• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

堀口恭司「UFCに残留していたら、まだ1試合もしてなかったかもしれない……」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

堀口恭司「UFCに残留していたら、まだ1試合もしてなかったかもしれない……」

2017-08-16 14:33
  • 1

堀口 ありがとうございます! しっかりと有言実行できました。

――堀口選手にとってKO・一本勝ちは約3年ぶりでしたけど、勝ち星は重ねていても、そこは気になるものですか?

堀口 そうですね。やっぱりプロなのでしっかり決めないといけないなって。

――それはお客さんを満足させたいということですか?

堀口 最初は自己満ですよね(笑)。

――相手を倒すと気持ちがいい!と。

堀口 そうです(笑)。プロとしてやっていくうちに、お客さんのために……と思うようになってきました。自分がやっていた寸止め空手は倒しにいかないですよね。でも、MMAはお互い倒しにいく競技なので、だったら、最初からプロは倒さないといけないと思っていましたね。

――試合では所選手の左フックをスレスレで交わして、逆に右フックを打ち込んでからのTKOでした。

堀口 (所英男の)あのフックは浅いんですよ。全力で振ってきてないので、そこまで危ないとは思っていなかったです。それより最初からもっと組み付いてくると思ったんです。組み付かれると面倒なので最初から距離を詰めていったんですよ。

――打撃戦は想定外だったんですね。

堀口 まったく頭になかったわけじゃないですけど、打撃に付き合ってくれたので「あれ……?」って。だったら、このまま立ってるうちに決めちゃおう!と。

43a152066a36d36f549d7d6f21628f90a4042923

――
右フックで倒して追撃するときもデフェンスを許さず。所選手は下になってからの攻めがうまいですよね。

堀口 そこも全然問題なかったです。足か十字を取りに来るか、ガードに入れようとするか。そこの対策は充分に練ってきていたんで。

――想定外といえば、所選手がレスリングシューズを履いてきたことは気になりませんでした?

堀口 いや、全然。「あ、履いていいんだ」くらいです。

――試合の影響も考えないですか。

堀口 まったく考えないです。だってそこで動揺していたらマイナスじゃないですか。

――今回は通常のフライ級ではなくバンタム級でしたが、体調面に変化はありました?

堀口 それが前回の試合(元谷友貴)より調子がよかったんですよ(笑)。

――えっ!?(笑)。

堀口 前回は体重を落としたじゃないですか。なので体調はあまりよくなかったんですね。やっぱり減量があると体調の波が出てきますよね。100パーセントうまくいった減量ってなかなかないので。

――減量って身体に無理するわけですからねぇ。

堀口 だから今回は楽でした。全然緊張もしなかったです。

――元谷戦もそうでしたけど、堀口選手は“外敵”として扱われてる感じがありますよね。

堀口 うーん、まあ、いいんじゃないの?って感じです。“外敵”でいいよって。今回の勝ちで、よりそう思われるんじゃないですか? そう思わないですか?(笑)。「堀口を誰が倒すんだ?」って。 

――まあ、今回のバンタム級GPのテーマもそこなんですね。

堀口 ほら、“外敵”じゃないですか(笑)。外国人とやってもそうなっちゃうんじゃないかな。

――じつは不満だったりします?

堀口 いや、もう全然。「RIZINの好きようにしてください!」って感じで。それで注目されるならそれでかまわないし、いつかは自分にファンはつくと思うので。

――10月の福岡大会も出場する話はあるんですよね。


この続きと、中村頼永・前後編、呪われた鉄の爪、グレート小鹿、RIZIN現実と理想トーク、那須川天心…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
 

この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。