• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「真剣味に欠けていた」ジョン・ジョーンズ、超長期欠場の可能性高まる カリフォルニア州聴聞会レポート■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「真剣味に欠けていた」ジョン・ジョーンズ、超長期欠場の可能性高まる カリフォルニア州聴聞会レポート■MMA Unleashed

2018-03-09 08:30

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは反省の色なし? 
    ジョン・ジョーンズ、超長期欠場の可能性高まる カリフォルニア州聴聞会レポートです! 



    <MMA Unleashedオススメコラム>

    ■「まだUFCなんか気にしているの?」米メディアに渦巻くUFC悲観論まとめ

    ■米国人記者が語るイッテンヨン東京ドーム

    ■地球上最強男スティペ・ミオシッチは、それでも時給14ドルで消防署で働く





    2月27日、米カリフォルニア州アスレティック・コミッションで、ジョン・ジョーンズ(30)の薬物検査失格に関する聴聞会が開催された。

    2017年7月29日、アナハイムで開催されたUFC 214で、ジョーンズはダニエル・コーミエの持つUFCライトヘビー級に挑戦、ノックアウト勝ちを収めてタイトルを奪取した。しかし後日、試合前日に行われた薬物検査(抜き打ち検査ではない)で、ジョン・ジョーンズの尿からステロイドの一種であるトゥリナボルで陽性反応が出たことが明らかになる。これにより試合結果はノーコンテストに覆り、ベルトはジョーンズの手から剝奪され、コーミエの腰に戻されたのであった。

    結論から言えば、コミッションはジョーンズに対し、ファイトマネーの40%に当たる205,000ドル(2,174万円)の罰金を科した上で、ファイター・ライセンスを剝奪した。コミッショナー6名による満場一致の処分であった。 

    ジョーンズは、ステロイドは一度も使ったことがない、自分はスポーツ界にはびこるステロイドに反対している、自転車ロードレースのランス・アームストロングも、ボクシングのバリー・ボンズも大嫌いだし(ボンズはもちろん野球選手である)、歴史上のUFCチャンピオンの中でも自分ほどステロイドを憎んでいるファイターはいない、もしステロイドを使っているのなら、なぜこれまで1度もステロイドで陽性反応が出なかったのかと主張した。


    この続きと、「プロレスとヤクザ」、中井りん、山田学、告発者B氏、安田忠夫、池田大輔などの記事がまとめて読める「15万字・24本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。