入と、こんにゃくドラゴン誕生」です!



    <漁師JJさんの記事>

    アルティメットクラッシュ…新日本プロレスと総合格闘技
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1230766

    ファン不在から得た教訓……棚橋弘至、伝説のノーピープルマッチ
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1251981





    プロレス界には、記憶の片隅に忘れ去られていることがある。

    サイバーエージェント出身の兎仮面・キラーラビットがCHAOSメンバーにいたこと。
    平成維震軍にテリー・ファンクがいたこと。
    そして大仁田厚が蝶野正洋率いるクールなヒール軍団、T-2000(チーム・トゥーサウザンド)のメンバーだったことです。
    (※次点はロス道場所属のザ・コブラII)

    T-2000といえば近年では2017年1月5日、スコット・ノートン来日時に一時的に再結成。チーズバーガーがちゃっかりメンバーに入っていたサングラスの似合う黒づくめのおしゃれユニット。そんな中に汗と傷と血の似合う涙のカリスマ、大仁田厚が所属していたのです。なぜ多くの人の印象に薄いかといえば簡単な話。リング上ではT-2000としてほとんど試合をしてないからです。



    この続きと、船木誠勝とUWF、骨法、RIZIN反省会、原理主義者対談、アンダーテイカー、亀田1000万円…など20本以上の記事がまとめて読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。