• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「頑張った先にRIZINがあるとは、いまのところ思えない」…RIZINのモヤモヤは何なのか?■大沢ケンジ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「頑張った先にRIZINがあるとは、いまのところ思えない」…RIZINのモヤモヤは何なのか?■大沢ケンジ

2017-08-09 18:17
  • 2

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

和術慧舟會HEARTS総帥にしてAmebaTV格闘技チャンネルで解説を務める「おしゃべりAmeba野郎」こと大沢ケンジの格闘技談義! 今回のテーマはRIZINです!




――大沢さんがRIZIN女子GPの出場メンバーに納得がいってないツイートをしてたので話を伺いに来ました〜!(この収録はRIZIN7月大会以前に収録されたものです)

c652204cfa03acd4f7f35f6f21422f933baa3c8a

大沢 いやあ、主催者の立場もわかるんですけどねぇ。なんかねぇ。

――“格闘技原理主義者”の血が騒ぎますか(笑)。

大沢 地道にやっていたら、お金持ちの人がやってきて「盛り上がりそうだからやってみよう!」と動いたら実際にうまくいきかけて。でも、地道にやってきた選手は使われない……みたいな感じがしません?

――うーん、いわんをすることわかりますけど。まずですね、RIZINから「俺たちはお金持ちじゃないぞ!ふざけるな!!」という抗議が入りそうですね(笑)。

大沢 まあUFCやベラトールと比べたらお金はないんでしょうけど。たとえばRIZINはJEWELSアトム級王者の黒部(三奈)とか出さないでしょ。

――RIZINの大会数がいまの2倍に増えれば出られるような……。

大沢 ホントですかあ?

――女子って選手は少ないから大会が増えれば需要は出てくると思います。

大沢 そう言われればそうですね。RIZINで女子格をやりだしたら、「出られるかもしれない!」ってことで復帰してきた選手もけっこういるし。

――ただ、いまのRIZINは「ちょっとでもコケたら死ぬ!」というスペランカー状態だから、RENA選手や山本美憂選手で確実に興行を組み立てるしかないと思うんですよね。男子もそうですが、競技であったうえで商品としてどう成立させるかと。

大沢 それもわかります。でもっ!!

――「でも!」(笑)。

大沢 トーナメントだけはやってほしくないんですよねぇ。

――ほほう。どういうことですか?

大沢 これはあくまで一般のイメージですよ。トーナメントというと、なんかの最強が決められてると思いません?

――どうですかねぇ。そういえばHERO'Sは「世界最強王者決定トーナメント」と大げさに銘打ってましたね(笑)。

大沢 言ってましたね(笑)。HERO'Sも地道にやってきた人は使ってなかったですよね?

――それが前座で菊地昭vs井上克也という修斗・パンクラス王者対決が組まれたりしてました。なお地上波では一切触れられてませんでしたけども(笑)。

大沢 あー、そうなっちゃうんですよねぇ。まあ、それは仕方ないと思うんですよ。でも、トーナメントだけは……。

――トーナメントにやけに拘りますね(笑)。

大沢 拘りますよ!(ドン)。「最強」と言わなくても、ああやって女子を集められてトーナメントをやったら、最強を決めるというイメージが付くと思うんですよ。「最強と言ってないじゃん!」じゃなくて、やっぱり地上波の影響力は大きいし、そして乱暴すぎるから。

――榊原さんや高田本部長は「ポテンシャル」という言葉を使えば、なんでも許されると思ってる節がありますからね(笑)。でも、大沢さん理想のメジャー団体が日本にないってこと……。

大沢 そこなんですよねぇ。できれば“ホンモノ”を入れてほしいですよね。でも、“ホンモノ”を入れたら一掃するから入れたくないでしょ。

――“ホンモノ”の“ホンモノ”だったら入れたいと思ってるんじゃないですかね。インヴィクタとの契約に問題なかったら、浜崎朱加選手とか出したいと思ってそうですけど。

大沢 つまり堀口恭司みたいな存在ですね。

――金魚じゃない外国人選手を平気で倒せる日本人選手だと、興行側も計算しやすいから大歓迎だと思うんですね。やっぱり「日本人が勝つ!」というのは盛り上がる要素の一つですから。

大沢 昔のK−1でいえば、実力派タイプの佐藤嘉洋的な感じで。


いま入会すれば読める!! 8月更新コンテンツ

「佐山サトルの影」中村頼永インタビュー/アイスリボン事件/メイウェザー対マクレガー情報総まとめ/那須川天心インタビュー


 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
Dropkick
更新頻度: ほぼ毎日
最終更新日:2017-08-20 13:44
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

×
大沢さんの気持ちもわからないでもないが、私もジャンさんの考えと同じですね。
少なくとも『メジャー』と言ってもいいイベントが日本に復活したわけですから、まずは維持、発展させるために知名度のある選手を起用するのは致し方ないかな、と。
2週間前
×
私も今回の大沢さんの意見は分かりますが、私情を入れず淡白に格闘技市場を復活させたい目線で見た場合、あまり同意できないですね。
実際、聞き手のジャンさんに市場やRIZIN側の気持ちを持ち出して大体反論されていますが、私もジャンさんと別の意見もありつつ、そっち寄りです。

あと、「場と自分を弁えろ」の部分は人次第で同意しますが、「出たい風吹かすな」に関しては、そんな思い込みで可能性を潰す指導者がいるなら無視して、出たいなら周りに伝わるほどの出たい風を吹かせるべきだし、それをかっこ悪いと馬鹿にする人間がいても、「ちゃんとアピールするべきでしょ」としか思いません。
他人より圧倒的な魅力や向こうから声をかけて来るようなぶっちぎりの才能が無い人の場合、辛抱強く待っていても、気持ちを伝えようとしない人や言わない人は待っていても奇跡は起きません。
人間関係でも恋愛でも仕事でも何でもそうではないでしょうか?
今回は大沢さんの気持ちもわかりつつ、私情を抜くなら無茶な内容に感じました。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。